1. HOME
  2. >> ストーリー考察|ワンピース
  3. >>ルフィの母親「ダダン」説に挑戦!【ワンピース伏線考察】

数回に分けて考察を重ねている「ルフィの母親は誰!?」シリーズ

今回は「カーリー・ダダン説」です(^^;)

「え、ダダン!?」と思われる方も多いかも知れません。

さぁ、どうなんでしょうね?

この記事の目次

そもそも、カーリー・ダダンって誰?

ドラゴンの夫なら「違和感アリ」ガープの娘なら「さほど違和感なし」!?

まとめ〜カーリー・ダダンがルフィの母親である可能性〜

そもそも、カーリー・ダダンって誰?

まずは、ダダンについて振り返りましょう(^^)

カーリー・ダダンとは、山賊の女性です。

住んでいるのは、ルフィの故郷フーシャ村があるゴア王国。

その「コルボ山」という山に拠点を構えていて、幼少期のルフィやエースの面倒を見ていた女性です。

とは言っても、自らルフィ達の面倒を申し出たわけで無く、ガープに言われてのこと(^^;)

どうやらダダンはガープに目をつぶってもらっている悪事が沢山あるようで、それを黙っている引き替えに、ルフィ達を育てるように命じられていたようです。

見た目は女性ながらもガッシリした体型で、たばこを吹かし「お前」とか「〜じゃねェ」といったような、ワンピースの男性キャラクターが使いそうな言葉も多用している描写が見受けられます。

ちなみにダダンの情報はキャラクター名鑑にもありますm(__)m

▲この記事の目次へ

ドラゴンの夫なら「違和感アリ」ガープの娘なら「さほど違和感なし」!?

さて、ダダンがルフィの母親と仮定したとき、違和感が無いかどうかを見てみましょうか(^^)

さっそくいきましょう。

あのダダンがドラゴンの妻だなんて、違和感ありすぎ(^^;)!

どうですか?

皆さんは共感していただけますか(^^)?

確かにダダンの拠点はゴア王国で、ドラゴンが生まれたのもゴア王国。

同じ国のドラゴンとダダンにつながりがあっても、不思議はないように思うんです。

ただ、コミックス第82巻までに登場するドラゴンは、とても硬派なイメージ。

荒っぽい印象を受けるダダンと、夫婦としてくっつくとは考えにくいです。

多少、筆者の主観も入っているんで、何とも言えないですけどね。

ドラゴンは硬派に見えるけど、実は温和な一面があったりするかも知れないじゃないですか(*^^*)

でも一応、本稿執筆時点(2016年7月)では「ダダンがドラゴンの妻という点に違和感アリ」とさせていただきますね。

さて、次はダダンとガープの対比です。

「ダダンがガープの娘だと言われても、性格的には大きな違和感ナシ!」

筆者はこう解釈しています(^^)v

孫のルフィを叱りながら昼寝してしまうガープじいちゃんだったら、ダダンがルフィの母(つまりガープの娘)だと言われても、違和感はあまりありません。

少なくとも、ダダンとドラゴンの繋がりよりはね(^^;)

マリンフォード頂上戦争の終結後、ガープはフーシャ村に帰省していましたよね?

そこでガープを見かけたダダンは、ガープを殴り飛ばしました。

直後のガープの反応にも注目です。

キサマ中将殿に何すんじゃコラとでも言いたげな部下の海平達を制したのはガープ本人。

ガープはダダンを、知り合いだからと言い、海兵には手を出させていません。

そりゃぁ、ガープ中将だって「知り合い」だって言うんでしょうね(^^;)

仮に、山賊の娘だったとしてもね。

ビビも、海平達の前で麦わらの一味との関わりが証拠づけられたわけではありません。

コミックス第23巻では、かなりギリギリの線でしたが(笑)

ワンピースの世界では「罪人」と見なされる人に肩入れしても罪になるようです。

第23巻でアラバスタの宮殿に押しかけた海兵が、海賊の隠匿行為は重罪になるってチャカに言ってましたもんね。

だから。

ガープが海平達の前でダダンを「知り合い」という表現に留めていたのが、もしもダダンとガープが実の親子で、それを隠すためだったとしたら…?

知っている人だというのは否定できないけれど、血縁については、ウソのない範囲で隠していたとしたら…?

あのシーンでは、ガープはさりげなくダダンをかばっていたのかも知れません。

何だかんだで、ガープとダダンが仮に実の親子だというなら「違和感ナシ」と結論づけておきます(^^)v

▲この記事の目次へ

まとめ〜カーリー・ダダンがルフィの母親である可能性〜

■ダダンがルフィの母親であるという説を、筆者は「可能性的に五分五分」と予想!

■ダダンがルフィの母親だとしたら、ガープの実の娘というのは違和感ナシと解釈!

■ダダンがルフィの母親だとしたら、ドラゴンの夫と性格的に合うのか疑問…

■ワンピースの読者にまだ見せていないドラゴンの性格的な一面が今後新たに発覚するなら、それ次第ではドラゴンとダダンの間の違和感は解消されるかも!?

▲この記事の目次へ

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

「ルフィの母親「ダダン」説に挑戦!【ワンピース伏線考察】」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ