1. HOME
  2. >> 伏線考察|ワンピース
  3. >>カイドウが目を付けた「人造悪魔の実」〜モリア&ビッグマムとの比較で考える〜【ワンピース伏線考察】

今回のテーマは「モリアとビッグマムとカイドウの比較」です(*^▽^*)

できるだけ軽くいきますね(^^;)

この記事の目次

ゲッコー・モリア:カゲカゲの実の能力者

ビッグマム:ソルソルの実の能力者

カイドウ:人造悪魔の実スマイルで能力者軍団を組織中

扱うモノを比較すると「モリア&ビッグマム」と「カイドウ」に別れる

モノを与える対象で比較すると「モリア&カイドウ」と「ビッグマム」に別れる

カイドウは「応用範囲の広さ」に目を付けた!?

ゲッコー・モリア:カゲカゲの実の能力者

まずはモリアから。

彼は元・王下七武海の一人で、カゲカゲの実の能力者です。

その実の名前の通り、影を自在に操れるモリアは、生きている人間から「影」を奪い、思いのままに「死体」に与えることができました。

カゲカゲの実の能力によって、モリアは「ゾンビの軍団」を作り出していましたね(^^)

▲この記事の目次へ

ビッグマム:ソルソルの実の能力者

続いてはビッグマムについて。

彼女が食べたのはソルソルの実で、魂(ソウル)を操れる能力です。

ビッグマムは「魂」を生きている人間から奪いますが、与える相手は「動物」や「無生物」です。

だとすると、奪った魂を、生きている別の人間に与えることはできないようです。

ビッグマムはソルソルの実の能力を最大限に活用して、「ホーミーズ」などと呼ばれる「擬人化したモノや生物」を従えていました。

▲この記事の目次へ

カイドウ:人造悪魔の実スマイルで能力者軍団を組織中

そしてカイドウ。

ローやドフラミンゴらのセリフによると、カイドウが扱っているのは「スマイル」と呼ばれる人造悪魔の実。

それを利用して部下などに与えることで「動物(ゾオン)系悪魔の実の能力者軍団」を組織しているのだそうです。

コミックス第83巻までの情報では不確定な要素もありますけどね(^^;)

▲この記事の目次へ

扱うモノを比較すると「モリア&ビッグマム」と「カイドウ」に別れる

三名それぞれ、扱っているモノを比較してみましょうか(^^)

モリアは「影」でビッグマムが「魂」、そしてカイドウは「人造悪魔の実」です。

モリアとビッグマムはどちらも、その悪魔の実の能力者だけしか扱えないモノ、つまち「本人のみ扱えるモノ」という点では共通しています。

一方でカイドウが扱っている人造悪魔の実は、ドフラミンゴとの取り引きで手に入れてきたモノです。

つまりは、カイドウでなくても「条件さえ整えば誰でも扱えるモノ」と言えなくもなさそうです。

もちろん、金額が高かったり、一部の人間でしか買えないような「制限」をドフラミンゴが設けていた可能性は否定できませんけどね(^^;)

▲この記事の目次へ

モノを与える対象で比較すると様々な分け方がある

次に、比較の基準を「モノを与える対象」にして考えてみます。

そう考えると、モリアが「死体(人間か、それ以外の動物かも含めて)」を対象にしています。

カイドウは、人造悪魔の実を与える対象には(コミックス第83巻までの時点で)特に制限が見られませんし、これまで登場した「一般的な悪魔の実」と同じと考えて良いでしょう。

よって、カイドウが扱う物の対象は「人間・動物・生物でないもの」となり、大体のものが該当します。

ビッグマムは、魂を与えられる相手として「他人や生物でないものには与えられない」という描写がありましたよね(^^)?

つまり!

「生物以外にも与えられるか」を基準にするなら「モリア」と「ビッグマム&カイドウ」に分けられます。

「人間にも与えられるか」を基準にするなら「ビッグマム」と「モリア&カイドウ」に分けられます。

▲この記事の目次へ

カイドウは「応用範囲の広さ」に目を付けた!?

ん〜。

そう考えると、カイドウが扱っている「人造悪魔の実」はカバーできる範囲が広いのかな??

主な特徴としては…、

【1】扱える人物が限定されない

【2】与えられる対象が限定されない

だからこそカイドウは人造悪魔の実に目を付けた。

もちろん過去にドフラミンゴからの「営業活動」があっても驚きはありません。

言うなれば「応用範囲の広いもの」を扱って仲間を強化して、強い軍団を作り上げた。

その中で、ボスを務める自身もいつしか「最強生物」と呼ばれるようになった。

そう考えてみても面白いのかなと、筆者は考えています(*^▽^*)

▲この記事の目次へ

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ