1. HOME
  2. >> 週刊ヤングジャンプ感想|キングダム
  3. >>「機先を制す者」を読んで気になった3個のポイント【 #キングダム 第502話】

李牧、…ビビる!!

「秦軍が金安城から突然の方向転換」という情報が入った趙国の王都・邯鄲に衝撃が走ります(゜∀゜;ノ)ノ

今回のヤングジャンプの表紙モデルは馬場ふみかさん、そしてキングダムが巻頭にきていました(*^▽^*)

【1】金安から先は、もう引き返せない!

今回の序盤で天幕(テント)に呼ばれたのは、隊長クラスとそれ以上の将兵でしょうか。

信・王ホン・蒙恬のトリオの他にも、夏倉(かそう)っていう五千将も、土門将軍に呼び出されていましたよね〜。

で、王センから「これから鄴へ方向転換だ!もたもたしたらクビね」って作戦が伝えられるんです。

いよいよですね、桓騎も楊端和も、驚いている様子は少なくともありません。

王ホンや蒙恬も、気合いが入っているんでしょうかね(^^)

秦軍にとってはスピード命の趙国王都攻防戦です!

【2】司馬尚(しばしょう)VSオルド!?

趙国にとって、東は東でてんやわんやです(^^;)

燕からオルドが攻めてきていますからね…。

しかも、前回からの進み具合的にも、かなり破竹の勢いです(゜д゜)!

オルドが次に攻め入るとみられているのが青歌という城。

李牧らがつどう軍法会議(?)では「あ、青歌には司馬尚がいるじゃん!」となるんですね。

彼らいわく、なんと趙三大天の就任を断ったという実力者のようです。

司馬尚とは何者なのか…、趙三大天の一角と目されていただけでもただ者でない感がしますが、ましてやそれを断るという破天荒ぶり(笑)

でも待てよ…。

現在てんやわんやの渦中にいる李牧も趙三大天の一人です。

趙国の大将軍である李牧は、秦国の大将軍である王騎を打ち破りました。

厳密にはホウケンが討っていますが、術中にはめたのは李牧でしたよね?

で、その李牧大将軍と同等の「趙三大天」の一人と目されていた司馬尚。

かたや、秦国の将軍・王センに函谷関の裏山で一泡吹かされたオルド将軍…。

この関係で考えると、こわい…、ちょっとコワい…((((;゜Д゜)))))))

【3】趙国における司馬尚

そして、李牧達のもとにその司馬尚が打って出たと情報が入りましたね。

李牧はそれを受けて、東に向かわせようとしたコチョウ将軍への急報を取り消させました。

まぁ、結果論として英断ですよね。

しかし李牧はじめ趙国の要人たちは、なぜ最初から司馬尚に頼まなかったのでしょう??

やぱり、司馬尚が病を装ったりしているなどの認識から「司馬尚はやる気がない」と判断していたんでしょうかね(^^;)

夜が明け。

舜水樹も情報収集のかいあって(?)、秦軍20万が忽然と姿を消したことを知りました。

ここから趙軍はどう動くのでしょうか。

まだ見ぬコチョウ将軍の采配も含めて、今後を見守ろうと思います。

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ