1. HOME
  2. >> ストーリー考察|ワンピース
  3. >>シャーロット・ブリュレとシャーロット・プリンは似たもの同士!?【ワンピース伏線考察:第832話より】

第831話を読んだうえでの記事で、ルフィとサンジの「そっくりさん」は鏡に映った像じゃないかと予想しました(^^)

しかもそれがシャーロット・プリンの仕業じゃない!?とも予想したんです。

先日、第832話を読んで、その予想が崩れた部分と、変わらずに持っていたい部分があるんです(^^;)

今回は、まずその話をしたいと思います。

まずは、予想記事の概要をふり返り

先日の予想記事は、こちらの2つです。

まずは、第831話で突如現れた、ルフィとサンジのそっくりさんについて。

こちらでは、それぞれ「鏡ルフィ」「鏡サンジ」と呼んでいます。

ルフィが左右逆転していてサンジがしていないのは、鏡に反射した回数が奇数回(ルフィ)か偶数回(サンジ)かの違いだと予想しました。

そのうえで、サンジがアメを加えていたのが、

「タバコを吸うのがマナー上好ましくない場所にいるから」

という理由と、

「映し出している張本人が、本物のサンジがタバコを吸うのを知らないから」

という理由の2通りを予想していました。

上記では、そんな鏡のトリックの予想をしてみました。

下記では、そのトリックを実行していた人物の予想をしていたんです(^^)

その張本人が、実はプリンだったんじゃないの?という予想でしたね。

言葉尻を取って「島に上陸したら安全は保証しないよ」という意味だったのではないか、と。

さて、第832話を読んで、どうだったのでしょうか??

「鏡ルフィがプリンの仕業説」は否定、でも…?

鏡ルフィが、徐々に姿を変えてナミに襲いかかりました。

変化したのはシャーロット家の8女ブリュレ!

んん…、どうやら管理人の予想は違ったみたいです……(^^;)

少なくとも、プリンが鏡を操ってということではないみたい。

ブリュレが変身しての「鏡ルフィ」でしたからね。

鏡ルフィはブリュレのしわざ。

それは確定と見て良いでしょう。

じゃあ、鏡サンジもブリュレのしわざかな?

同時に複数人を鏡で映し出してということもできそうですよね。

でも、そこはどうなんでしょう??

鏡に反転していない「鏡サンジ」のトリックの種明かしも今後あるんでしょうか?

ちなみに「鏡に偶数回反射しているから左右反転していない」ってことで、鏡サンジって呼んでいます、ハイ…(^^;)

ブリュレとプリンは似たもの同士!?

でもねー。

だからって「プリンが一切関わっていない」っていう説になるのは、まだ慎重な立場なんです。

例えばプリンとブリュレが手を組んでルフィ達をハメているという可能性も予想しています(^^)v

そう考えるのが「ブリュレ」という名前!

フランス語で「焦がしたクリーム」という名前を持つブリュレって、プリンとよく似たお菓子ですよね?

プリンとブリュレが似ている。

これは、プリンとブリュレが似た考えを持って、手を組んでいるという暗示なのかなと思ってるんです(^^)

島に導いたプリンと、士まで待ち構えているブリュレの合わせ技ってことですね。

だとすると、ブリュレは虚像を映し出す能力者なんでしょうか?

ちなみに、ブリュレが第832話の中で、可愛い子を見ると切り裂きたくなるだとか言ってましたよね?

ブリュレは切り裂く能力者?

イヤ違う、悪魔の実の能力があるとしたら、やっぱり「映し出すほう」だと思うんです。

切り裂きは武器か、あるいはそういう特徴の爪とか、そういう所に落ち着くんだと思います。

さて、何から何までブリュレの仕業なんでしょうか?

それともプリンも絡んでいるのかな?

先の展開が楽しみです(^-^)

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

「シャーロット・ブリュレとシャーロット・プリンは似たもの同士!?【ワンピース伏線考察:第832話より】」への4件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ