1. HOME
  2. >> 伏線考察|ワンピース
  3. >>スイート3将星クラッカーの強さ【ワンピース 伏線考察:第836話より】

ワンピース第836話のラストで、クラッカーのステータスがさらに明らかになりました。

懸賞金…、8億6000万ベリー(゜д゜;)!?

部下が10億だと騒いでいるジャックに次いで2番目の高さです。

これまでの公式的な発表で、懸賞金額が確定している中ではね。

※ちなみに「公式的」といったのは、エースの懸賞金がイベント内で5億5000万ベリーと公表されたのを含めているためです(^^)v

数値だけ見ても絶望的なまでの強さ。

今回は「ルフィとクラッカーとの戦闘の行方」を考えてみます。

懸賞金の額でまず驚く!スイート3将星クラッカー

さて、クラッカーの懸賞金が8億6000万ベリーですって(^^;)

四皇の幹部であり、ボスキャラではないクラッカーでさえルフィのこの時点での懸賞金「5億ベリー」を超えているんです!

ドフラミンゴを倒して、ルフィの懸賞金が5億になりましたよね。

その直後のゾウ編でジャックが登場して、懸賞金10億だと部下が言っていました。

それに対して「ホントかな?」と言っていた読者の皆さんも多かったようです。

が、ここへ来て、クラッカーは10億に及ばずとも、8億6000万ベリーだそうです。

どちらも手配書はまだ出ていないですけどね(^^;)

でも、こうなると「ホントなのかな…」と思わざるを得ません。

幹部クラスですでに、七武海の加入前の懸賞金をはるかにしのぎ、それを倒した人物の懸賞金さえも超えているという状況。

四皇クラスとなると、もうこういう世界なんでしょうかね??

クラッカーは魂を抜ける!?

第836話では、クラッカーの戦闘能力の一端も見ることができました(^^)

肩を叩いて腕が1つ2つと増えていく現象。

これは、例の童謡がモデルになっていると予想するのが自然でしょう。

厳密には「クラッカー」じゃなくて「ビスケット」でしょうけどね♪

筆者の現段階(2016年8月23日時点)での予想は、叩いて増やす能力がクラッカーの持つ悪魔の実の能力と予想しています。

そして気になるのがもう一つ!

クラッカーから発する「何か」が、擬人化されたものにまで影響を与えています。

ルフィは一瞬「覇気」の影響かと疑いましたが、即座に自分自身で否定。

ナミは「恐怖」の影響かと言っています。

2人が、どんな状況を見てそのように判断したのか。

それは、擬人化したものが次々と倒れていった状況にあります。

植物系のものは枯れて、お菓子のアメのようなものは、とけてしまったようです。

でも、ウサギが擬人化したランドルフや、ツルが擬人化したその相棒などは、特に再起不能になった様子もありません。

……何が起こったのでしょうか?

あくまで筆者の予想です。

クラッカーは、それぞれのものに存在していた動物としての魂を抜いたのではないでしょうか。

言い換えるならば「寿命の一部」という形で人から抜かれていた「動物の魂」を減らした。

こう予想しています。

だから、元々動物の魂を持っていない植物やお菓子が擬人化されたものは、そのまま倒れて再起不能になってしまった。

元々動物だったものが擬人化されたものは、元々の動物としての魂が「蓄え」として残っているので、動物のまま。

そういう理屈なのかなと予想しています(^^)

でね。

腕を増やすのも、魂を抜くのも、どちらもクラッカーの悪魔の実の能力によるものだと仮定しましょうか。

自分の腕を増やすだけでなく、周囲の魂を減らしています。

また予想に過ぎませんが、逆もできるんじゃないでしょうか。

つまり、自身の何かを減らすこともできるし、周囲の何かを増やすこともできる。

また言い換えれば「増減」に関する現象を、周囲にも作用させられる。

筆者が何を言いたいかと言いますとね(^^;)

クラッカーは「増減」を操れる、覚醒した悪魔の実の能力者なのでは!?

という予想です(^^)

どうなる!?ルフィVSクラッカー

結論からいきましょう。

「苦戦して終わり」

だと思います(^^)!

まず、楽勝は無いと思います。

最近ようやく5億を超えたばかり、しかも周到な作戦とは無縁のルフィが、いきなり8億超えの相手に敵う見込みは薄いでしょう。

かと言って、負ける展開も予想しづらいんです(^^;)

そもそも、ルフィチームの目的は、サンジを奪還してワノ国へ向かうことなハズです。

つまり「去る」ことが目的なハズなんです。

ビッグマム自身との接触はあるかも知れませんが、ビッグマム海賊団を全部やっつける必要は無いわけです、必ずしも。

そうした状況下で、仮にルフィがクラッカーに負けたとしましょう。

仮にも四皇を全部自分で倒すと豪語したルフィです。

その部下に負けたとあれば、当然リベンジとなるでしょう。

「…やってる場合(^^;)!?」ってハナシです、ザックリ言うとね。

それよりも、クラッカーより立場が上であるビッグマムを、倒すか味方に付けるかすれば一発で解決するのでは?

そういう予想をしています。

今回はね、麦わらの一味を2チームに分けているでしょ。

ペドロやキャロットは加勢してくれています。

そこにサンジやジンベエを加えたら、結構頼もしい戦力になると思います。

でも、筆者の予想では「ビッグマム海賊団そのものと、ほぼ戦闘しないで終わる」と予想しているんです(^^;)

どんな理由があるとはいえ、ジンベエたちの故郷・魚人島を守ってくれました。

どんな理由があるとはいえ、サンジと自身の娘とを結婚させようとしました。

そして、ローラはナミたちに、ビッグマムのビブルカードを託したのです。

敵対して倒して終わり!よりも、「味方に付けて終わり」のほうが、ルフィチームの戦力をそがずに終えられると思うんです。

だから!

ルフィVSクラッカーは「戦闘の途中に割って入るイベントが発生して、中断して終わり」と予想します(^^)b

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

「スイート3将星クラッカーの強さ【ワンピース 伏線考察:第836話より】」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ