1. HOME
  2. >> 伏線考察|ワンピース
  3. >>ナミの人魚説と古代兵器ウラヌス説への真っ向勝負!【ワンピース伏線考察】

皆さんはナミについて、どれだけ知っていますか…?

麦わらの一味の航海士であるナミは、コミカルなシーンでの強烈なツッコミやお色気シーンなども大人気です(^^)

一方で、彼女の生い立ちや両親などについては謎めいた部分も多くあります。

【鬼】考察の今回はナミに関して深く掘り下げてみることにします(^-^)

この記事の目次

ナミにまつわる人魚説&古代兵器ウラヌス説!

麦わらの一味・航海士ナミとは?

ナミの戦闘と、これまでの敵たち

スタイルの良さが伝わってくるナミの各種グッズ

ナミの人気の要素は「衣装」にもあり!

ナミの正体が人魚という説に対する当サイトの見解

ナミのビキニ姿をじっくり集めた各種フィギュア

ナミの存在感は映画版での絶妙なスパイス!

ナミのタトゥーと、大切な人たちの思い

映画「ONE PIECE FILM GOLD」でのナミの関連グッズ

ナミの過去と「ナミはDの一族!?」という噂に対する筆者の見解(*^▽^*)

ナミの実の両親の謎

ナミがサンジとコラボレーションしている各種グッズ

ナミが悪魔の実を「食べるとしたら?」の予想

ナミを、ほかの女性人気キャラクターと比較する

ナミのセクシー系グッズ

まるでナミみたい!?Instagramで話題になったマレーシアの人気者

ナミにまつわる様々な謎に挑戦!

「ナミの正体は古代兵器ウラヌス!?」という噂に対する筆者の意見( ̄ー ̄)

ナミにまつわる人魚説&古代兵器ウラヌス説!

ワンピースのキャラクターの中でも人気の高いナミ。

ゾウ編で、約2年ぶりに本格的に連載に復帰してきました(2年……、長いっ!)

今回の考察では、ナミに関して特に読者の方の間で注目度の高い、

■ナミは古代兵器ウラヌスと関係があるんじゃないの!?

■ナミは人魚と関係があるんじゃないの!?

という考え方を軸にしつつ、考察を深めていきたいと思います(*^_^*)

ただ、それだけだと疲れちゃうでしょ(^^;)

だから、ところどころでナミのフィギュアとか、こばなし的な情報とかを挟み込んでいこうと思います。

なお、ナミに関する情報はキャラクター名鑑からもご覧いただけますm(__)m

▲この記事の目次へ

麦わらの一味・航海士ナミとは?

ナミの初登場は、コミックス第1巻のことでした。

バギー海賊団の宝を盗んで、バギーの部下から追われる身としてルフィの目の前に現れたのが始まりでしたね(^^)

ちなみに、アニメ版で登場順に記載されるはずの声優紹介の字幕。

登場順に言えば「ルフィ→ゾロ→ナミ」のはずなのですが、アニメでのスタッフロールは「ルフィ→ナミ→ゾロ」になっているんですよね(@_@)

これは、アニメだとナミがゾロより先に登場しているからなのです。

いや、ストーリーは大筋では変更されていないんですけどね(^^;)

アニメ版の第1話で、ナミはすでに「謎の少女」のような形で登場していたんです。

その後にゾロの登場となるので、アニメ版の声優紹介では「ルフィ→ナミ→ゾロ」の順番になっているのだとか。

ナミの出生と、ベルメールとの別れ

ナミの出生に関して、コミックス第82巻までの時点で分かっている最も古い情報は、赤ちゃんだったころの話です。

とある島での戦争の中。

当時海兵だったベルメールが出会った幼児がノジコで、彼女が抱いていた赤ちゃんこそが、生まれて間もないナミでした。

それをきっかけにナミは、ベルメールの故郷ココヤシ村で暮らすようになりました。

ノジコに関するリンクも、こちらに載せておきますm(__)m

さて。

ベルメールの愛情を受けてすくすくと育つナミとノジコ。

ところがナミが10歳だった当時、魚人海賊団のアーロン一味がココヤシ村へ突如押し寄せ、島を支配下に置くことを宣言しました。

圧倒的な実力でココヤシ村の人々を制圧し、奉具(ほうぐ)を納めさせることで支配下に置いたアーロン一味。

「大人ひとりあたり10万ベリー、子供ひとりあたり5万ベリー」

ベルメールに払えるほどの蓄えが無いと危惧しているゲンゾウをよそに、ついに魚人のひとりが、ベルメールの住む家を発見してしまいました。

ゲンゾウが尋ねたところ、ベルメールのその時の全財産は10万ベリーちょっと。

大人ひとりなら払いきれると安心したゲンゾウは、ベルメールの家に用意されたナミとノジコのぶんの食事を「自分たちが招待された」と嘘をついて、芝居を打ちます。

でも、ベルメールには嘘をつけませんでした。

支払った10万ベリーは、ナミとノジコ、5万ベリーずつ2人のぶん。

ベルメールは口先だけでも「ナミとノジコの親」であることを貫きました。

最期までナミとノジコへの愛を貫いて散っていったベルメール。

その直後、はっちゃんが見つけた海図がナミが描いたものだと知ったアーロンは、ナミを拘束して、自身のアジトに連れ去ってしまいました。

なお、ベルメールとアーロン、それぞれに関するキャラクター名鑑へのリンクはこちらですm(__)m

裏切られた約束と、航海士としての旅立ち

「1億ベリーで村を買う」

アーロンが突きつけてきた条件は、1億ベリーを支払えばココヤシ村を支配から解放するというもの。

1億ベリーを集める一方で、ナミはアーロン一味の測量士として海図を描く。

つまり、村を救う取引のために、ナミは親を殺した一味の幹部として身を置くことに決めたのでした。

のちにココヤシ村の人々がノジコを問い詰め、ナミの壮絶な覚悟を知ることになりますが、ココヤシ村の人々はヘタに期待を背負わせないよう、ときおりココヤシ村に帰るナミに対しては素っ気ない態度を貫いていました。

でも、ナミがそろそろ1億ベリーをためようかというそんなある日。

海軍第16支部のネズミ大佐がナミの元を訪れ、せっかく貯めたお金を政府機関として押収していったのです。

ネズミ大佐とアーロンとのつながりを察したナミはアーロン自身を問い詰めますが、アーロンは「自分が金の上の約束を破ったわけではない」と一蹴。

絶望にくれるナミは、ついにルフィに助けを求めたのでした。

ナミの心からの声を受け取ったルフィ、ゾロ、ウソップ、サンジはついにアーロン一味を撃破。

ナミは自身の夢である「自分の目で見た世界地図」をつくるために、麦わらの一味として航海士として海に出るのでした(^^)

数々の冒険をルフィ達とともに繰り広げ、シャボンディ諸島で一味がバラバラになったときには空島「ウェザリア」へ飛ばされました。

ウェザリアで2年間「天候の科学」を学んだナミは、自身の武器「天候棒(クリマタクト)」をより一層パワーアップ!

新世界の冒険へと、一味とともに船を進めるのでした(^^)

麦わらの一味航海士「泥棒猫ナミ」とは?

麦わらの一味の航海士を務めるナミは、世間では「泥棒猫(どろぼうねこ)」の異名で知られています。

元々は、アーロン一味からココヤシ村を買い取るためのお金も海賊から奪い取るなど「海賊専門の泥棒」として活動してきました。

アーロン一味に身を置いていた当時は、アーロンのタトゥーを左肩に入れられていました。

そのため、ストーリーの本編の中ではアーロンパーク編の直前まで、ナミが肩を出した洋服を着た描写が無かったのも特徴的でしたね。

でも、アーロン一味が壊滅し、晴れて麦わらの一味の航海士として出航する前には、Dr.ナコーに別のタトゥーを依頼していたナミ。

それが「みかんと風車(かざぐるま)」をイメージしたものだったのです!

「みかん」はベルメールで、「風車」はゲンゾウ。

ナミを幼少期から育ててくれた2人の「親代わり」の存在へのリスペクトかな(^^)?

ナミの海図への興味は幼いころから。

海図を描く能力に関しては幼少期から持ち合わせており、ココヤシ村の書店から興味のある本を(お金を払わずに)持ち出してきたことも、しばしばあったようです(^^;)

また、先ほどのとおり「みかん」が大好き。

ベルメールのみかん畑の木を、一味加入当時のゴーイング・メリー号の頃から甲板に乗せていました。

みかんなので一応食料にはなるんですが、ほかのメンバーは、食べたらナミに狙われると恐れて食べなかったとか……(^^;)

ナミの知識や能力の数々

ナミは、航海における数々の能力を備えていることでも、今までに印象的なシーンを見せてくれました。

たとえば天候変化の予知

グランドラインに入って間もないころ、リトルガーデン出航後に病気にかかったナミですが、天候が変わることを察知してゴーイングメリー号を避難させ、その後にサイクロンが発生する海域を抜けて見せました。

これにはアラバスタ王国女王のビビも、今までに見たことが無い航海士だと唸るほどでした(^^)

天候に関する知識だけでなく、肌で感じ取る「何か」があったんでしょうかね??

また、空島編ではウエイバーの操作も印象的でした。

ルフィは簡単に振り落とされてしまうジェットスキーのような空島の乗り物「ウエイバー」を、いとも簡単に乗りこなす器用さ。

コミックス第82巻までに限れば、麦わらの一味の中でウエイバーの操作ができるシーンが描かれているのはナミだけです(^^)

ほかにも。

ウォーターセブン編では、ロビンが連行されようとしている際に、エニエス・ロビーが正義の門がある場所であることを知っていました。

また、ゾウ編では「ジェルマ66」が空想上の悪の軍隊という認識を披露しペコムズに訂正されていますが、世経(世界経済新聞)を読んでいることを思わせる描写はありました。

ちなみに、ネーミングセンスもナミの能力(?)のひとつでしょうか(^^;)

アラバスタ編では砂漠で遭遇したラクダに「マツゲ」と名付けたり、チョッパーが連れてきたカニには「マツゲ」と名付けるなど、天才的とも言えるネーミングを披露していました(笑)

ナミの社交性とオープン度(?)

初登場間もないころ、アーロンパーク編までは、ナミはルフィ達に対しても心を開ききっていない面がありました。

そもそも、ルフィが海賊だと知り、最初は「仲間」としてではなく「手を組む相手」として行動を共にしていたんでしたね(^^)

でも、やっぱり転機になったのはアーロン一味の壊滅。

麦わらの一味の仲間になってからも、主に男性メンバーに対してはコミカルなシーンで蹴りやゲンコツなどの強烈なツッコミをくらわせていますが、仲間のことを思う優しさも随所に見せるなど、そのギャップも人気を集める要因のひとつのようです(*^-^*)

そうそう、麦わらの一味の仲間達には基本呼び捨てで呼びますが、唯一サンジにだけは「サンジ君」と呼んでいるのも印象的です。

また、ナミと言えば「お色気シーン」も印象的(^^)

スリラーバーク編ではドクトル・ホグバックの屋敷にウソップやチョッパーと一緒に訪れ、身体を洗いたいからとお風呂に入りました。

魚人島から出航した後も、海底から海面まで浮上する間はやることが無いからと、お風呂に入って寛いでいましたね(^^)

そして、ときに大胆にサービスショットを披露するのもナミの特徴的なところ!

アラバスタ編後には男湯と女湯に別れてお風呂に入りましたが、のぞきをする男達に対して伝説の技「幸せパンチ」を披露し、男性陣のほとんどを(ある意味)ノックアウトしていました。

エニエス・ロビーに向かう海列車「ロケットマン」の中では、直接の描写こそ無いものの、男性陣の前で堂々と着替えて、ガレーラカンパニーの職長3人組(パウリ-、ルル、タイルストン)から「ナイスハレンチ」の評価を受けています(笑)

そして!

下記サイトではナミは「もっとも魅力的なアニメ漫画の巨乳キャラ」というランキングで、堂々の第1位に輝いています(*^_^*)

峰不二子(ルパン三世)を抑えての1位ですからねぇ、コレはすごい( ̄ー ̄)!!

■最高最強プロポーション!!アニメファンが選ぶ「もっとも魅力的なアニメ漫画の巨乳キャラ」TOP20!
http://www.charapedia.jp/research/0083/4/

▲この記事の目次へ

ナミの戦闘と、これまでの敵たち

ナミは初登場からイーストブルー編までは、敵の幹部のキャラクターとの戦闘はほとんど描かれませんでした(^^)

それでもグランドラインに入って、ビビの祖国アラバスタが崩壊の危機に瀕している様子を知ったナミ。

自分にもできることをと、ウソップに武器の強化の相談を持ちかけたのが大きな転機となったのです!

アラバスタ編:ミス・ダブルフィンガー

アラバスタ編では、Mr.1(ダズ・ボーネス)とペアを組んでいたミス・ダブルフィンガーとの戦闘となりました。

はじめは使い慣れないクリマタクトの操作に混乱するナミでしたが、勝手をつかんでからはミス・ダブルフィンガーと真っ向から向き合い、ついに勝利。

敵の幹部クラスを相手にした、ナミにとって「ほぼ初めて」に近い戦闘でしたが、アラバスタ編のストーリー上も欠かすことのできない勝利となったのでした(*^_^*)

空島編:ホトリとコトリ(ガン・フォールと共闘)

空島スカイピアでは、神官サトリの三つ子の兄弟の片割れで、副神兵長のホトリとコトリの2人を相手にしました。

すでにエネルによってサンジとウソップが倒され、ナミはガン・フォールとの共闘で2人を倒す決意を固めました。

新世界編に入ってこそ少しだけ「落ち着き」のようなものを戦闘にも感じさせるナミ。

ですが、この頃のナミはまだ戦闘にあたって「私もやらなきゃ!」と奮起してから望む描写が見受けられますね。

ん〜、懐かしい(^^)!

ロングリングロングランド編:ポルチェ、カポーティ、モンダ(ウソップ、ロビンとのチームプレイ)

ロングリングロングランドに現れたフォクシー海賊団とは、戦闘と言うよりむしろ「ゲーム」のようなものでした。

勝負の内容は「ドーナツレース」と呼ばれる、島の外周1周レース(^^;)

「オヤビン」こと銀ギツネのフォクシーの姑息(?)な妨害も相まって、ナミ達は初戦のこのレースを落としてしまうのでした。

コレによって、一時的にチョッパーをフォクシー海賊団に奪われてしまうシーンは印象的でしたね(^^;)

エニエス・ロビー編:カリファ

ロビン奪還のため、クリマタクトを強化して臨んだCP9のカリファとの戦闘。

女性を蹴らず敗れたサンジに代わって、カリファと向き合ったナミ。

室内であらゆる天候の現象を駆使して、超人的な体技を身につけたカリファを上回ったのでした。

スリラーバーク編:アブサロム(サンジによる戦闘後、とどめを刺したのみ)

スリラーバーク編では、ナミへ結婚を迫るアブサロムとの戦闘でした。

……とはいえ、アブサロムにはほとんどサンジがダメージを与えていましたけどね(^^;)

アブサロムを完全に戦闘不能にして、結婚を阻止することに成功したのでした。

魚人島編:新魚人海賊団の戦闘員たち

魚人島編では、ナミは敵となる新魚人海賊団の幹部とは特に戦闘シーンは無かったでしょうかね(^^;)

でも、新魚人海賊団の戦闘員をクリマタクトの力で蹴散らすなど、麦わらの一味を蹴散らす大活躍でした。

パンクハザード編:バッファロー、ベビー5(ウソップと共闘)

パンクハザード編では、ドフラミンゴの命令で島を訪れたバッファロー&ベビー5のコンビを、ウソップとの共闘で倒しました。

背を向けた敵に対してバツグンの強さを誇るナミとウソップ(笑)

頼りになるんだか何なんだか……と言うところですが、こういう憎めないところも、ナミの良さのひとつでもあるんでしょうね(^-^)

 

これらのようにして、ナミは戦闘員として、あるときは麦わらの一味の援護要員として、戦闘でも活躍の度合いを増していくのでした(^^)

▲この記事の目次へ

スタイルの良さが伝わってくるナミの各種グッズ

さて、ふたたび長文テキストの考察から休憩を挟みます(^^)

ここでご紹介するのは、ナミのスタイルの良さが伝わる各種グッズです。

スタイルの良さバツグン!ナミのフィギュア等

 

 

 

 

 

ナミがルフィの服を着た!?

ナミのフィギュアの中に、おもしろいものを見つけましたよ(*^▽^*)

なんと、ルフィそっくりの服を着て、麦わら帽子も首にかけています。

 

ナミに関するその他のグッズ

ちなみに、ナミに関するこんなコミカルなグッズもあるんですね~(笑)( ̄▽ ̄)

▲この記事の目次へ

ナミの人気の要素は「衣装」にもあり!

ナミといえば、その明るい性格や笑顔、スタイルの良さだけでなく、様々な衣装も人気の要因と言えるでしょう。

このセクションでは、ナミの衣装について振り返ります(^^)

特に人気の高かったナミの踊り子衣装

ナミの衣装の中で特に人気が高かったものの一つが、アラバスタ編での「踊り子」の衣装ではないでしょうか?

足がすべて隠れるほどの布を腰に巻いて、上半身は胸当ての上から薄い布のような上着を羽織っていました(*^▽^*)

お腹の部分は全部露出していて、ナミのウエストのくびれがしっかりわかる衣装でしたね。

これには、香水を吹きかけたサンジなんてメロメロになりっぱなしでした(笑)

踊り子のほかにも、ナミの衣装は「かわいい」や「セクシー」といった反応があるモノがいっぱい。

今度、衣装をキーにして考察を深めるのも面白そうです(^-^)

ゲーム「海賊無双」シリーズのナミの衣装

ワンピースには「海賊無双」っていうシリーズのタイトルがあるんですよね(^^)

その中に登場するナミの衣装も、特徴的なものが多くて人気を集めています。

むしろ、コミックスやアニメとは別世界をほうふつさせる衣装もあって、ナミの新し一面を見られるようでありがたいものです。

例えば歴史もの系では、三國志の孫権の妹と言われている「孫尚香(そんしょうこう)」をイメージした衣装だとか。

和風な感じで「くのいち(女性忍者)」とか。

ストロングワールドの映画でも着ていた、赤・黄色・緑の服と合わせた「ホットパンツ」も、くびれがハッキリしていてセクシーな感じです(*^^*)

ほかにも、着物や冬服、ウエディングドレス、シャボンディ諸島再集合時の衣装や、ドレスローザ編の衣装まで盛りだくさんのご様子(^^;)

ドレスローザ編だって、ビキニっぽいガラ付きの胸当てと、超短いホットパンツでしたよね。

かなり露出の多い衣装だったのが印象的でした。

これはファンにはたまらないほどの選択肢の多さですね~(@_@)

▲この記事の目次へ

ナミの正体が人魚という説に対する当サイトの見解

「皆さん、知ってました?」

「ナミの正体って、人魚らしいですよ(*^▽^*)」

っていうことを、このセクションで繰り広げていこうかと、いうつもりは……

ない

んです(^^;)

このページを訪れる皆さんだったら、どこかのサイトの記事などで「ナミの人魚説」って聞いたことある方も多いと思うんです(^^)

「え!初耳なんだけどー!」っていう方。

なんか、そうらしいんですよ(^^;)

ナミの人魚説の本題に入る前に、筆者の見解を述べておきますね。

ナミは人魚なのかと問われたら「No!」です(^^)

その根拠や周辺の情報を、これから述べていくことにします!

ナミ人魚説の根拠1:
リュウグウ王国のしらほし姫と似ていること

ナミの人魚説の根拠として、良く引き合いに持ち出されるものの一つが「ナミがしらほし姫と似ているから」というポイントでしょう。

「ナミとしらほし姫、よく見ると顔がそっくりだね」っていう人もいるんです。

さっそくここ、切り込みたいんですね(^^;)

「そんなに似てる!?」

いや、少し似ているという言い方なら、筆者も同意なんです。

でも、例えばしらほし姫が装飾(?)を一式取りはらって、モノクロのコマで登場して「あ、ナミ?」ってなるかなぁ…。

でもね、「ナミとしらほし姫の境遇が似ている」というなら、その点は賛成です(*^_^*)

ナミ自身も、魚人島編でしらほし姫の置かれている状況から「境遇が似ている」という趣旨の発言をしていますよね?

ナミとしらほし姫の共通点を挙げてみましょうか(^^)

■長期間、自由な行動ができなかった

■母親にあたる人物(※)が銃で殺されている

■母親にあたる人物が残した言葉がどちらも、自分の置かれた環境のせいにしてはダメという趣旨のものだった

こんな風に設定上の類似点は結構あるんです、それは認めましょう。

でも、種族って「生まれつきのもの」で、境遇って「生まれてからのもの」でしょ?

だから、ナミとしらほし姫の境遇が似ているからって、イコールで「ナミが人魚」ってならないと思っています。

それって「しらほし姫は人間なんじゃないの!?」って言っているのと同じようなことだと思うんです(^^)

念のため、しらほし姫のキャラクター名鑑のリンクを貼っておきますm(__)m

ナミ人魚説の根拠2:
サンジの予想

コレに関しては、たった一言で片付けようと思います。

サンジがそう言ってるだけじゃんっ!

海上レストランを出て、ナミが向かった先が魚人海賊団アーロン一味の拠点だとヨサクから聞かされたシーンがありましたよね?

そこでサンジが「ナミさんは人魚なのでは?」という趣旨の予想をしているんです。

それに対してルフィがスケッチブックに、魚に長髪を生やした「なみ」の絵を描いていましたよね(笑)?

でも、それだけでって言うのは…ねぇ(^^;)

しらほし姫との対比以上に根拠が薄いと思うんです、スミマセンm(__)m

人魚の考察1:
ココロばーさんと孫のチムニー

ウォーターセブン編に、ココロばーさんと孫のチムニーっていう2人が登場したのを覚えていますか?

ココロばーさんはフランキーの師匠トムさんの美人秘書で、孫のチムニーとともにシフトステーションに立って海列車の運行に携わっています(^^)

ここで、ココロばーさんの情報としてキャラクター名鑑のリンクを貼り付けておきますm(__)m

チムニーも同様にしてキャラクター名鑑のリンクをm(__)m

でね?

この2人を出したのは「人魚のおばあさん」と「その孫」がどうであるかについて考えてみるためなんです(^^)

ココロばーさんは、シラウオの人魚だそうです。

女性の人魚は年齢が30歳を超える頃に、尾ひれが別れて人間のようになってくると。

だからシャボンディ諸島のヒューマンショップでは、若い女性の人魚がケタ違いの相場金額でした。

そして、魚人島編に登場したマダム・シャーリー(アーロンの妹)は29歳だったので尾ひれのままでしたね。

ココロばーさんはフランキーの幼少期にすでに人間のように歩けていましたので、その当時ですでに30歳以上だったと言うことなのでしょう。

でも、何かのきっかけに「人魚の状態」に戻ることも可能なようですね(*^▽^*)

エニエス・ロビー編で麦わらの一味が水流に飲まれそうになっていたとき、みんなをすくい上げてくれたのは人魚の状態になったココロばーさんでした。

つまり!

「人魚は30歳になると尾ひれが別れて人間のように歩けるが、人魚に戻ることもできる」

今のところナミには関係ありませんけどね(^^;)

……からの、チムニーいきましょう!

孫のチムニー。

まだ子供です。

ココロばーさんが純粋な人魚で、人間と結婚しました。

そのこどもが人間と結婚して生まれたのがチムニーです。

つまり、チムニーには4分の1だけ人魚の血が混じっていることになります。

その影響か、チムニーは泳ぎが得意という設定がありました。

チムニーの親、特にココロばーさんの側の親は、2分の1だけ人魚の血が混じっていることになるんですよね(^^)

でも、名前も、登場シーンもコミックス第82巻までには描かれていません…。

ここで考察も行き止まりか…?

いやいや、別のキャラクターを考えることで、まだ本質に近づけそうなんです。

次行きましょう!

人魚の考察2:
デリンジャー

次に考えてみるのがドンキホーテファミリーの1人、デリンジャーです!

デリンジャーは16歳、ちなみにレベッカと同い年です(^^)

デリンジャーは闘魚の半魚人(はんぎょじん)って言っていましたよね?

人魚じゃないです。

でも魚人島で発覚した遺伝の仕組みからして、筆者は魚人も人魚も、似たような遺伝の性質を持っていると判断して良いと思っています(^^)

と言ってるそばから、デリンジャーに現れた闘魚の性質は「遺伝子の古い記憶」どうのこうの、ではないと筆者は予想しているんです。

その根拠として、デリンジャーが言っていたキーワードを挙げますね。

闘魚の血スジ

言ってましたよね!?

「魚の血スジ」じゃなくて「闘魚の血スジ」ですって(^^)

サメの魚人の親からタコの人魚の子供だって生まれる可能性がある、魚人&人魚の遺伝の仕組み。

だのに、デリンジャーはまるで「自分の先祖は代々、闘魚の性質のみを受け継いできた」とでも言いたいように感じるんです(^-^)

だからね。

デリンジャーの両親の、少なくとも片方は「闘魚」の魚人か人魚だったんじゃないでしょうか?

もろタイムリーにコリーダコロシアムに闘魚がいましたから、そちらの親もドレスローザの出身だったのでしょうか?

それはさておき、デリンジャーは人間のきわめて近い状態から、戦闘時には変化を見せるんです(^^)

「鋭いキバ」や「背中のヒレ」

それはまるで、コリーダコロシアムの闘魚みたい!

デリンジャー周辺を洗って、情報を2つピックアップします。

[1]1種類の水棲生物のみを遺伝することも可能!

[2]半魚人(半人魚)も、人間の状態になったり魚に近い状態になったり変化できる!

デリンジャーの情報はキャラクター名鑑からどうぞm(__)m

さて。

デリンジャーのような変化は、チムニーにはできたのかな?

チムニーは第82巻まででは、泳ぎが得意なシーンだけ。

それこそ、純粋な人魚のココロがエニエス・ロビーで活躍したときも、苦しいって感じでしたよね?

チムニーが人魚っぽくなれるんなら、ここでまさに変化して、せめて足を引っ張らないくらいはできたハズなんです。

つまり、人魚(魚人)の血が4分の1以下だと、人魚(魚人)に近い状態に変化できないと予想されます。

人魚の考察3:
シャーロット・プラリネ

チムニーは4分の1が人魚の血で、足は子供のときから2本足でしたね(^^)

ビッグマムの娘でアラディンの妻・プラリネは「半人魚(はんにんぎょ)」だといいます。

プラリネの足はどうですか?人魚ですよね?

「半人魚だと足は人魚の足」

情報をまた1個、拾いましたね(*^▽^*)

ビッグマムは純粋な人間でしょう。

そうでなければ、プラリネ以外の子供全員も、魚人か人魚の血を受け継いでいることになってしまいますから。

プラリネの父親はどんな人物なんでしょう?

魚人か人魚かはいいとして、もしかしたらプラリネの父親も、娘と同じシュモクザメの人魚or魚人なのでしょうか?

シャーロット・プラリネに関する情報はキャラクター名鑑からどうぞm(__)m

人魚の考察4:
ジャック

こいつも出しておきたいんです。

ゾウを襲撃した張本人、旱害のジャック!

マンモスに変身できる悪魔の実の能力者ながら、海に沈んでも平気でいる描写がありました。

純粋な魚人か、半魚人か、クオーター(4分の1)か。

それをひとまず別としても、ジャックが魚人の性質を持っていることは、ほぼ確定で良いと思います(^^)v

じゃあ、ジャックはどれに該当するのか。

実は筆者、ここはまだ揺れているんです(^^;)

第82巻までのコミックスの情報だけじゃ判断できません。

あ、でもクオーターの可能性は消えますね。

チムニーは水中で苦しんでいましたが、ジャックはぜんぜん。

つまりジャックは水中でも耐えられるんです(^^)

▲ジャックのキャラクター名鑑のリンクを貼っておきますねm(__)m

ようやく結論(笑)
ナミは人魚の子孫か!?

さぁ、長かった前置きを経て、ようやく本題です(笑)!

ナミは人魚?それとも…

まとめてみましょうか。

■人魚は30歳を過ぎた頃から尾ひれが別れて人間のようになるが、人魚の状態に戻れる

■魚人は年齢にかかわらず二本足のまま

■半魚人は状況に応じて、人間に近い状態にも、魚人に近い状態にもなれる

■1種類の水棲生物のみ遺伝で受け継いでいける可能性は存在する

■半人魚は人魚の足にもなれる

■クオーターでは魚人や人魚の状態にはなれず、水中での呼吸はできない

コミックス第82巻までのストーリーを踏まえて、ナミはどれに該当するでしょうね?

近いものがあるとして、クオーターじゃないでしょうか(^^)

つまり、ココロよりはチムニーに近い。

だからね。

ナミの両親も、少なくとも、純粋な人魚や魚人ではなかったと予想できるんです。

ナミの先祖に魚人または人魚が「いたとしても」それは、おじいさんやおばあさん以前の世代ということ。

ちなみに、ナミのおじいさんやおばあさんが、ルフィのおじいさんのガープと関わりがあったら…?なんて考えました(笑)

そこはまだ何ともね…、この先の展開を待たないと何とも言えません(笑)

結論!!

ナミに人魚の血は受け継がれていない可能性大!!

仮に受け継がれていても「4分の1」以下!!

そんなこんなで、ナミの人魚説に対する、筆者なりの考察でしたm(__)m

▲この記事の目次へ

ナミのビキニ姿をじっくり集めた各種フィギュア

▲この記事の目次へ

ナミの存在感は映画版での絶妙なスパイス!

ナミは映画でも大活躍!

このセクションでは、ワンピースの映画版におけるナミを、いくつかの作品とともにふり返ってみましょうか(^^)

ナミとゾロの映画でのカラミ

さっそくですけどね、ナミとゾロのカラミから考えてみようと思います(^^)

ともにコミックス第1巻で初登場し、ルフィの脇を固めてきた「ヒロイン」「準主役」と言っても良いほどの2人。

本稿執筆時点(2016年秋)のジャンプの連載やコミックスでは、ドレスローザ編以降ほとんど別行動を取っていたため、直接の会話自体が無かったナミとゾロ。

そんな2人が映画の中で大きく関わった作品の一つが、原作のストーリーを元にした「エピソード・オブ・アラバスタ」です!

ゾロとナミのコンビが、バロックワークスの「Mr.1」と「ミス・ダブルフィンガー」のペアと戦闘をしましたよね?

標的は「弱者」から消すと言い、まずナミを狙ったMr.1とミス・ダブルフィンガーの2人。

しだいに追いかけるのが面倒になったようで、Mr.1がスパスパの実の能力を使って猛然とナミに斬りかかったのです!

その間に入ったゾロが自信の刀でMr.1の斬撃を避け、ナミは事なきを得ました(^-^)

同じアラバスタ編でも、ゾロがナミをおんぶするシーンがありましたよね(笑)

ナミがミス・ダブルフィンガーとの戦闘で「立てない」と言い張って、時計台のある広場までゾロに負ぶさっていったのでした。

こんな風にナミはゾロのことを、その体力やタフさを活かして良いように扱っています(^^;)

考え方によっては、これもナミなりのゾロへの「信頼」なのでしょうか…(笑)

映画「STRONG WORLD(ストロングワールド)」でのナミ

次は「STRONG WORLD(ストロングワールド)」でのナミについて(^^)

航海におけるナミの能力を評価した金獅子のシキは、ナミを連れ去ってしまうんです。

なかばムリヤリにナミを仲間に引き込んだシキですが、ナミはルフィたちに向けて、音貝(トーンダイヤル)に声のメッセージを残すんですしたね(^^)

ルフィたちでは金獅子のシキには敵わない。

そういう趣旨のメッセージにルフィは憤慨するんですが、ほかの仲間達は「絶対助けに来て」という内容の、ナミの最後の一言を聞いて、ナミの意図をくみ取ったようでした。

……えーと(^^;)

ここ、筆者も良く理解し切れていないかも知れません。

ネットなどでもよく議論になるポイントなんですよね。

シキに連れ去られるナミは、どんな意図で音貝(トーンダイヤル)にメッセージを残したの!?

コレですね。

ファンの方々の間で、主な解釈の仕方が「2つ」あるんです(^^)

【考え方1】ナミは、シキに聞こえないように助けに来てと言った

ナミがシキの前で、音貝(トーンダイヤル)にメッセージを残したと考えられる唯一のシーン。

どうもねぇ、このシーンを見ていると、ナミがルフィたちに向けた、助けに来てと残すシーンだけ「シキに聞こえないように言っている」ようにも解釈できそうなんです(^^)

ナミがメッセージを言い終わって、音貝(トーンダイヤル)を置くシーン。

ここに、微妙な「間」のようなものがあると。

その絶妙な「間」に、ナミはシキに気付かれないようにメッセージを残したのかな?

これが1つ目の考え方です(^^)

【考え方2】ナミが助けを求めても、シキは気にしないと悟っていた

2つ目の考え方は、シキはナミを引き込むという自身の行動が、ムリヤリだと理解していた場合です。

シキにとっては、ナミの能力さえ手に入ればOK!

ナミの本心は、実はどうでも良かったのではとも予想できます(@_@)

そのうえ、シキは自身のフワフワの実の能力で、ルフィたちをオブジェの中に閉じ込めてしまいました。

「こんな風にやられちゃうんだったら、たいした敵じゃ無い」

そんな思いがシキにあったのだとしたら…?

ナミがルフィたちへ助けに来てとメッセージを残したところで、シキにとっては「簡単に倒せる相手」くらいに思っていたのではないでしょうか?

最後に「助けに来て」と残したところで、ナミの未練くらいにしか思っていなかったのかも知れません、シキはね。

これが2つ目の考え方です(^^)v

映画「Z」でのナミ

次は、2012年に公開された映画「ONE PIECE FILM Z」でのナミについて。

Zでのナミは、特に男性ファンにとってはたまらないものだったようですね(*^-^*)

Zことゼファーの部下のアインがモドモドの実の能力者で、その影響を受けてしまったナミは、年齢を12歳戻されてしまうんです。

つまり、ナミは映画「Z」の本編の多くを、8歳の姿で過ごしているということ(^^)

これには、少女時代の波を見られて喜んでいるファンも多かったとか(笑)

筆者が見た限りでは男性ファンも多かったです。

でも、女性ファンからも好評だったようですね。

筆者が見た限りの傾向としては、

男性ファン…ナミが少女の姿になったこと自体に喜ぶ

女性ファン…ナミの少女の姿だけでなく、ツインテール姿や細かい特徴についても喜ぶ

でした(*^^*;)

Zの一味にリベンジを果たすためにナミは、ウソップ、チョッパー、ロビンとともに情報収集チームとして行動。

(ロビンもモドモドの実で、18歳まで戻ったんですねぇ…、ちょっと雰囲気違ってて良いなぁ…。ぼそぼそ…)

戦闘はほぼルフィ(VSゼファー)、ゾロ(VSアイン)、サンジ(VSビンズ)に限られました。

でも、麦わらの一味の勝利にあたって、ナミ達の暗躍が有効に働いていたようにも見えますね(^^)b

映画「GOLD」でのナミ

次は映画「ONE PIECE FILM GOLD」でのナミについてです。

ゴールドでのナミは、彼女自身が重要人物かと言われると、そうでもないんですよね(^^)

でも、ナミと大きく関わりのあった「カリーナ」が、この映画の展開のカギを握っているんです。

そのカリーナが麦わらの一味の近くでどんな動きをするかという意味では、ゴールドにおけるナミの行動も少なからず重要な意味を持っていました(^^)v

元々、ナミとカリーナは知り合いどうし。

テゾーロのエンターテインメントの中では美声を響かせる歌姫的な存在のカリーナですが、少女時代は「女狐(めぎつね)」の異名で知られる泥棒だったようで(^^;)

ナミの「泥棒猫(どろぼうねこ)」とカリーナの「女狐」。

年齢もカリーナが1歳だけ下ということもあって、ナミがココヤシ村を買い取るために宝を集めていたころに、何度か接点があったようですね。

そこへ絡んでくるのが、アニメ版で登場したマッド・トレジャー

小栗旬さんが声優を務めたことでも知られる男ですね(^^)

「ジャラジャラの実」の鎖人間でしたっけ。

そのマッド・トレジャーの財宝に手を付けたとき、不運にもトレジャーに見つかったナミとカリーナ。

そのときに、カリーナが巧みに嘘をつく形で、ナミを「おとり」のようにして逃げたことが、ナミとカリーナの因縁の原因のようです…。

ナミの少女時代の「海賊専門の泥棒」のころが、少しだけ分かったシーンでしたね(^^)

映画版の情報がジャンプの連載の本編に絡んでくるかは分かりません。

ただ少なくとも、矛盾した内容では無いはずです。

制作に尾田栄一郎先生が関わっているなら、なおさらね(^^)b

ちなみに、ナミとカリーナがトレジャーの財宝を狙った一件。

これって、イーストブルーの出来事ですよね…?

ナミは第1巻以降、バギーからグランドラインの海図を奪って入ろうとしていました。

麦わらの一味としてグランドラインに入るときも、それまではまるで入り方を知らなかったような印象を受けるのです(@_@)

ということは、それまでは少なくとも、グランドライン入りはしていなかったはずですよね?

 

映画でも独特の存在感でストーリーを引き立てるナミ。

次回作ではどんな活躍を見せてくれるでしょうね(^-^)

▲この記事の目次へ

ナミのタトゥーと、大切な人たちの思い

このセクションで取り上げるテーマは、ナミの「タトゥー」についてです。

ストーリーが進むにつれて、ナミのタトゥーのデザインも変わっていますよね(^^)

そこにはどんな意味が込められているのか、ちょっとふり返ってみましょうか。

初期のナミのタトゥーは「アーロン一味」の証!

初期のナミのタトゥーは「アーロン一味」のマークでした。

マークは、ノコギリザメの鋭い印象。

ココヤシ村の人々も、ナミの左腕に付けられた「それ」を見た瞬間に、アーロンのタトゥーだと認識しています。

でも、アーロン一味に望んで入ったわけでないナミは、このタトゥーが大嫌いでした。

幼いながらに誰にも見られたくないという思いも強かったようです。

特に、ココヤシ村を買い取るためのお金をアーロンの差し金で海軍支部に押収されてしまった後は、ナミは自らの腕のタトゥーの部分を、ナイフで何度も何度も刺しているシーンは衝撃的でしたよね……(T_T)

ココヤシ村出航時のタトゥーは「みかんと風車」

そんなアーロン一味の呪縛からも解かれて、自由の身になったナミ。

麦わらの一味の航海士として出航する前に、Dr.ナコーから新たなタトゥーを入れてもらっていました(^^)

それが「みかんと風車」をあしらったもの。

アルファベットの「S」をクロスさせたようなその形は、まるでココヤシ村の駐在ゲンゾウがナミをあやすために帽子に付けた「風車」のようです。

そして「みかん」は、言わずと知れたベルメールを象徴するもの。

クロスした「S」の先端のひとつに、みかんの果実をぶら下げています(^-^)

ナミは、自分を育ててくれた「2人の恩人」のことをタトゥーにして、航海士としての新たなスタートを切ったのでした。

忘れるなかれ!ノジコもタトゥーを入れている!

ちなみにね。

ナミの義理の姉・ノジコもタトゥーを入れているんです(^^)

ナミがアーロン一味のタトゥーを入れた後のころ、ノジコ自身も肩や腕のあたりに曲線的なタトゥーを入れたのでした。

このノジコのタトゥーを入れたのは、やっぱりDr.ナコーなのでしょうか??

ともあれ、一部の読者の方の間では、

「ノジコが成長したときにタトゥーの輪郭がぼやけてしまうのでは?」

というツッコミ的な意見もあったようです(^^;)

それほど、Dr.ナコーのタトゥーを入れる技術は優れていたと言いうことなのでしょうか…。

ちなみに、ココヤシ村の医者・Dr.ナコーに関する情報はキャラクター名鑑からもご覧いただけますm(__)m

▲この記事の目次へ

映画「ONE PIECE FILM GOLD」でのナミの関連グッズ

2016年夏に公開された「ワンピースフィルム”ゴールド”」では、幼なじみだったカリーナとの再会など、新たな一面を見せてくれたナミ(^^)

衣装もセクシーで、ナミの魅力満載でしたね!

ここでは、映画「ゴールド」のナミのフィギュアを中心にご紹介します。

ナミの「ONE PIECE FILM GOLD」関連フィギュア

 

ナミの「ONE PIECE FILM GOLD」関連グッズ

 

▲この記事の目次へ

ナミの過去と「ナミはDの一族!?」という噂に対する筆者の見解(*^▽^*)

ナミは、その辿ってきた半生も非常に印象的なところがあります。

住んでいた村を突然征服され、支配から解放するために身を置いた「親の仇」の居場所。

ナミのたった1人の戦いも含めて、ナミの過去に関する情報を振り返りつつ考えてみましょう(^^)

ナミの過去

別のセクションでも触れていますが、ナミはココヤシ村を救うために、たった1人で8年間も戦ってきました。

村を救う唯一の取引のために、ナミは義母のベルメールさんを殺したアーロンの一味に身を置くことになります。

一度はナミを突き放すゲンゾウたちココヤシ村の人々でしたが、どうしても信じられなかった彼らは、あとになってノジコを問い詰めたのだそうです。

そこでゲンゾウたちが知ったのは、ナミが泣かないと固く誓って、ココヤシ村を買い戻すためのお金を、海賊を相手に稼ごうとしていたところ。

ワンピースの世界では、海賊相手の泥棒ならセーフという評価。

少しずつ、時間をかけてお金は集まっていきましたが、あと一歩のところで海軍支部のもとへ。

絶望し、しびれを切らしたココヤシ村の人々は、ついに魚人たちを討とうと武器を手にしました。

ナミだけに頼っていちゃいけないんだ。

自分たちの力で村を取り戻す。

勝てなくたって意地を見せる。

ナミの優しさを踏みにじるやつらは許さない!!

そんな思いをにじませるココヤシ村の人々にも、グッと来るものを感じてしまいますね。

そうやって、コミックス第9巻を中心に描かれたのが上記のお話。

一方で、コミックス第82巻までのストーリーで、ナミの過去に関して挙げた主な謎についての記事もあります。

これらはきっと、今後のストーリーで明らかになっていくのでしょう(^-^)

良ければどうぞm(__)m

ナミを苦しめたアーロンの過去

ナミの半生を語る上で、どうしても避けて通れないのが魚人海賊団から解き放たれた「アーロン」です。

圧倒的な力でココヤシ村を支配したアーロンとその一味。

彼らはかつて、フィッシャー・タイガーやジンベエらとともに奴隷解放を掲げてタイヨウの海賊団として暴れ回っていた者たちでした。

人間に騙される形でタイガーが死んでいったことをきっかけに、黄猿によって捕らえられたアーロン。

その釈放の意図もあってか、アーロンの兄貴分のジンベエは民族の友好ともとれる「王下七武海への加入」を決意するのでした。

でも、アーロンはジンベエ達のもとへは帰らずに、イーストブルーへ。

やがてナミとの対面を果たしたジンベエは、彼女を苦しめてしまったことを涙ながらに詫びるのです。

でも、自由を得たナミは前向きでした。

自身が嫌いなのはアーロンだけ。

ジンベエに悪意があったわけではないと言ってみせるのでしたね(^-^)

アーロンパーク編では、人間を過当な種族と呼んでいたアーロンたちが印象的でした。

その一方で、魚人島編ではその魚人たちが人間から迫害を受けてきた歴史も明らかになっています。

そして、アーロンたちの「人間」という種族に対しての恨みや憎しみも、それを受け継ぐホーディ・ジョーンズの野望も交えながら描かれていましたね。

さて、アーロンに関する情報は、キャラクター名鑑からもチェックできますm(__)m

大穴予想!ナミはDの一族なのか!?

このセクションのラストとして、ナミに関する「大穴的な予想」をしてみます。

それは、「ナミもDの一族なのか!?」ということ(^^)b

いやいや、この説は一部の方々の間でも囁かれているそうですよ!?

コレを筆者なりに考察してみますね。

結論から言うとナミはDの一族じゃないと思います。

でもね。

Dの一族と似たような描写なら、ナミの近くにあったんです!

キーワードは「笑顔」と「死」です(*^▽^*)

これまで、Dの一族の誰かが「死」に直面する、あるいはそうなりかける状況で、必ずと言って良いほど「笑顔」も描かれるよね、というもの。

例えばルフィ!

彼はローグタウンでバギーから処刑されそうになりましたが、雷が落ちる直前に「笑顔」を見せています。

マリンフォード頂上戦争で亡くなったエースも、死に際に「笑顔」を残しています。

そのエースを産んで亡くなったというルージュも、エースを出産したシーンでは「笑顔」を浮かべているようにも見えます。

この直後にジュールがなくなったとしたら、法則に当てはまりますよね?

あとはサウロ。

かれもDの一族ですが、ロビンを逃がす際にクザンの「アイスタイムカプセル」を受けながらも笑っています。

少なくとも当時の海兵たちにはサウロは「死んだ」と見なされており、彼もまた「笑顔」を浮かべているひとり。

どうです?

Dの一族に関して、「死」と「笑顔」はけっこう密接な関係がありませんか?

「だからこそ、ナミはDの一族じゃないと思うんです(^-^)」

OK?

赤ちゃんのころのナミは笑っていましたよね?

そこで死にそうになっていたのはナミでしたっけ?

ベルメールさんでしたよね?

ナミじゃない。

確かに赤ちゃんのころのナミは笑顔を浮かべているシーンがあったんですが、密接な関係だったのは「ナミ自身の死」ではなかったんです。

だから、ナミはDの一族ではないと筆者は予想しています(^^)b

▲この記事の目次へ

ナミの実の両親の謎

ナミの親はどこにいるの…!?

改めて考えてみると、ナミの両親に関する情報は、ほぼ皆無なんですよね(^^;)

育ての親というか、ココヤシ村での「親代わり」のような存在ならいますよね?

ノジコとともに3人で暮らして、ナミに生きることの楽しさも教えてくれた元・女海兵のベルメールさん。

そして、ナミの笑顔を奪うなとルフィに強く託したココヤシ村の駐在のゲンゾウでしょう(^^)

でも「生みの親はどこにいるの?」っていう話なんです。

こちらの記事では、「ナミって古代兵器ウラヌスなの?」という説に少しだけ触れています。

それプラス、「ナミ」っていう名前はベルメールやゲンゾウじゃなくて実の両親が付けたんじゃないの!?という説を考察しています。

よろしければどうぞm(__)m

こちらの記事では、そのほかに、ナミのちょっとしたシーンから「実の両親」に関連しそうなシーンをピックアップしてみます(^^)b

ナミは女性の海兵に弱い?

話はまず、パンクハザード編までさかのぼります。

ルフィとシーザーとの戦闘も決着して、

「さぁ、シーザーも捕らえたし、次の島へ行こうか」

となった場面。

シーザーの研究の犠牲になっていた子供たちをどうしようかというところで、ナミはたしぎから強く言われていたようですね(^^)

たしぎは、涙まで流しながら、パンクハザードの子供たちを政府で引き取るとナミに言ったようです。

それを受けてのナミの一言を引用します。

私女海兵さんのまなざしに弱いんだ
(第696話「利害の一致」より)

今回だけの話かも知れません。

そうでないとしても、ベルメールさんだけを引き合いに出した話かも知れません。

でもね。

ナミが女性の海兵のまなざしに弱いのは、ベルメールさんに出会う以前に感じていたものだとしたら……?

つまりは「まさに生まれた直後、ベルメールさんにも出会う前のこと」だとしたら、どうでしょうか?

ナミは生まれて、戦場でノジコに抱えられて、そしてベルメールさんと出会ったんですよね?

この、生まれてからノジコに抱えられるまでの間に「涙を流して頼む女性の海兵」が存在していたとしたら…?

生まれたばかりのナミは「彼女」のことを見たことで、涙を流す女性海兵に対して感じるものを持つようになったのかも知れません(^^)

で、誰から誰への涙なのか。

泣いて頼んだ相手は登場していますよね?「ノジコ」じゃないでしょうか?

「お願い、この子を引き取って!」って。

そして、ノジコに泣きながらナミを託した人物。

ナミが生まれて間もなくと言うことは、その人物は「ナミの実の母親」だったりして…。

つまり、ナミの実の母親は海兵で、泣きながらナミをノジコに託したなんていう予想をしてしまうのです(^-^)

だとすると「ベルメールとは面識なかったの?」ってなるんですけどね(^^;)

あるいは未来、ナミはまた、涙を流す女性の海兵からまなざしを向けられることがあるのでしょうか?

だとしたら、再びたしぎ?あるいはヒナ?まさか…、おつる?

それはどうでしょう、今後を見守ってみましょうか(^^)

▲この記事の目次へ

ナミがサンジとコラボレーションしている各種グッズ

ナミのことが大好きなサンジ(*^▽^*)

パンクハザード編では、ナミとサンジの精神が入れ替わるなんてこともありましたよね~。

ナミはサンジのこと、どう思っているのかな( ̄▽ ̄)?

ここでは、ナミとサンジがコラボしているグッズをご紹介します!

▲この記事の目次へ

ナミが悪魔の実を「食べるとしたら?」の予想

ワンピースの読者の一部の方々の間では、

「ナミはいずれ悪魔の実を食べるんじゃないの!?」

「ナミが悪魔の実を食べることで、古代兵器ウラヌスになるんじゃないの!?」

という噂もあるそうですね(^^)

コレは面白いと思います!

筆者は、古代兵器ウラヌスにまでつながるかは分かりませんが、ナミが悪魔の実を食べるという可能性は「0%でも100%でもない」と思っています。

あくまでコミックス第82巻までの情報の限りではね(^^;)

悪魔の実を食べるとも食べないとも断定しきれませんが、ここでは仮に、

ナミが悪魔の実を食べるとしたら、こんな実かな?という予想を連ねてみたいと思います。

やみくもに脈絡のない予想をする訳ぢゃない…

それでね。

何の根拠もなく、アレだコレだと言っても意味がないと思います。

「しばり」を設けましょうか、テーマというか条件というか。

ちょうど良い「しばり」があるんですよ、それ使いましょう(*^▽^*)

麦わらの一味・悪魔の実の能力者「数字の法則」!!

何かと言いますとですね(^^;)

■ルフィ:ゴムゴムの実
→ゴ(5)ム(6)

■チョッパー:ヒトヒトの実
→ヒ(1)ト(10)

■ロビン:ハナハナの実
→ハ(8)ナ(7)

■ブルック:ヨミヨミの実
→ヨ(4)ミ(3)

こうやって、麦わらの一味で現在4人いる「悪魔の実の能力者」の実の名前を語呂合わせにしたとき、「2」と「9」に当たる悪魔の実の能力者がいないのでは?というものです。

語呂合わせ「2」と「9」の悪魔の実とは!?

ちまたでは、その「2」と「9」の語呂合わせに当たる悪魔の実の能力者が誰かと、話題になることもあるんですよね(^-^)

ニキュニキュの実の能力者の「バーソロミュー・くま」じゃないか、とか。

あるいは「錦えもん」が服を出す能力者だからフクフクの実なんじゃないか、とか。

ん〜、どれもありそうですね(^-^)

……でもね。

筆者が何を言いたいか、お分かりでしょうか。

ナミが悪魔の実を食べると仮定して、それが「2」と「9」の語呂合わせだとしたら何だろう!?

コレです(笑)!

ナミが悪魔の実を食べるとしたらどんな実なのか、想像力をたくましく考えてみましょうか(*^▽^*)

語呂合わせ「2929」の場合

「29」という数字で語呂合わせするとしたら…?

例えば「肉(にく)」で、ニクニクの実とか。

「ぜい肉」じゃなくて「筋肉」のほうですよ、ナミが筋肉もりもりとかね(^^)

あるいは「福(ふく)」で、フクフクの実なんていかがでしょう??

自分や周囲に幸運をもたらす実、だけどこれは映画「GOLD」でバカラが似たような効果の「ラキラキの実」という実を食べていたから微妙かな…(^^;)

あとは「ブック(本)」という具合で、ブクブクの実の「情報蓄積人間」なんてどうでしょう?

そして「付く(くっつく)」で、ツクツクの実の効果で、一度くっついたら簡単に離れない能力を得るとか(^-^)

語呂合わせ「9292」の場合

一方で、「92」のほうでも語呂合わせを考えてみましょうか。

たとえば「キューブ」で何でも四角形や直方体にする能力なんですが、だとするとキュブキュブの実になるのかな…(^^;)?

ちょっと語感がアレですね(笑)

あと、さっきのフクフクの実ともかぶるんですが、「籤(くじ)」のクジクジの実で、くじ運が良くなるとか。

または「国(くに)」で、クニクニの実とか。

国を作る・滅ぼす(怖)の話じゃなくて、仮に「国の輪郭を把握する能力」だったら海図や地図の作成にも役立つ能力にもなると思うんです。

もしくは9を「ナイン」と読ませて「ナイフ」なんて語呂合わせもできるんでしょうが、悪魔の実の名前にしづらいですよね(苦笑)

ナイナイの実…、ちがうか。

「2」と「9」の語呂合わせの悪魔の実候補!

ここまでをまとめましょうか。

前提として、ナミが悪魔の実を食べるとしましょう。

そのうえで、仮に「2」と「9」の語呂合わせの名前だとしたら、これらはどうかなと思います(^-^)

【候補1】
ブクブクの実の「情報蓄積人間」

【候補2】
クニクニの実の「陸・海の測量自在人間」

どうかな〜……(^^;)?

▲この記事の目次へ

ナミを、ほかの女性人気キャラクターと比較する

ワンピースの女性キャラクターの中でも、特に人気の高いナミ(^^)

まさに「ワンピースのヒロイン」といっても差し支えないほどの人気ですが、他のキャラクターの人気もそう簡単には劣りません。

特に、ロビンやビビ、ハンコック、ペローナといった、モデルさん体系でそれぞれに特徴を持った女性キャラクターも人気を集めています。

このセクションでは、ナミと他の女性キャラクターを見比べてみたいと思います(^^)v

ナミ&ロビン&ハンコックの3サイズの比較

まずは、ナミ&ニコ・ロビン&ボア・ハンコックのスタイルを比較してみます(*^▽^*)

ナミ 18歳時点(初登場時)
身長:169cm
バスト:86cm
ウエスト:57cm
ヒップ:86cm

18歳時点(ウォーターセブン編)
身長:169cm
バスト:95cm(Iカップ)
ウエスト:55cm
ヒップ:85cm

20歳時点
身長:170cm
バスト:98cm(Jカップ)
ウエスト:58cm
ヒップ:88cm

ロビン 28歳時点
身長:188cm
バスト:99cm(Iカップ)
ウエスト:59cm
ヒップ:89cm

30歳
身長:188cm
バスト:100cm(Jカップ)
ウエスト:60cm
ヒップ:90cm

ボア・ハンコック 29歳→31歳
身長:191cm
バスト:111cm(??カップ)
ウエスト:61cm
ヒップ:91cm

ハンコックは1通りですが、ロビンは28歳時点と30歳時点の2通りのステータスです。

ナミに至っては18歳時点でも初登場時とウォーターセブン編のころとで違っているので3通りものステータスです(゚д゚)!

ナミといい、ロビンやハンコックといい、ワンピースの女性キャラクターは、おっぱいの大きいキャラクターが根強い人気なんですよね…(^_^;)

少し似ている?ナミとロビン

次に扱うのは「ナミとロビンって、ちょっとだけ似ている!?」という点です(^^)

丸っきりそっくり、ってわけじゃないんですよね。

でも、少し「軸」みたいな部分で似ていると。

例えば、麦わらの一味を離脱していることなどは分かりやすいですね。

ナミの場合はバラティエからメリー号に乗って離脱。

ロビンの場合はウォーターセブンで仮面をかぶったブルーノとすれ違ったことを機にCP9と行動を共にしていました。

重ねるなら、当時の彼女たちの本心としては、麦わらの一味を傷つけたり困らせたりする意思はなかったようにも解釈できます(^-^)

 

ナミとロビンは、幼いころからの足跡も似ています(^^)

まず、生まれて間もないころに両親と離れているところも共通点と言えるでしょうか。

次に、タイミングこそ違いますが、ナミはベルメールさんが、ロビンにはサウロが、どちらも元海兵がキーパーソンといえます。

しかも、どちらも彼女たちに「生きることの楽しい一面」を教えていることも共通点でしょう。

また、ナミは魚人の支配で、ロビンはバスターコールで、2人とも8歳の時に故郷に関して大きな転機を迎えていることが挙げられます。

 

そして、ナミとロビンの両者には「自由に行動できない要因(トラウマ)」があると言えるでしょう。

ナミの場合は1億ベリー払って買い戻す約束の「ココヤシ村」が。

ロビンの場合は故郷のオハラを滅ぼされた「バスターコール」が、それぞれ彼女たちの行動を制約する要因にもなっていました。

さらに、彼女たちの離脱という出来事が起こった前後には、別の大事件が連続して発生していたことも印象的です。

ナミの場合は王下七武海のミホークがイーストブルーのバラティエまで来ましたし、ロビンの場合はほぼ同時にウソップの離脱でも、もめていました。

かと思えば、麦わらの一味が彼女たちを追いかけるときは、先発組と後続組に分かれていたところまで似ています(^^)

ナミの場合は「ゾロ&ウソップ/ルフィ&サンジ」で別れましたし、ロビンの場合は「サンジ&ウソップ&フランキー/ルフィ&ゾロ&ナミ&チョッパー」に分かれています。

これだけの共通点。

偶然といえば偶然、こじつけといえばこじつけかも知れませんが、ちょこちょこと似たポイントを残しているナミとロビン。

これらの描写は意図的なものなのでしょうか…?

 

さて。

こちらでも、ナミの初登場時からのスタイルの変化を、スリーサイズなども踏まえつつ振り返っている記事をご紹介します(*^▽^*)

さらに!

こちらの記事では「ワンピース世界三大美女」と呼ばれている(いない?)3名のキャラクターのスタイルや美貌などについても触れています。

果たして、これらを「考察」というのかどうか……(笑)

▲この記事の目次へ

ナミのセクシー系グッズ

ナミが登場するシーンの中で入浴シーンはやはり、男性ファンを中心に人気が高いんです(*^▽^*)

ナミがお風呂に入っているシーンは、アラバスタ編や魚人島編の後などに描かれており、ナミの胸などの描写が好まれていますね。

ここではナミの入浴シーン……、とまではいきませんが、セクシー系を中心としたナミのグッズをまとめてみました(^^)v

ナミのマウスパッド(ロビン&ハンコックも)

 

ナミのフィギュア(水着&セクシー系)

 

▲この記事の目次へ

まるでナミみたい!?Instagramで話題になったマレーシアの人気者

以前、マレーシアのタレントさんがInstagram(インスタグラム)をきっかけに話題になったようですね(^^)

林明禎(リン・ミンチェン)さんというその方、すっごい美しいプロポーションを披露してくれているんです!

その姿が「まるでワンピースのナミみたい!」ってことで、Instagramをきっかけに話題になっていたんだそうです。

筆者は「ナミに似ているか」と問われたら「No!」なんですね(^^;)

本音を言っちゃうとね。

でも、ミンチェンさんが見せてくれる明るい笑顔や魅力的なスタイルは、ナミに通じるものもあるかも知れません(^-^)

この件について考察した記事へのリンクと、その下にはミンチェンさんのInstagramアカウントもご紹介します(^^)

コピーしちゃうとアレですからね。

Instagramに備わっている「埋め込み」機能でのご紹介ですm(__)m

※下記の写真はインスタグラムの「埋め込み」機能を利用したものです。

My SECRET❤️KEEP GOING

林明禎さん(@minchen333)が投稿した写真 –

▲この記事の目次へ

ナミにまつわる様々な謎に挑戦!

さぁ、ナミの【鬼考察】もそろそろ終盤(?)です!

ここでは、ナミに関して少し囁かれている「ウワサ」や、大穴的な予想についていくつかご紹介します(^^)v

ナミとトラファルガー・ローは兄妹!?

いきなりですが「ナミとローは兄妹なんじゃないの!?」という説があるんだそうですね(^^;)

ローは妹のことを「ラミ」と呼んでいるけれど、

「本当はナミなのに、幼くて滑舌が回らないからラミになっちゃってるんじゃないの!?」

というのが根拠だとか(※諸説あり)。

筆者はね、その可能性は無いと思います(^^;)

ただ「あの子とナミとが同一人物じゃない」っていうことだけ確定なのかなって。

一度それを「ミスリード」みたいにして見せつけておいて「実はナミとローは兄弟でした!」っていう展開はゼロではないのかな。

ただ「ゼロではない」といっても、やっぱり可能性はきわめて低いと思いますけどね…(^^;)

え、ナミとエースのほうが兄妹!?

さて、今度は「ナミとエースが兄妹なんじゃないの!?」という説。

皆さん、こういうのスキですねぇ…(^^;)

でもね。

筆者は「ナミとローとの兄妹の可能性」よりは、いくぶんあり得ると思います。

ほんんんの少しだけね(^^;)

その根拠ともいえそうなのが、エースの実母ルージュが、エース以外に付けようとしていた名前が「アン」であることと、ナミのローマ字表記「NAMI」との関係です。

ただ「アン」を英語表記にすると「AN」じゃなくて「ANN」じゃなかったかなぁ??

どなたか知っている人いますか〜?

ナミが「海図」でなく「地図」を描く必要性が出てくる!?

ナミと言えば、アーロン一味では「海図」を描き続ける測量士だったようです。

でも、ナミの個人的な夢は「世界地図」を描くことでしたよね?

「海図」じゃなくて「地図」っていうのが引っ掛かる!

空島ウェザリアにいた2年間はきっと、青海を見下ろしながら「地図」を描くこともできたのかなぁ…?

そんなことを考えながら書き上げた考察です(^^)b

ナミはルフィに惚れている!?

余談です。

皆さんは、ナミがルフィに惚れていると思いますか?

アーロンパーク編ではナミの心の声を受け止めて魚人の一味に立ち向かっていったルフィ。

彼に助けられることも、ナミは多くありました。

そんなナミは、ルフィに惚れているかどうか。

皆さんのご意見をいただくため、投票形式にしました!

2つの箇所での投票結果をご紹介します(*^▽^*)

まずはTwitter!

■惚れている:24%

■惚れていない:76%

「惚れていない」というご意見が大半を占める中で、およそ4人に1人が「惚れている」と回答!

Twitterのアンケートは終了していますが、▼こちら▼のアンケートは無期限で受付けています(*^▽^*)

メールアドレスの登録などは不要です、お気軽に投票をお願いいたしますm(__)m

▲この記事の目次へ

「ナミの正体は古代兵器ウラヌス!?」という噂に対する筆者の意見( ̄ー ̄)

ワンピースの世界に3つ存在するという古代兵器。

「プルトン」「ポセイドン」「ウラヌス」がそれです。

「プルトン」は、アラバスタ王国の葬祭殿のポーネグリフが、そのありかを示していると言います。

プルトンが遠い昔にウォーターセブンで作られた「戦艦」だと調べを付けた世界政府は、その設計図を求めて5年間、ロブ・ルッチたちCP9の4人を潜伏させていましたね(^^)

「ポセイドン」は、空島スカイピアのポーネグリフが示されており、のちにそれが魚人島の「人魚姫(しらほし)」であることが分かりました。

一方で「ウラヌス」に関しては、コミックス第82巻の時点では、魚人島編の終盤でロビンとネプチューン王との会話の中でキーワードだけ登場した程度です。

そのウラヌスこそが、ナミの正体!?

一部の読者の方々の間では、その根拠として「ウラヌス」が、ギリシャ神話の天空神「ウーラノス」に由来しているのではないか?という考え方があるのだそうですね(^^)

ナミと、ギリシャ神話の天空神「ウーラノス」

ここでは仮に、古代兵器ウラヌスの名前の由来が、ギリシャ神話の天空神「ウーラノス」に由来していると仮定しますm(__)m

ナミと言えば、ストーリー初期の頃から「天候」とは大きく関係してきましたよね(^^)

思い返せば、バギーの手下がナミにはめられて財宝を奪われたのも、ナミが荒天を予想して、その海域に誘い込まれたからでしたっけ。

アラバスタへ上陸する手前の航海では、前兆のないサイクロンを予知して、グランドライン育ちのビビさえ驚かせていました(゜Д゜)

戦闘でも、クリマタクトを活用して様々な気象現象を引き起こすスタイルはもはや定着しています。

このように、天候というキーワードと切っても切れないナミなら、イコールで「古代兵器ウラヌスなのでは!?」という考え方があっても驚きはありません(^^)v

ナミは古代兵器ウラヌスなのか!?

ワンピースという漫画において、ヒロイン的なポジションを取ることも多いナミ。

彼女は本当に、古代兵器ウラヌスなのでしょうか?

筆者の予想としては、少なくともコミックス第82巻までの時点ではナミは古代兵器ウラヌスではないと予想しています。

言い方を変えるなら「古代兵器ウラヌスと呼ばれる存在ではない」とでも言えば良いでしょうか(^^;)

つまりね。

ナミをさして「古代兵器ウラヌスだ!」と評価する人物が、1人も現れていないんです。

同じ一味の仲間に、考古学者のロビンがいるにもかかわらず( ̄ー ̄)!!

この事実から、いくつかの仮説を考えてみましょうか。

【1】ロビンは、ナミが古代兵器ウラヌスであることを知っているのに、ポーカーフェイスで必死に隠している

【2】古代兵器ウラヌスの概要さえ明らかになっていない

【3】古代兵器ウラヌスの概要は一部の人々には知られているが、ナミはその要素・条件を満たしていない

どうでしょう?

さすがに【1】は可能性薄いと思いますけどね(笑)

プルトンやポセイドンは、ポーネグリフに刻まれていて、そこにさえ辿り着いて文字さえ読めれば、所在を突き止めることができる。

ハードルは高いですけどね、でも「やろうと思えばできる」ということなのかな?

一方でウラヌス。

ロビンのように名前を知っている人物がいても、そのありかや実体について知る者はいない、とか。

あるいは、知っている人物がいるけれど、麦わらの一味の冒険では、まだ辿り着いていない、とか…。

もしくは、すでに登場している人物や場所が鍵を握っているけれど、現在の世界の状態が「古代兵器ウラヌス発生」の条件を満たしていない、とか…。

古代兵器ウラヌスのありかを予想してみた

プルトン、ポセイドンのパターンからすると、ウラヌスもまず、その在処を示したポーネグリフにロビンが出会う展開もあるのでしょうか?

かも知れませんが、筆者はいきなり「古代兵器ウラヌスのありか」から予想してみます(^^)!

結論からいきます!

ラフテル

です(^^)b

厳密に言えば「ラフテルまたは、その近海」かな?

それくらいの「含み」を持った予想をしています。

その予想の根拠はね、さっきも述べた箇所にあるんです。

すでに登場している人物や場所が鍵を握っているけれど、現在の世界の状態が「古代兵器ウラヌス発生」の条件を満たしていない可能性がある!

コレです!

世界のどこかにあって、もしかしたら麦わらの一味の過去の冒険の道のりにも「ヒント」はあったかも知れません。

でも、その「ヒント」だけじゃあ、まだ古代兵器ウラヌスには繋がらないのだと、筆者は予想しています。

古代兵器ウラヌスを使った人物が登場しないワケ

一撃で島一つを跡形もなく消し去るというプルトン。

海王類を従える力を持つポセイドン。

じゃあ、ウラヌスも危険または強力な効果を持っていることは、簡単に予想できます(^^)

でもね、ルフィ19歳時点の世界で古代兵器ウラヌスを使ったと思われる人物が現れていないのも気になるんです(^^;)

なにも、ルフィたちの前に立ちはだかって「古代兵器ウラヌスによる攻撃じゃ〜!どりゃぁぁぁ〜!!」じゃなくたって良い(笑)

「●●島がやられた、古代兵器ウラヌスによるものだ!」という描写さえ、コミックス第82巻まででは明らかでないんですよね。

じゃあ、可能性は2つかなと(^^)

【1】未だに誰もウラヌスを見つけていない

【2】ウォーターセブンの船大工がプルトンの設計図を守ったように、ウラヌスも誰かに守られている!

で、筆者が指示するのは【1】なんです(^o^)

誰も見つけていないからこそ、ウラヌスは謎に包まれた存在なのかなと予想しています。

仮に、ですよ?

ウラヌスのありかや実体について「知らない」という人が多いなら、「この場所には無い」という情報の積み重ねから、見当を付けて絞り込むことも出来そうですよね(^-^)

麦わらの一味が辿り着いていないとしても、ウラヌスのありかを知っている人物がいるなら、その古代兵器の力を使っていても不思議では無いと思うんです。

それでもなお、ウラヌスを使って世界を大きく動かした人物の描写が無い。

コミックス第82巻まででね(^^;)

そのような状況には、ウラヌスが(ほとんど)誰からも見つけられないような場所にあることを示しているのかなと、筆者は予想しています(^^)v

ワンピースの世界で、ほとんど誰も言ったことが無い場所と言えば、可能性のありそうな候補でしょうね。

ラフテル

…または、その近海(^^;)

ウラヌス自身がその場所に存在しているのか、もしくは、その場所で「何かor誰か」がウラヌスの条件を満たすことになるのか。

筆者の予想するのが後者なんです、条件を満たす系のヤツね(^^)

さらに言えば、その「何かor誰か」というのがナミだとすると、天候というキーワードではピッタリなので、可能性としてはアリだと思います。

 

まとめます(*^▽^*)

【予想1】
古代兵器ウラヌスは、ほとんど誰もたどり着けない場所にある!?
または、何かor誰かがウラヌスになるための条件を満たしていない!?

【予想2】
ナミが古代兵器ウラヌスなのではないかという説は、あり得る!
引き続き展開を見守ろう!

こういう予想を持ったまま、この先のストーリーを楽しみに待ちたいと思います(@_@)!!

▲この記事の目次へ

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ