1. HOME
  2. >> 伏線考察|ワンピース
  3. >>ペローナの謎とホロホロの実【ワンピース伏線考察】

世間では昨今、ミステリアス系女子が人気だそうですね(*^_^*)

謎めいた魅力が、相手をとりこにするんでしょうか。

今回のテーマは「ペローナとホロホロの実の秘密」です。

ワンピースきってのミステリアス系女子も、実は隠された謎や秘密があったりして…、という考察です(^^)

この記事の目次

ホロホロの実でペローナに起こる変化

ホロホロの実のメリットとデメリット

唯一?ペローナが低調に接する相手がモリアな件

ホロホロの実でペローナに起こる変化

ペローナは「ホロホロの実」の霊体人間だといいます。

通常は実体ある女の子の姿ですが、ホロホロの実の能力が発動することで、白い霊体のような姿にもなることが可能です。

ほら、スリラーバークに上陸したルフィやゾロやサンジ達が、ネガティブホロウにやられていましたよね?

あの姿にもなれる描写がありました(^^)

事実、ホグバックもアブサロムも、白い霊体の姿を「ペローナ」として接している描写がありましたよね?

スリラーバークの城の外で幹部達が集まって「船長は3億の首だぞ」って言っているシーンのペローナ。

あのときのペローナは、ネガティブホロウと同じ姿でしたよね(^^)

ペローナは、ホロホロの実の能力を発動させるとき、女の子の姿でいることも、白い霊体になることもできる!!

コレです!

▲この記事の目次へ

ホロホロの実のメリットとデメリット

次は、ホロホロの実のメリットとデメリットについて考えてみましょう(^^)

スリラーバーク編ではウソップとの戦闘を繰り広げたペローナ。

彼女いわく、ペローナのホロホロの実の能力は、周囲からの接触に関しては、物体を通過するだけなんだそうです。

つまり、第465話「海賊ウソップVS怪人ペローナ」によると「能力発動中の、霊体のペローナに触れても通り抜けちゃう」ってことみたいですね。

実体を捉えきれないという点については、少し自然(ロギア)系の能力者の特徴にも似ていると感じるのは、筆者だけでしょうか(^o^)

でね。

ここで「影」と「ペローナ本体から分離した霊体」との違いをふり返ってみましょうか。

モリアがゾンビに結びつけるために切り取った「影」は、いずれモリア(カゲカゲの実の能力の持ち主)の意志に従ってしまうんです。

ルフィの影が結びついたオーズだって、当初は海賊王になりたいだの言っていましたよね?

でもそのうち、モリアに忠実に従うようになっていました。

一方の「ペローナ本体から分離した霊体」の特徴は、意志あるペローナ自身の霊体だと、第466話「決着」でペローナ自身が言っていました。

「影」と「霊体」。

それぞれに異なるメリットがあるようですね。

一方で、デメリットは共通しているようです。

本体を失うのは困るp(´⌒`q!!

影の場合の「本体」というのは、ゾンビの結びついた没人形(マリオ)のほうじゃありませんよ(^^;)

影の、元々の持ち主のほうです。

で、霊体のほうも同様。

持ち主であるペローナ本体に攻撃を加えられるのは不都合なようです。

スリラーバーク編では、ウソップはその点を突いて勝利したんですよね(^^)

▲この記事の目次へ

唯一?ペローナが低調に接する相手がモリアな件

最後に、ペローナの振る舞いについてもふり返っておきましょうか(^^)

スリラーバーク編で初登場したペローナは、基本タメグチなんですよね。

同僚のアブサロムやホグバックにも、タメグチだけでなく悪態までつく始末…(笑)

まぁヒドイ!

他の人達にもそういう態度なのかな…と思ったら!

唯一、モリアにだけは丁寧に接しているんです!!

モリア「様」と呼んで、敬語も使って、物腰も非常に丁寧(゜Д゜)!

まぁでも、当然と言えば当然です、ボスなんですから。

コミックス第82巻によると、スリラーバーク編の当時23歳だったペローナは、子供の頃からモリアの元にいるそうですね。

その辺、育ててもらった(?)モリアに対する、恩のような感情もあるのでしょうか??

ちなみに。

回想シーンで、モリアがホグバックを迎えるシーンがあるんです。

そのシーンにはすでにモリアの側に、アブサロムだけでなくペローナの姿もあるんです(^^)

ホグバックよりペローナのほうが古株なんですね。

もしかしたら、アブサロムよりもペローナのほうが古くからモリアに仕えていたりして…。

それは予想に過ぎませんけどね(^^;)

謎めいたペローナ。

今後の再登場に期待です!!

▲この記事の目次へ

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

「ペローナの謎とホロホロの実【ワンピース伏線考察】」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ