1. HOME
  2. >> 伏線考察|ワンピース
  3. >>ルフィ の母親「マキノ」説に挑戦!【ワンピース伏線考察】

数回に分けて考察している、ルフィの母親について予想するシリーズ。

今回はマキノさんについてです。

マキノさんがルフィの母親だという可能性はどのくらいあるのでしょうか?

もしもマキノさんがルフィの母親だとしたら、何か矛盾する点はないでしょうか?

そんなところを探っていこうと思います。

そもそも、マキノさんとは?

まずは「マキノさんって誰だっけ?」というところから振り返ってみましょうか(^^)

マキノさんとは、ルフィの出身地・イーストブルーのフーシャ村にある酒場「PARTYS BAR」の店主です。

かつてシャンクスが一味とともにフーシャ村を拠点に航海していたころ、よく立ち寄っていた酒場を切り盛りしていた女性が、マキノさんです。

おとなしそうな印象の反面で、マリンフォード頂上戦争後にフーシャ村に帰還したガープに対いて殴りかかったダダンを制止するなど、思い切った印象を与えるシーンも見られます。

そんなマキノさん、ルフィやエースの幼少期に、彼らに挨拶の仕方などを教えていましたね。

ルフィたちの教育係でもあったようです。

マキノさんの情報はキャラクター名鑑もご覧くださいm(__)m

疑問1:ルフィとマキノは親子ほど年齢が離れているのかな?

マキノさんがルフィの母親だというのなら、一番大きな壁になりそうなのが「ルフィとマキノの年齢差」でしょう(^^)

世の中の親子にはいろいろな形がありますから、何歳離れていないとおかしいというものはありません。

でもね。

例えばですけど「10歳も離れていません」ということだったら、さすがに無理があると思うんです(^^;)

コミックス第82巻までのストーリーの中で、マキノさんの年齢が公式に発表されている事実は、当サイトでは確認できていません。

つまりは「年齢不詳」です。

マキノさんは、何歳なんでしょうね??

ルフィ19差の時点で20代と言われれば20代にも見えますし、もう30代と言われれば「あぁ、そうかな…」とも見える気がします。

手掛かりになりそうなのが、マリンフォード頂上戦争後に描かれた、ルフィの過去のシーン。

当時7歳だったルフィたちのもとに、マキノさんがたびたび会いに来ている描写がありますね?

ポイントは「この描写の7年前、マキノさんが子供を持てるような年齢だったか」ということになるでしょうか。

マキノさんがルフィの母親かどうかを論じるなら、ですけどね(^^)

疑問2:第614話の扉絵で抱いている子供はルフィの○○?

コミックス第62巻に収録されている第614話「やっちまったモンはしょうがねェ」

マキノさんのファンにとっては、衝撃的な内容だったでしょうね(^^;)

赤ちゃんを抱いています。

のちのSBSのコメントで、尾田栄一郎先生はこの赤ちゃんがマキノさんの子供だと、実質、認めていると判断して良さそうです(^^)

じゃあ、ですよ?

マキノさんが第614話の扉絵で抱いているこの赤ちゃん、もしかしたらルフィの弟or妹になるのかな??

マキノさんに抱きかかえられているこの赤ちゃん、見る限り2歳ほどには見えません。

母親に抱かれているということは、成長度的に考えたとき、「おそらく1歳未満」と考えるのが自然でしょう。

つまり!

もしもマキノさんがルフィの母親だとするなら、この赤ちゃんとルフィとは約18歳差の兄弟(兄妹)ということになるでしょう。

まとめ

■マキノさんがルフィの母親だとするなら、最大の疑問は「年齢差」!

■仮にマキノさんがルフィの母親なら、第614話でマキノさんが抱いている赤ちゃんは、ルフィと約18歳離れている弟or妹!?

■マキノさんがルフィの母親である可能性を、筆者は「否定する根拠は無いが、年齢差に違和感あり」と予想!!

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

「ルフィ の母親「マキノ」説に挑戦!【ワンピース伏線考察】」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ