1. HOME
  2. >> 週刊少年ジャンプ感想|ワンピース
  3. >>「満腹の力」を読んで気になった3個のポイント【 #ワンピース 第842話】

もう、さっそくいきましょう!

筆者が6年ほど前から持ち続けてきた「サンジの騎士道」に関する予想が外れました…。

くやしい~(笑)!!

【1】ゼフの騎士道

発覚!!

女を蹴らないサンジの騎士道の由来はゼフ!!

今回のバラティエの回想シーンで確定でしょうね、ちくしょう!

あ、本音が出てしまった…(笑)

いや~、筆者はサンジの騎士道の由来はゼフじゃないと予想していたんですよ(^^;)

海上レストランでゼフがサンジに対して「女は大切に」って指導していた回想は無かったでしょう?

SBSでサンジがカリファを蹴らなかったシーンで、サンジの騎士道の由来がゼフなのかどうかを問う読者の方もいましたよね?

でも、尾田先生は明確に「はい、サンジの騎士道の由来はゼフです」とまでは言わなかった(^^)

しかも、バラティエ編では女性を見て鼻の下を伸ばすサンジを良く思わないような態度も見せていました。

だからこそ

ゼフじゃないと思ったんだけどなぁ…(´;ω;`)ウゥゥ

そうなると、気になるのがゼフの価値観のルーツへとシフトしていくんです。

筆者の興味がね(笑)

ゼフの考えでは、女は蹴っちゃいけない。

だから、蹴って指導するゼフは女性のコックを雇えない。

女を蹴るな、それは「恐竜」の時代からの決まりだそうで(^^;)

だからといって、恐竜になれる古代種の悪魔の実の能力者のドレークを出してくるつもりもないんです(^^;)

サンジと同じノースブルー出身ですし、可能性はまだゼロではないです。

でも、ドレークが恐竜になれる能力を得たのはグランドラインでかも知れません。

そもそも、ドレークとゼフの関連がまったく見えてこないんですよね~( ̄▽ ̄;)

だから、第842話の時点では「恐竜」というキーワードは考えすぎないことにしましょう!

その一方で、予想めいた一言を残しておきましょうか。

ゼフはもしかして、過去に女性を蹴ったことで大失敗している!?

まぁ、それは分かりませんけどね(^^;)

【2】シャーロット家はずっとシャーロット姓のまま!?

今回レイジュから明かされた情報ですね。

シャーロット家は、結婚したら同じ姓を名乗るようです(^^)

じゃあ、ですよ?

シャーロット・プラリネと結婚したアラディンは、シャーロット・アラディンということかな?

カポネ・ギャング・ベッジはシャーロット・シフォンと結婚したから、シャーロット・ベッジが本来の名前なのでしょうか??

以前、カポネの名で息子も登場していましたけど、それはファイアタンク海賊団の立場上の名前であって。

戸籍上(あるか知らんけど)は、シャーロット姓を名乗っているんでしょうかね(^-^)

日本だと、芸能人でそういう方は多いですよね。

結婚して芸名を変えるタレントさんのほうが、むしろ少数派じゃないでしょうか(^^)

【3】ルフィがクラッカーを吹っ飛ばしてしまった件

いや、いいんですよ(^^;)

吹っ飛ばしてしまうのは全然問題ないんですけどね。

ドフラミンゴのときのような「大ボスキャラ」の倒し方じゃないというかね。

強敵相手の倒し方だったら、戦闘の場で気絶なり戦闘不能なりの状態にしてしまうパターンが多いですよね?

今回のような倒し方だと、扉絵連載シリーズに出てきちゃうパターンに近い感じです(笑)

これでルフィの勝ちになるのかな??

これまで懸賞金について触れられた中で、ジャックに次いで2番目に高額のクラッカー。

彼はこのままストーリーの本筋から退場してしまうのでしょうか(゚д゚)??

 

さぁ、今回のこの中から何件かをピックアップして考察記事としてアップしたいと思います(^^)v

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ