1. HOME
  2. >> ストーリー考察|ワンピース
  3. >>シャーロット・プリンの矛盾【ワンピース伏線考察:第845話】

プリンは何か変なことを言ってない…?

第845話までを読んで、筆者はどうも、サンジとの結婚の周辺でプリンにおかしな言動があるように思えて仕方が無いんです(^^;)

今回は、その根拠も含めて深掘りしてみます(^^)v

この記事の目次

少し引っ掛かったプリンの発言

「サンジとプリンの出逢いはもっと遅かった」疑惑

プリンの言動は矛盾している!?

事実と違う!?プリンの言動の真意

[おまけ]サンジの結婚阻止にはプリンが不可欠!?

少し引っ掛かったプリンの発言

プリンの言動がおかしい。

「もしかしたらこの子、嘘でもついてるのかな?」

数ヶ月前から、浮かんでは消え、浮かんでは消えだったんです。

でもね。

第845話のこの発言で、その考えはまた強まったんです。

プリンはサンジとの関係を、

昨日今日
(第845話「怒りの軍団」より)

に、知り合った間柄だと言うんです。

えーとね(^^;)

「昨日今日」という言葉には、「つい最近」とか「近頃」という意味があることは、筆者も知っているつもりです。

ただ!

ここでは、もしもサンジとプリンが知り合ったのが、本当に(この時点における)当日または前日だったとしたら?っていう仮説を立ててみようと思います。

▲この記事の目次へ

「サンジとプリンの出逢いはもっと遅かった」疑惑

第845話では、ついにビッグマムとヴィンスモーク家の「ご対面」が描かれました。

両家の対面はこの瞬間が初めて。

それは疑いの余地がありません。

でも!

サンジとプリンの初対面はいつだろう??

この疑問を、まず挙げるんですね(^^)

「え、コミックス第83巻でも描かれていた、あのシーンでしょ?」

ってなるんですよね。

ルフィ達にプリン自身から「サンジとの初対面」を説明していた、まさにあのシーンです。

サンジがプリンに「君とは結婚できない(麦わらの一味との冒険があるから)」という趣旨の発言をしているんですよね。

筆者は、この時点で疑問があるんです。

あのシーン、本当にサンジとプリンは出会っていたの??

コレです!

もしかしたら、プリンが語るあのシーンで、サンジとは出会っていなかったんじゃないかという可能性を考えています(^^)b

そう思う根拠は、主に2つです。

【根拠1】例のシーンのサンジが「シルエット」であったこと

【根拠2】プリンが「黒足」の意味を理解していないこと

得に2つ目の根拠なんて、足(脚?)が黒いのとカン違いしていたようす(笑)

チョッパーが「黒足」の意味が違うってツッコミをしていましたよね(*^▽^*)

「じゃあ、いつ会ったの?」

プリンがあの時点でサンジに会っていないとしたら、ルフィ達と別れてから、ルフィがクラッカーを倒した直後まででしょうね(^^)

そのタイミングは、今回は深掘りしません。

あくまで「サンジとプリンがこの時点で出会っていないかも?」という点のみに絞って、話を続けますね(^^)

▲この記事の目次へ

プリンの言動は矛盾している!?

さっきのセクションで話した疑惑に関連して、再び今回のプリンの気になったポイントをピックアップします(^^)

プリンいわくサンジは、

昨日今日
(第845話「怒りの軍団」より)

知り合ったんでしたっけ。

2人が知り合ったのが、ホントに文字通り(第845話のシャーロット家&ヴィンスモーク家の顔合わせの)当日や前日の出来事だったと仮定してみましょうか。

第845話の顔合わせの日と、ルフィがクラッカーを倒した日は、展開上、同日だと考えられます。

つまり、ルフィが夜通しビスケットを食べ続けていたのは「前日の夜」です。

さらに、ルフィ達が誘惑の森に上陸して「サンジっぽい何か」を見つけたのが「前日の朝」なワケです。

ということは、プリンがルフィ達に誘惑の森の地図を描いてあげたのが「2日前」になるんですね(^^)

つまり!!

第845話の時点から数えて、プリンがルフィ達に会ったのは「おととい」の話です。

だから、サンジと会ったという話をプリンがルフィ達に披露しているのも「おととい」です。

コミックス第83巻に収録された以降のストーリーでも、明確に「夜明け・朝」のシーンが2回、描かれています。

あくまで「昨日今日」という言葉をそのまま「当日〜1日前」と解釈するなら、ルフィ達に「サンジと会った」という話をしているプリンの言動は矛盾していることになります。

でもね(^^;)

筆者も「プリンは悪意があって嘘をついている」とは、現時点で断定していません。

▲この記事の目次へ

事実と違う!?プリンの言動の真意

上記の通りならば、プリンの言動は矛盾しているようにも見えます。

でも、プリンが悪意を持って、ルフィやサンジを騙そうとしていると考えるのは、まだ早いと思うんです(^^)

「プリンの言っていることは事実ではない」

「プリンはルフィやサンジを騙す意図は無い」

だとしたら、可能性って限られると思うんですよね(^^;)

【可能性1】プリンが最初に出会ったのは「サンジのそっくりさん」

ゾウ編での出来事を見る限り、サンジがホールケーキアイランドに連れて行かれてからルフィチームが追いかけるまで「2日」の差がついています。

ルフィ達が急速に追い上げて差を縮めたとも考えにくいです。

ビッグマムのナワバリをかいくぐって、ですからね(^^;)

この、差がついた分の2日は、サンジが何をしていたのか詳細は分かっていません。

さすがに監禁はされていないでしょうが、

「本人が自由に動けているのに、そっくりさんが暗躍していた」

という状況だって作れたかも知れません。

サンジと容姿が似ていて、それこそ「昨日今日」会ったくらいの相手をだませそうな人物が、サンジより先にホールケーキアイランドに到着していましたよね(^-^)

ヨンジ!!

チョッパー達だって、一時的にでもサンジかと見間違えていましたし。

ヨンジだって可愛い子に目がありません。

どうでしょう、予想に過ぎませんけどね…(笑)

【可能性2】プリンは言わされている!?

プリンに悪意はない。

でも、結果的にプリンの言動で、ルフィ達が誤解しちゃった。

そういう可能性です(^^)

誰かから「嘘のない範囲で、適当に言いつくろって」って…。

そうだとしても、今回までの時点で「誰が」「なぜ」指示するのかは分かりませんね…(^^;)

【可能性3】何もかも、プリンがサンジを救うための作戦

大穴予想です(笑)

「嘘つこうと何しようと、サンジが麦わらの一味に戻れば良いんでしょ!?」

そんな風にプリンが考えちゃったら、どうでしょうか?

だからね(^^;)

プリンが、ルフィ達と会うまでに、先にサンジに会っていたと仮定しましょう。

それで、サンジから結婚できないと言われた、ここまで真実だと仮定しましょうか(^^)

その上で、ですよ?

結婚する気が無い人と一緒にはなれない、でもママが…。

そうなったプリンでも、どうにか自分のそばからサンジを離すまでならできたかも知れません。

「私からは離すから、あとは麦わらの一味が取り返すなら連れて行けば?」

そういう態度なのでは、という可能性も捨てていません(^^;)

 

それでも、筆者が個人的に選ぶなら【可能性1】でしょうかね。

プリンは当初、サンジのそっくりさんと会っていた。

コレかなと思います(^^)b

くどいですが、あくまで「昨日今日」を文字通りに捉えるならね(^^;)

▲この記事の目次へ

[おまけ]サンジの結婚阻止にはプリンが不可欠!?

最後に。

プリンの言動の矛盾とは少し異なるんですが、ここにも触れておきましょうか。

「プリンの部屋が意味深すぎる!」

厳密には「部屋が」というより「部屋の描かれ方が」ですかね(^^)

特に違和感を感じたのが、サンジがプリンを抱き寄せるシーンのあたり。

背景の雷鳴のシーンを強調させるために、引き気味に描いているんですかね??

「サンジがプリンとの結婚を決意したとき、ルフィは戦っているんだよ」

これを印象づけるためでしょうか?

一理ある( ̄ー ̄)!

でもね。

筆者は、背景の雷鳴を強調するとしても、もうちょっとサンジ&プリンを引き立てる描き方があったかなと思うんです。

感じ方は人それぞれですけどね、スミマセン(^^;)

もしも第845話の最後のコマが「サンジ&プリン」「窓から見える背景の雷鳴」以外の物を意識させるための描き方だったとしたら…?

けっこうキーになってくると思うんです(^^)

鏡(かがみ)

そして、

巨大なぬいぐるみ

どうでしょう?

これらに関しては、きっと別の場面でのキーアイテムになるのかな??

そんな風に予想しています(^^)b

▲この記事の目次へ

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ