1. HOME
  2. >> 週刊少年ジャンプ感想|ワンピース
  3. >>「シケモク」を読んで気になった4個のポイント【 #ワンピース 第851話】

さぁ、2017年一発目のワンピース感想記事です( ^∀^)

巻頭カラーのイラストは麦わらの一味9人の勢揃い!

こういう勢揃いのイラストを見ていると、ルフィが中央なのはいいとして、「サンジとゾロ」と「フランキーとブルック」のペアって、それぞれ反対側に対照的に描かれることが多いですよね〜( ̄▽ ̄)

【1】プリンは誰かと手を組んでいる!?

プリンが持っている武器は銃!

パーカッションロック式36口径「ウォーカー」という名前、確か過去にフリントロック式ピストルなんて登場したことはありましたが、それとは別のものということでしょうかね。

気になるのはむしろ弾丸の方かな??

「キャンディジャケット」

キャンディという名前を聞いてしまうと、どうしても考えてしまうんですよね……。

長男ペロスペローの能力!!

彼が関わっていると仮定すると、また複雑になってきそうです。

でも、仮にペロスペローの能力で弾丸「キャンディジャケット」を作っていたとしても、ペロスペローの意図しないところでプリンが使っていたというなら話は別です。

ここなんですよね…、プリンはもしかしたら、シャーロット家の誰も知らないところで暗躍している可能性って無いかな??

そんなふうに思うんです。

とはいえ、プリン一人でビッグマムを出し抜くことは難しいでしょう。

誰かいるんですよね。

そう考えると、「この人物ならプリンと手を組めそう」という人物が少なくとも1人いるんです。

その人物だったら、状況的にレイジュを追い詰められそうだし、いくつかの状況も「彼ならつじつまが合う」と。

しかも、最近は「なぜか」登場していないんです。

いくつかの「状況証拠的な根拠」を整理して、機会あれば考察記事にしてみようかな〜( ̄▽ ̄)

【2】レイジュはプリンに「どこで」撃たれたのか!?

装甲兵が盾を構えて銃弾を受けても背中まで貫通してしまう威力。

申し分なかったでしょ?
(第851話「シケモク」より)

の「なかった」の部分ですよね??

つまり、「ウォーカー」から放たれる申し分ない「キャンディジャケット」の威力を、プリンはレイジュに見せている。

こういうことですよね?

そうなると、可能性は1つしか考えられないでしょう!

(少なくとも)レイジュを撃ったのはプリンの仕業!!

こう考えて問題ないと思うんですね。

そうなると、レイジュの重症に関する大きな疑問点は、あと1つでしょう。

レイジュは「どこで」撃たれたのか!?

「誰に」はプリンでほぼ確定。

じゃあ「どこで」ってなる、ですよね??

筆者は「ここではないかな?」っていう予想があるんです。

これも、上記の【1】と関連することなので、いずれ掘り下げたいと思います。

【3】メモメモの実の能力の恐ろしい使い方

まぁ〜、プリンの本性ったらすごいですね(笑)

ホールケーキアイランド編の第一印象で「いい子そう」っていう印象があったので尚更ですが、まぁサンジを影でイジリまくり!

で、プリンに関して驚くことがもう1つあると思うんです。

記憶を編集できるメモメモの実の能力!!

これを使えば、今回みたいにレイジュの記憶を編集して、プリンが三つ目状態になったことも隠せるでしょう。

あとは、ホールケーキアイランドに関わる他の誰かの記憶も編集できるかもしれません。

それに、既に誰かの記憶を編集しているかもしれません。

ホールケーキ編に関わらずね。

(もっといえば、メモメモの実の能力者というだけで、プリンだとも断定できません、第851話の時点では。)

筆者が何を言いたいかというとですね( ̄▽ ̄)

ホールケーキアイランド編の外も含めた広い世界で、広い世界において消された記憶がありますよね?

ある時代の記憶がぽっかりと。

で、世界中でそれを探し求める動きもある。

あくまで予想ですけどね、プリンの持っているメモメモの実の能力は、これを消すことにもつながった可能性ってないでしょうか??

空白の100年!!

でもね、この予想には穴があって(^^;)

記憶を編集して忘れさせるなら、世界中の人々の記憶を編集しなきゃいけないんです。

まず無理でしょ?

しかも、他の悪魔の実の能力は、能力者が「気絶」または「死亡」したりすることで解除されていますよね。

最近のストーリーだったら、ドレスローザ編でのシュガーがそうでした。

ウソップが気絶させたことで、おもちゃの兵隊だったキュロスたちが人間に戻りましたよね。

で、シュガーは再び意識を取り戻しましたが、キュロスがおもちゃに戻ることは無かった。

そうなると、プリンが本当に空白の100年の記憶を消すことに関わっているなら、少なくともある時点でプリンがみんなの記憶を消してから、ずっと生きているということになるでしょう。

だから、大まかに2通りなんですよね。

[1]少なくとも800年前にプリンは既に生きていて、900年前から800年前の秘密を知る人の記憶を全て消した(だからそれ以降に生きる人々は誰も知らない)

[2]仮にプリンの年齢が20歳前後だとして、その時点で空白の100年を知る全ての人の記憶を(該当部分だけ)消した

もうね、どっちにも無理があると思うんです。

だから、空白の100年をここで絡めてくるのは違うのかなーとも思うんです。

ここは引き続き、様子を見たいところです。

【4】ジンベエが城にやってきた

腕を引きちぎろうとしたルフィですが、ついに救世主が現れました( ̄▽ ̄)!!

ここでジンベエの登場です。

よかったね、腕引きちぎらなくて…。

オペラを正拳突きで吹っ飛ばしちゃった以上、もうビッグマムの傘下としていられないかもしれません。

もっとも、当初のジンベエの意志だったら、ビッグマムも元に居続けるつもりもないでしょう。

それはいいです。

ジンベエに関して、筆者は2つ気になりました。

1つ目は、ジンベエがホールケーキ城へ「今」出入り禁止という点。

オペラの言っていたことですが、ジンベエが出入り禁止ということはきっと間違い無いのでしょう。

その意味が、サンジとプリンの結婚式を翌日に控えた「今だけは」出入り禁止という点なのか。

あるいは「今だけ」という意味合いだとしても、落とし前をつけずに傘下脱退を引っ込めたまま処遇がはっきりしていない「今だけは」出入り禁止なのか。

それとも理由は「傘下脱退、やっぱり撤回」によるとして、ビッグマムが怒って「今後はもう」出入り禁止なのか。

それは気になりますね(^^)

そして2つ目は、ジンベエが、ルフィとナミが捕まっているという情報を聞いたという点です。

誰から聞いた…!?

城に出入り禁止になっているなら、その城に関わる人物、つまりビッグマム海賊団に関わる全ての人たちは、ジンベエにロクな情報を教えてくれないでしょう。

内情がバレるかもしれませんから。

それでもジンベエは聞けたんです、ルフィとナミが捕まったと。

サンジと別れたあの場所をジンベエが遠巻きに見ていたわけでも無いなら、もしかしたらジンベエにはビッグマム側にバレない独自の情報網があるのでしょうか。

それとも「あのシーン」を機に、ビッグマム側「彼」がジンベエに恩を感じて…ということでしょうか(^^)

 

ふう…。

久しぶりに記事を書いて、ちょっと暴走気味に長くなっちゃいました(笑)

プリンと、彼女に関わる人物に関しては、後日考察を深めて行きたいと思います。

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ