1. HOME
  2. >> 週刊少年ジャンプ感想|ワンピース
  3. >>「クソお世話になりました」で気になった4個のポイント( #ワンピース 第839話感想)

ワンピース第839話「クソお世話になりました」を読んで、気になったポイントをまとめてみます(^^)v

【1】そもそも「クソお世話になりました」というタイトル

まずコレです(^o^)

なんで今回のタイトルが「クソお世話になりました」だったのでしょうか??

ストーリー内では、コミックス第8巻のサンジとゼフの別れのシーンのセリフで、サンジが言った台詞として有名ですよね。

そのシーンが回想として今回にも再登場しています、ファンにはたまらないっ(*^_^*)!

でも、その件があっても今回のタイトルが「クソお世話になりました」になる必要性があったとまでは言えないんです。

第839話では、特にニジが女性のコックを傷つけたり、サンジと他の家族との考え方の違いが明確に描かれた回でもありました。

他にも、ビッグマムの情報力が改めて示されたとか、ラストシーンにはクローン人間の製造でも連想させるかのようなシーンもありました。

そのあたりからキーワードを拾ってきて、第839話のタイトルにすることもできたのかも知れません。

でも、第839話のタイトルは「クソお世話になりました」でした。

だとしたら、これは「あえてそうした」と解釈してみるのはどうでしょうか?

第839話のタイトルを「世間でのタイムリーな出来事」にあわせてみた、という解釈です(^^)

ちょうど、ワンピースの第839話が掲載されているジャンプでは、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の最終回も掲載されていました。

もしかしたら、尾田栄一郎先生から、「こち亀」の作者・秋本治先生への感謝を示しているのでしょうか??

読者の立場からは尾田先生と秋本先生のことについては把握しきれませんが、事実としてワンピースより長く連載を続けられてきたご長寿作です、こち亀は。

尾田先生に限らず、ジャンプに連載されている漫画家さんたちが皆さん揃って敬意を表されても、何の驚きもありません(*^_^*)

どうでしょう、ちょっと気になりますね(^^)

第839話が収録されるコミックスのSBSでこの真相が明かされたりするのでしょうか、ちょっと楽しみに待とうと思います。

【2】レイジュの言葉とカブる、2年前のサンジの言葉

2つ目は、レイジュのこの言葉です。

「半端な優しさが犠牲者を増やす いい例ね」
(第839話「クソお世話になりました」より)

これは、イチジとニジが「平定」してきたブロックコリー島のことをさしてレイジュが言ったセリフです。

ジャッジいわく、ドフラミンゴが失脚して、武器の調達ができなくなったブロックコリー島の軍隊が、今度はジェルマ66に助けを求めたということでしょうか。

ジャッジとレイジュの言葉から解釈すると、この「半端な優しさ」というのは「弾圧せずに国外の勢力(ジェルマ66)に頼ったこと」に該当するのでしょうか??

筆者が言いたいのはコレ!

似たようなセリフ、前に聞いたことありませんか(^o^)??

状況は今回と違うんですけどね。

まさにサンジが言ってましたよね?

ウォーターセブン編で、当時乗っていたゴーイング・メリー号でもう航海できないとなったとき、激高したウソップがルフィに決闘を挑みました。

結果、ウソップは負けて、大きなダメージを負います。

そこへすぐさまチョッパーが駆け寄ろうとするんですが、サンジが止めるんですね(^^;)

不用意な優しさは敗者を苦しめる、と。

ここでは「チョッパーがウソップに手を貸すこと」に当たるでしょうか。

このくだり、「ルフィVSウソップの決闘」と「ブロックコリー島の戦争」とを対比する形で、ちょっと考察を深めてみたいですね(^^)

【3】落ちた食べ物を食べるサンジにゾロを絡めてみる

今回のストーリーでサンジは、ニジが投げたお皿の料理を食べていますよね。

「アリゴ」とか「コンフィ」とか、専門的で筆者には分かりません(^^;)

見る人が見れば「そこまでしなくても…」ですが、食べ物を粗末に扱わないサンジにとっては自然な行動なのでしょう。

はい、再びいきましょう(^-^)!

似たようなシーン、前に見たことありませんか(^o^)??

ずーーっとさかのぼりましょう、コミックスでは第1巻の出来事です。

ゾロも、モーガン&ヘルメッポ親子の海軍支部の基地で、落ちたおにぎりを食べましたよね?

リカっていう女の子がゾロにおにぎりを届けに来てくれて、それをヘルメッポが踏みつけにしちゃうんです。

でもゾロは、近くに来たルフィに拾わせて、泥まみれのおにぎりを食べちゃうんです。

どちらも、心を込めた料理を食べてあげる優しさがありますね(^^)

ゾウ編以降、ときたま、サンジのセリフや行動がかつてのゾロとかぶるシーンがありますよね?

ルフィは海賊王になる男だからと言って、ゾウ編のサンジは麦わらの一味のビッグマム傘下入りを拒否しましたし、スリラーバーク編のゾロは自らが犠牲になると言いました。

今回のサンジが落ちた食べ物を食べたシーンは、初期のころのゾロとかぶります。

これが何か意味のある伏線になったりするか分かりませんが、ちょっと興味深いんですよね〜(^^)

あと、今回のストーリーでは「サンジVSニジ」の構図が少し際立って描かれていたような気がします。

サンジにとって一番の因縁の相手は、父ジャッジでも長兄イチジでもなく、次兄のニジなんでしょうか??

「因縁あるナンバー2」というキーワードでは、麦わらの一味でサンジと仲のよろしくない「ゾロ」と、今回のサンジに因縁をふっかけてきた「ニジ」

どことなく、キーワードだけなら共通しているものがありませんか?

むむむ…p(´⌒`q

【4】幼少期に立ち入り禁止だった部屋の正体…

ラストがコレです。

子供のころのサンジ達が立ち入り禁止だったという謎の部屋。

コゼットがボロボロのまま倒れていて、ニジがやったと言いながらサンジを誘導するヨンジ。

その部屋の向こうにあったのは、なにやら「クローン人間か!?」と思ってしまうような研究施設でした(@_@;)!!

で、中にいる誰かが「MB」とか「MST」とか「MH」とか言っていますよね。

この「MH」って、クリークが使った毒ガス兵器「MH-5」に繋がったりしませんかね!?

……しないか(^^;)

さておき、研究施設自体は掘り下げる余地ありありですね!

コレまでのストーリーで登場したジェルマの「壁」の要員はすべてこの「クローン人間」のような人々だったのでしょうか??

もしもね(^^;)

もしも、この「クローン人間」のようなものもの(仮)が、生物でないものだったとしましょうか。

生物でないなら、このクローン人間(仮)たちはビッグマムの魂を与えることができる!?

そんな予想をしてみました。

どうかな〜p(´⌒`q??

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

「「クソお世話になりました」で気になった4個のポイント( #ワンピース 第839話感想)」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ