1. HOME
  2. >> 人気の記事伏線考察|ワンピース
  3. >>コミックス第1巻ですでに登場!?ヴェルゴ以外の海軍のスパイ【ワンピース伏線考察:第7話より】

過去のストーリーをふり返ってみると、

「あっ!このシーンのこのセリフ、今になって読み返すとこういう意味があったのかな??」

と思うこともあります(^-^)

今回はその中から、コビーの海軍入隊のシーンで海兵が言っていたセリフを考察してみようと思います。

この記事の目次

コビーの初登場から海軍入隊まで

海兵のセリフには深い意味があった!?

海軍にはヴェルゴ以外にもスパイがいる!?

コビーの初登場から海軍入隊まで

まずは、コビーの初登場から海軍入隊までをザックリとふり返ります。

初登場時はアルビダ海賊団で雑用をしていたコビー。

もともとは一人の一般市民でしたが、釣りに行こうとしたところ、間違ってアルビダの船に乗ってしまったのでした(^^;)

そこから2年間、航海士兼雑用としてこき使われていたコビーでしたが、そこでルフィとの出会いがあり、運命が大きく動き出しました。

アルビダを倒し、モーガンを倒し、海兵たちに「海軍に入隊させてください」と頼み込んで念願の入隊。

コビーもルフィの少し後を追う形で、夢へ向かって走り始めるのでした(^^)

コビーに関する情報は、キャラクター名鑑からもご確認いただけますm(__)m

▲この記事の目次へ

海兵のセリフには深い意味があった!?

さて、コビーの海軍入隊ですが、すんなりと進んだわけではありませんでした。

モーガンの元部下だった海兵の一人が「ちゃんと素性の調査をした方がいい」と言い出したんでしたよね?

そのシーンで、海兵はこんな事を言っていました。

「海賊が海軍のスパイになるという例もある」
(第7話「友達」より)

今思い返すと、実に興味深く思えるんです( ̄ー ̄)

海賊が海軍のスパイとして潜伏していた事例…、実際にストーリーでも描かれましたよね!?

ヴェルゴ!!

ドフラミンゴの部下、ドンキホーテファミリーの最高幹部だったヴェルゴは、海軍では中将の地位まで上り詰めていました。

「え、じゃああの海兵、ヴェルゴのことを言っていたの!?」

いやいや、違うんです(^^;)

ヴェルゴはルフィ17歳の時点では、スパイだとバレていない可能性が高い。

だから厄介(?)なんです。

▲この記事の目次へ

海軍にはヴェルゴ以外にもスパイがいる!?

なぜ、ヴェルゴがスパイだとバレていないかと言いますと「時系列的に有り得ない」というところに行き着くんです。

コミックス第83巻までの時点で、ヴェルゴが描かれた最も過去の描写はルフィ6歳時点のミニオン島のオペオペの実の取り引きの件でしょうか。

ローの回想ですね。

この時点でヴェルゴは、スパイだとバレていないと判断して良いでしょう。

なにせ、ルフィ19歳時点の世界にも、バッチリ「中将」として登場していますからね(^^;)

「内々にはバレていたけど…」という可能性も、限りなくゼロに近いです。

スモーカーも、たしぎも、そしてG-5で彼ら以上に長く行動を共にしてきた海兵たちも。

パンクハザード編までは少なくとも、ヴェルゴが海賊だったなんて夢にも思っていない様子が(回想も含めて)描かれていましたよね(^^)

ヴェルゴ以外にも海軍にはスパイがいた!?

つまり、筆者が何を言いたいかです( ̄ー ̄)

仮に、第7話「友達」での海兵が、事実を元にした発言をしているならば…、

海軍には、ヴェルゴ以外にもスパイだった人物がいた!!

このように予想しています。

その人物が誰なのかは、まだ分かりません。

これから登場してくる人物なのか、もしくは今となっては語る必要もない存在だったのか、それは分かりません。

ただ、海兵の何気ないセリフから海軍の体制面での「穴」のようなものを感じてしまうのです(*^▽^*)

▲この記事の目次へ

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ