1. HOME
  2. >> 週刊少年ジャンプ感想|ワンピース
  3. >>「ヴィンスモーク・ジャッジ」感想( #ワンピース 第833話)

サンジとジャッジの決闘を聞きつけたジェルマ王国の兵士たち。

2人の戦闘を見ながら驚いています。

■レイドスーツって、ルフィチームに会った時にヨンジが着ていたやつ!?

他にも、気になる場面がありました。

金づちで打たれながら顔のゆがみを直してもらっているヨンジ…。

治らないからと、左右からプレスされていました。

■ヴィンスモーク家の人達は、金づちやプレスでも大丈夫なほど頑丈なの!?

■パンクハザード編でサンジと入れ替わったナミが、サンジの体を「頑丈」だと驚いていたのは「鍛えられた体」という単純な意味ではなかった?

ここで、サンジの回想シーンが入ります。

どうやらサンジがオービット号でコック見習いをやる前の出来事のようです。

■サンジはオービット号に乗る前から料理を作っていた!?

■サンジを含む4人の兄弟は同じ日に生まれた!?それぞれに別々の母親がいたとしても偶然同じ日に生まれる確率は極めて低い、つまりは四つ子!?

再びサンジとジャッジの戦闘シーン。

戦いながら、いくつかキーワードを置いていく2人。

意味深な親子のバトルはなおも続きます。

■ジャッジはサンジをはじめとする息子たちに剣術を教えていた!?

■サンジが、剣術を極めるゾロと仲が悪いのは、ジャッジに教え込まれた剣術に対する抵抗があったから!?(だとするとブルックなどほかの剣士に対しては違和感があるけれど…)

繰り出されるジャッジの技の数々。

ジェルマ王国の兵士いわく、ジャッジは「怪鳥(ガルーダ)」という異名を持っていたのだそうです。

上空での戦いに持ち込むジャッジですが、空はサンジも得意分野。

ところが、サンジの蹴りを交わしたジャッジが何やら電気をまとって「電磁クラック」からの「ブラスター」でサンジを吹っ飛ばしました。

これが、科学戦闘部隊ジェルマの「科学力」を活かした戦闘ということでしょうか。

鉄仮面のようなものをつけられて檻に閉じ込められ「3」のTシャツを着た少年を思いながら、父に立ち向かうサンジ。

■サンジのこの回想の「3」の少年はサンジ本人!?

でも、ジャッジまでもが例の「壁」を使ってジェルマの兵士を盾にして槍で応戦。

ついにはサンジを吹っ飛ばしてしまいました。

戦闘を終えて室内に戻ったサンジ。

ジャッジの口からノースブルー制服の野望や、ビッグマムの娘とサンジを結婚させる話が語られました。

■ジャッジが語る「もう一人 出来損ないがいた」という発言は、サンジに対するもの?それとも、サンジが去って「残った誰か」に対するもの?

サンジを自分の息子とも思わないというジャッジは、レイジュによってサンジの両手首に「輪っか」をハメさせました。

それは天竜人が奴隷の首にはめるものと同じもの!

ジェルマ王国の島から出ると爆発して、両腕が吹き飛ぶようになっているのだとか。

鍵はビッグマムが持っているそうです。

息子をどうしても結婚させたがるジャッジ、ここまでするか…!

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

「「ヴィンスモーク・ジャッジ」感想( #ワンピース 第833話)」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ