1. HOME
  2. >> 人気の記事伏線考察|ワンピース
  3. >>血統因子(けっとういんし)とは?【ワンピース伏線考察:第840話より】

第840話「鉄仮面」では、サンジの幼少期の回想のほかに、ジャッジとベガパンクの研究についても説明がありましたよね(^o^)

ヴィンスモーク・ジャッジ、やはりというべきか、若いころのベガパンクと同じ環境で研究をしていたようです。

ただ、けっこう疑問も多かったですよね(^^;)??

「これどういう意味なの?」みたいな…。

今回のテーマは、「そもそも血統因子って何なの?」というところから始まって、周辺のポイントを整理したいと思います(^^)

この記事の目次

そもそも「血統(けっとう)」と「因子(いんし)」の意味は?

衝撃!ジェルマ王国のクローン兵の研究

ちょっと脱線!ジャッジ&ベガパンクは兵器の研究もしていた!

ベガパンクの研究を派生させた2人~継続したジャッジと、応用したシーザー~

ジェルマ王国の作る「クローン」と、ベガパンクが人間兵器にしたという「バーソロミュー・くま」

Dr.ベガパンクと世界政府

そもそも「血統(けっとう)」と「因子(いんし)」の意味は?

「いきなり血統因子って言われても分からないなぁ…(^^;)」

やっぱり、そういう気持ちが少なからずありますよね(笑)?

筆者も、こういう分野もニガテなものでしてね(^^;)

だから、まずは「血統(けっとう)」とは?「因子(いんし)」とは?というところから攻めてみたいと思います。

いずれも、最小限の範囲で引用させていただきましたm(__)m

まずは「血統(けっとう)」について。

祖先から続いている血のつながり。血すじ。
(参照:血統(ケットウ)とは – コトバンクより)

そして「因子(いんし)」についてです。

ある結果を成り立たせるもとになる要素。要因。
(参照:因子(インシ)とは – コトバンクより)

つまり「血統因子(けっとういんし)」というものを表現するなら…、

「先祖代々の血のつながりを決定づける要素」

っていうことになるのかな(@_@)??

それはつまり「DNA」とか「ゲノム」とか、そういう意味になるんじゃないでしょうか??

▲この記事の目次へ

衝撃!ジェルマ王国のクローン兵の研究

まずは、読者の皆さんにお詫びをしなくてはいけませんね…。

筆者は、前回(第839話)に関する考察で「ジェルマの研究室にいるアレはクローン人間ではない」っていう予想をしていたんです。

……(^_^;)

まんま、クローン人間でしたね。

申し訳ありませんでしたっm(__)m!!

ヨンジが言っていましたよね、人間は作れるんだと。

ジェルマの研究室で作っていたのは、選りすぐられた数名の兵士のクローン。

20歳の兵士を、たった5年で作り出すことに成功していました。

ジャッジやイチジが「壁」って言って、何らためらい無く実を投げ捨てていたのは、ヴィンスモーク家に尽くすようにプログラムされていたクローン兵だったと考えれば、あの従順さにも納得がいくでしょうか(^^;)

倫理的な問題はアリアリですけどね……。

▲この記事の目次へ

ちょっと脱線!ジャッジ&ベガパンクは兵器の研究もしていた!

あえて脱線です(^^)v

でもね、今後のストーリーも考えるなら、そんなに無駄な脱線でもないと思うんですよ(^^;)

それがコチラ!

ベガパンク…

兵器の研究してるってよ…

いやいや、これはフランキーも言っていましたよね(^^;)

ベガパンクの故郷だという未来国バルジモアに、兵器的な研究の設計図もあったって。

でもね、それを読んだ当時は、筆者は諦めていたと思ったんです。

ベガパンクが、兵器の研究をね。

だって、故郷に置きっぱなしなんだもん……(-Φ-)

そしたら、故郷を離れても兵器の研究をしていたんです。

ヨンジが言っていましたよね(^^)

自分たちの誕生前に、父ヴィンスモーク・ジャッジが、

海外の無法な研究チーム
(第840話「鉄仮面」より)

にいたんですって。

この「無法な」っていう表現、皆さんはどう感じました??

例えば、犯罪みたいなコトをしている研究って思いましたか?

筆者はちょっと別の予想をしちゃったんです。

若き日のジャッジやベガパンクがしていた研究は、(この当時では)政府に不都合な研究だったと思うんです。

この「兵器」の研究って言うのは、血統因子とは別で考えた方が良いんじゃないかと思うんですよね(^^;)

「血統因子」そのものが、兵器になるワケではないですもんね。

例えばベガパンクが発見して、シーザーがそれを「応用」して人造悪魔の実「スマイル」を作ったんですもんね?

血統因子以外にも、ベガパンクは兵器の研究をしていたんです、ジャッジの近くで。

これは、しばらく記憶のスミにでもとどめておきましょうか(^^)

▲この記事の目次へ

ベガパンクの研究を派生させた2人~継続したジャッジと、応用したシーザー~

ヨンジが語る、ベガパンクやジャッジ達の研究。

ベガパンクは、血統因子を発見して、政府に逮捕されちゃったんだそうですね(@_@;)

このベガパンクの逮捕のあたり…、ヨンジが第840話の冒頭で言っていた「無法」と重なってくる部分があると筆者は見ているんです。

だから、

「民間人に危害が及ぶからやめなさい!逮捕!」

じゃないのでは?

それよりも、

「ベガパンクのこの発見、政府だけのものにしておきたい!ちょっと来なさい、逮捕!」

の意味合いのほうが強いんじゃないかと、筆者は予想しています(^-^)

ここで筆者が注目しておきたいのは別のポイント。

「シーザー・クラウン」と「ヴィンスモーク・ジャッジ」の対比なんですσ(^_^;)

まず、ベガパンクが血統因子を発見した、これはいいでしょうか?

で、その血統因子を「応用」して、シーザーは人造悪魔の実「スマイル」の開発にまで至ったのだと言います。

一方で、ジャッジも血統因子を扱っていました、ベガパンクの逮捕後もね(^^)

それで、ジャッジは血統因子の研究を「継続」することで、「クローン人間」の製造に成功したんですよね?

OK??

皆さんの認識と合っていますか(^^;)?

仮にね。

ベガパンクが、2人の研究の両方を、より高い水準で成功させていたりして……。

そんな可能性は無いでしょうかね(^^;)?

シーザーの「スマイル」の研究の対比になるのが、ベガパンクの作ったという悪魔の実の失敗作。

モモの助が食べて龍(りゅう)になったという、アレですね。

そしてジャッジの「クローン兵」との対比が、バーソロミュー・くまそっくりの「パシフィスタ」の研究です!

モモの助が食べた悪魔の実が本当に失敗作だとしても、パシフィスタの性能が変わっていないとしても。

いずれも、あれがベガパンクの最新の研究成果かは分からないですよね(^^)??

もっとすごい研究成果が出ている。

だけど、龍になる悪魔の実は失敗作だから手放した。

パシフィスタも、最新版でなくても大体の海賊は倒せちゃう。

だから「奥の手」にもなる最新の研究は、外に出していないのかも知れませんよ(^-^)

▲この記事の目次へ

ジェルマ王国の作る「クローン」と、ベガパンクが人間兵器にしたという「バーソロミュー・くま」

さて、さっきは「ジャッジ(クローン兵)とシーザー(スマイル)の対比」でした。

次は「ジャッジ(クローン兵)とベガパンク(パシフィスタ)の対比」を考えてみましょう(^^)

ジャッジと比較する主な相手方が「シーザー」から「ベガパンク」に変わりますね。

20歳の兵士を作るのにかかる時間は5年。

しかも裏切らないようなプログラムまでしていると。

5年という期間だけを見るなら短くはありませんが、その期間で屈強な兵士を作れるなら、決して長い時間ではないでしょう(^^)

バーソロミュー・くまにそっくりのパシフィスタも、このクローン兵の原理を応用しているのかな??

ジェルマが優秀なクローン兵を5年ほどで無数に作れるように、世界政府も、バーソロミュー・くまにそっくりのパシフィスタを短時間で無数に作れるのでしょうか?

クローン兵はジャッジはじめジェルマ王国を裏切らないようにプログラムされている。

パシフィスタは世界政府を裏切らないようにプログラムされている(バーソロミュー・くま本人もかな?)。

でも、バーソロミュー・くまがシャボンディ諸島でサニー号を守るようにプログラムされていたのはなぜでしょう??

世界政府側のベガパンクが、海賊の船を守るようにプログラムしちゃっている…。

そこには特別な思いでも、あったのかな??

ベガパンクの人間像も、いずれ考察してみたいものですね(^^)v

▲この記事の目次へ

Dr.ベガパンクと世界政府

第840話のヨンジのセリフを読む限り、ベガパンクに対する政府の対応が少し不思議なんです(笑)

ヨンジがね、ちょっと訂正みたいな感じで言い直すんですよね?

最小限の範囲で引用します。

ベガパンクを逮捕…!!
研究チームは解散…!!
いや…政府に買収された
(第840話「鉄仮面」より)

つまりね。

実際は「解散」も同然な状態だったんじゃないでしょうか?

ベガパンクやジャッジがいたチームを客観的に見ると。

それは例えば、研究員が散り散りバラバラになっちゃったとか。

あるいは、優れた人材がいる組織ほど、そのエースを失ってたちまち機能しなくなることもありますよね?

つまり、この場でいうエースっていうのが、ほかならぬDr.ベガパンク!

一方!

政府からすれば「買収した」っていう形式をとりたかったのかな(^^;)

買収と言うからには、お金が動いた可能性が高いんです。

例えば「これだけのお金を保証します、だからベガパンクの研究チームから離れてください」って研究員たちに働きかけたとか(^^)

ベガパンクには「金銭は保証するから、研究チームから離れて政府サイドに着きなさい」とかね(^^)

政府からしてみれば、ムリヤリ引きはがしたことにしたくない。

だから、ちょっと汚いと言われても、お金を払って買収したっていうことにしたのかなと筆者は予想しています。

でね。

なんで、そんな風に体裁を気にしてまで、ベガパンクを政府側に引っ張ってきたかったのか。

この予想なんですけどね…、ここで「兵器」とつながってくるのかなと思うんです(^^;)

ジェルマにまつわる話の中で突如登場したDr.ベガパンク。

いよいよ、彼の姿が明らかになる日も違づいているということでしょうか(^-^)

▲この記事の目次へ

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ