1. HOME
  2. >> 伏線考察|ワンピース
  3. >>ルフィの懸賞金の変化の法則【ワンピース伏線考察】

様々な冒険を繰り広げてきた麦わらの一味。

ルフィはコミックス第81巻の時点で、5億ベリーの懸賞金がかけられています。

これは、明確な懸賞金額が話題に挙がっている賞金首の中で、ジャック(10億)やエース(5億5000万ベリー)についで3番目の高さです。

もっともミホークは未確定ですし、ビッグマムや黒ひげ、カイドウといった海賊達もまだでていませんけどね(^^;)

今回のテーマは「ルフィの懸賞金」についてです!

まずは、ルフィの懸賞金の推移をチェック!

最初に、ルフィがこれまでにかけられた懸賞金額の推移を振り返ってみましょうか(^^)

3000万ベリー

ルフィの初頭手配の懸賞金額は、当時のイーストブルーでは破格だという、3000万ベリーもの高額でした。

ルフィに3000万ベリーの懸賞金が付いた大きなきっかけは、アーロン(懸賞金2000万ベリー)を倒してアーロンパークを壊滅させたことでしたね。

1億ベリー

ルフィに1億ベリーの懸賞金が付いたのはアラバスタ編後でしたね。

きっかけはクロコダイル(元懸賞金8100万ベリー)を倒したことでした。

ちなみにこのとき、ゾロも麦わらの一味で2人目の賞金首になっています。

3億ベリー

一気にルフィの懸賞金が3億になったのはエニエス・ロビー編後でした。

ニコ・ロビン&フランキーの奪還と、エニエス・ロビー壊滅がきっかけでした、特にエニエス・ロビーの島は、スパンダムのうっかりバスターコールで焼き払われたにもかかわらず、です。

4億ベリー

「あれ、ルフィっていつの間に4億ベリーになってたの?」と筆者も当時は少し驚きました(^^;)

コミックスの中ではルフィの4億ベリーの時点の手配書って出てきましたっけ??

でも、ルフィの懸賞金が4億になるきっかけはインペルダウンの獄内潜入やマリンフォード頂上戦争での大暴れだったのでした。

5億ベリー

本稿執筆時点(2016年6月)では割と最近、ルフィの懸賞金額が5億ベリーになりました。

そのきっかけはドフラミンゴを倒したことにあると言えます。

以上の事柄を、あえて「理由」とは表現せずに「きっかけ」と表現しました。

あくまで「懸賞金アップに直結した出来事」ではなく「懸賞金アップの直前に起こった大きな出来事」という意味合いです(^^)b

ルフィの懸賞金アップには法則がある!?

こういう噂が、一部のファンの方で囁かれているんですよね。

「ルフィの懸賞金は、ヒロインや王女を助けたときに上がるんじゃない?」

えぇ、筆者も大きな反対意見はありません。

アーロンパーク壊滅もナミを助けるためのものですし、ドレスローザだってレベッカやヴィオラを助けていますから。

ただ、筆者はこの噂に挑戦の意味を込めて、こんな仮説を立てたいんです。

ルフィの懸賞金は、政府や海軍が定めたモノを壊したときにアップしている!

振り返ってみると、アーロンは海賊であり、賞金首なんです。

コミックス第1巻でコビーが「賞金首を狙うことは罪にはならない」という趣旨の発言をしていますよね?

ルフィが、ただアーロンを倒すだけだったら、懸賞金額は上がらなかったかも知れません。

現に、今となっては当時のアーロンと懸賞金額にほとんど差が無いバギーやクロ、クリークを倒しても、ルフィの懸賞金額は上がりませんでした。

そこじゃないのかな?

そう考えたときに浮かんできた法則が、政府や海軍が定めたモノを壊したとき、というものです。

当たり前と言えば当たり前ですけどね(^^;)

クロコダイルやドフラミンゴのときは、政府が定めた「王下七武海」を倒したから。

エニエス・ロビーもインペルダウンもマリンフォードも、政府所有のものだから。

アーロンパークは海賊アーロンのものですが、そのアーロンは海軍第16子部大佐のネズミと繋がっていましたよね?

そことの関係が壊れて、ネズミの通報でルフィが賞金首になったのでした。

じゃあルフィの懸賞金が次にアップするのは?そして何億ベリーになる?

最後に、この予想をしてみましょう(^o^)

「ルフィが次に懸賞金がアップするのはいつ?そして何億ベリーになるの?」

えーと、金額の詳細は置いておきましょう。

筆者は「カイドウの懸賞金プラスアルファ」だと予想しています。

カイドウの幹部のジャックでさえ10億ベリーなのだとしたら、カイドウはもっと上でしょうかね。

で、アップするタイミングは「カイドウを討った後」だと予想します!

本稿執筆時点でルフィはビッグマムのナワバリ「ホールケーキアイランド」に上陸を試みているところです。

でも、ビッグマムとは「ぶっ飛ばす」のような形では決着は付かないと予想しています。

それはまた、別の機会に考察を深めてみることにします。

ポイントは「なぜ(七武海のように政府公認ではない)四皇を倒して懸賞金が上がるの!?」というところでしょうかね。

さっき仮説を挙げたのですから(^^;)

海軍本部と王下七武海、そして四皇がグランドラインの三大勢力でしたよね。

五老星は、三大勢力の均衡が揺らいでしまうことを恐れている描写が何度か描かれていますよね?

海軍本部が弱体化するならもちろんです。

七武海も、政府公認の海賊なら、7人のうち1人が崩れてマズイ部分もあるのでしょう。

で、政府公認でも何でも無い四皇です。

政府にとって、四皇の一角が崩れてしまうのも都合が悪いのではないかと予想しているんです(^^)

政府は、海軍本部と王下七武海に強力な人材をそろえて四皇を倒しましょう!!という考えじゃないと思うんです。

むしろ、その3つの勢力の「均衡を保っておく」ことのほうを重要視しているんだと思います。

そして、それが崩れてしまうのを恐れているんだと思うんです。

だからこそ、ルフィの懸賞金が次にアップするのは、カイドウを討った後!!

この予想でいこうと思います(^^)v

どうかな…、今後の展開を楽しみにしています。

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

「ルフィの懸賞金の変化の法則【ワンピース伏線考察】」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ