1. HOME
  2. >> 伏線考察|ワンピース
  3. >>「賭けられる男」のタイトルに考える2つの意味【ワンピース伏線考察:第830話より】

個人的に、過去数年でもっとも忙しかったこの時期…(^^;)

ワンピース第830話にも、考察記事に仕上げたいネタがたくさんあったんですが、それは次回以降に組み込みながら消化していきたいと思います。

でも、その中でどうしても記事にしたいことが一つだけあったので、それにだけは触れておきたいと思います。

そのテーマはズバリ、第830話の「賭けられる男」というタイトルについてです!

その1:ジンベエ

第830話で、明確に「賭けられる男」に当てはまる人物がいますよね(^^)?

それがジンベエだと思うんです。

その理由はもちろん、ビッグマムの傘下を抜けたいと、ビッグマム本人に申し出たシーンです。

ビッグマムは、ジンベエが抜けること自体には反対していないものの、落とし前をつけるという趣旨の発言で、代わりになにかを失えといいました。

そうして部下たちに持ってこさせたのはルーレットでした。

盤面には何やら数字が書かれており、中央部には8等分されたエリアに、頭部や腕、足が描かれているほか、ビッグマムの似顔絵なんじゃないかというイラストもありました。

でね。

筆者は、このイラストの外側の「数字」も気になったんです。

筆者はルーレットなどギャンブルごとには詳しくありませんが、仮にこの数字が「得点」というか、ジンベエにとって有利になるものだったとしましょう。

だとしたら、ちょっとおかしいんです。

ビッグマムは、ジンベエから何かを失わせたいんでしょう?

でも、ルーレットの外側のほうの領域のほうが、数字が大きいんです!

ルーレットもギャンブルの一種だというなら、見返りの大きいものは面積の小さいエリア、つまり当たる確率の小さいほうに置かれるのがスジじゃないでしょうか?

つまり!

ルーレットの盤面の数字は、ジンベエにとって特になるものではない!

これは、かなり可能性の高い予測だと思うんです(^^)v

じゃあこれ、何の数字なんでしょう?

モスカートからビッグマウが奪ったように、寿命の年数なのかな?

でも、そうだとすると、1000年も寿命を持つキャラクターなんているんでしょうか?

それこそ、ズニーシャくらいじゃないのかな??

あくまで予想にすぎませんけど、筆者はこの数字を「お菓子の重量」だと思ってます。

1000だったら「お菓子1000トン」ってことで(笑)

その2:ルフィ

さて、今回のストーリーではルフィも賭けられていた男だったという解釈もできませんか(^o^)?

ルフィに「賭けていた人物」は、第830話の中で少なくとも2人登場しています。

1人目はジンベエ

そして2人目はペドロです。

ジンベエに関しては、タイヨウの海賊団に事情を説明して、ルフィの仲間に加わりたいといっていたシーン。

自身の命をルフィのために使いたい、それが結局は魚人族のためにもなるはずだとジンベエが言っていたこのシーンがポイントです。

このシーン。

ジンベエが自らの人生をもって、ルフィの未来に賭けていると解釈することはできないでしょうか?

ルフィだったらきっと、海賊王になるはずだ。

そしてそれが、魚人族のためにもなるはずだ。

そういった「思い」を、ジンベエは賭けていたのではないでしょうか?

ペドロもそうです。

昔ペドロは海賊として追われていたころ、ビッグマムのこのナワバリに来たことがあるといっています。

カイドウを倒したら、その先で必ずビッグマムの持っているロード・ポーネグリフが必要になる。

だから、ビッグマムの持っているロード・ポーネグリフを奪っておくべきだ。

そんな風にペドロは言っています。

そのために、島に着いたら時間が欲しいといい、何か策があるようににおわせるペドロ。

この描写も少しばかりの時間と自分の策を使ってロード・ポーネグリフを奪い、ルフィの航海の役に立つための賭けとも取れないでしょうか。

細かいかことを言うと、この直後のブルックが、ルフィが生まれた星のもとについて話すシーンも少し気になるんです。

ブルックはルフィに賭ける形で、航海を共にしているのでは…ってね(^^)

もっと言うと、ゾウでロード・ポーネグリフを見せたイヌアラシ達も、ルフィに賭けている者たちになるでしょうね。

番外編:レイリー…?

番外編が、レイリーの登場する扉絵連載のシーン。

レイリーがシャボンディ諸島のどこかで、ギャンブルに興じていますね(^^;)

右手前の男が一瞬「藤虎」に見えたんですが、気のせいでしょうか(笑)

もっとも、この場合のレイリーは「賭けられる」というより、何かに「賭けている」ほうだとは思いますけどね…(笑)

でも、持っている新聞が興味深い!

そこの記事が麦わらの一味らがドンキホーテファミリーを倒した記事か、革命軍本部壊滅の記事か。

それによって、また「誰か」もレイリーに賭けられている男だったりして…(^^)

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

「「賭けられる男」のタイトルに考える2つの意味【ワンピース伏線考察:第830話より】」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ