1. HOME
  2. >> 伏線考察|ワンピース
  3. >>VSビッグマム海賊団に学ぶ!周囲を利用して強くなれ【 #ワンピース 伏線考察:第846話より】

先週は休載だったので、2週間ぶりの最新話が嬉しく感じますね(*^▽^*)

第846話もけっこう情報量の多い回だったんじゃないでしょうか?

その中での1発目、ちょっとだけナミのセリフに気になるところがあったので、深掘りしてみます。

この記事の目次

強さは必ずしも「自身の能力だけ」とは比例しない!?

強い敵なら武器・技・能力を「返し」に組み込んでしまえ!

第846話の「教訓」

強さは必ずしも「自身の能力だけ」とは比例しない!?

直接の描写は見当たらなかったんですが、ナミは大きなカミナリを落としたようですね(^^)

それにはビッグマムの娘、シャーロット・ガレットもビックリだった様子です。

でも、ナミから言わせれば、ビッグマムの作った雨雲を利用しただけなんです!

ここに、ポイントがあるように思うんですよね〜( ̄ー ̄)

腕力が強い戦士ほど「強い」とは限らない。

特殊能力の規模が大きいから「強い」とも限らない。

そういうことだと思うんです。

現に、懸賞金が数千万ベリー規模のナミが、数億ベリー単位の賞金首が並ぶ四皇の幹部を驚かせているんですからね(@_@)

▲この記事の目次へ

強い敵なら武器・技・能力を「返し」に組み込んでしまえ!

でね。

似たような状況が、以前にもあったと思うんです(*^▽^*)

あ、今回のナミに似たシーンがあったって事ではないですよ(^^;)

似たような教訓めいたことを言っているシーンがありませんでしたか?

しかもルフィのセリフで(笑)

パンクハザード編で!

イエティCOOLブラザーズの片割れが銃弾(もはや砲弾?)をぶっ放して、ルフィがゴムゴムの風船で受けるんです。

17歳当時のルフィだったら、このままどこかに跳ね返したかも知れませんよね(^^)

フルボディの船の砲弾を、バラティエの船体めがけて弾いたこともありましたっけ(笑)

でも、レイリーとの修行を経た19歳のルフィは、跳ね返すなら跳ね返すで、その方法も考えるようにレイリーから教えを受けていたようなんです。

その結果が「お礼ファイア」という技として現れたのかな(^-^)

このシーンも、そして第846話のナミのシーンも「敵の武器・技・能力を利用して自身の戦闘手段に組み込む」という点では共通していると、筆者は思うんです(^^)b

▲この記事の目次へ

第846話の「教訓」

最後に、今回の件から「教訓」みたいなものをすくい取ってみようと思います(*^▽^*)

自分ではできないことも、他の何かを利用して大きな力にする!

どうでしょう?

ストーリー初期のころは、ただがむしゃらに突っ込んでいくだけだったルフィ。

イーストブルーのころは、それでも通用していたんです。

でも、グランドラインに入って徐々に強敵を相手にするようになって「このままだと敵わない」という状況も描かれてきました。

それはルフィも、そして麦わらの一味の他の仲間も同様です(^-^)

このままだと新世界では立ち回れない。

だからこその、修行の2年間でしたよね?

その間に、みんなは賢くなっていると思うんです。

もちろんルフィだって例外じゃありませんよ(笑)(^-^)

真っ向勝負じゃ敵わない。

じゃあ、他の手段を考えてみようよ!

これ、いずれストーリーでも明確に描かれるかも知れませんよ。

さしあたって第846話のラストで、ちょうどブルック&ペドロが似たようなこと考えていたようですし。

ストーリーの考察というか「漫画を読んで学んでみよう」みたいなコーナーになっちゃいましたね(^^;)

でも今後は少し大切な要素かなと思ったので、深掘りしてみました!

▲この記事の目次へ

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ