1. HOME
  2. >> 伏線考察|ワンピース
  3. >>竜(ドラゴン)とDr.ベガパンク【 #ワンピース 伏線考察】

パンクハザードで登場した、幻の生物竜(ドラゴン)!!

「あぁ、ルフィの父ちゃんか」
↑ちゃうちゃう(^^;)

「あぁ、モモの助が変身できる動物か」
↑ん〜、筆者はコレにも「ちゃうちゃう」って言っちゃいます、理由はまたいずれ。

今回は「竜(ドラゴン)」とDr.ベガパンクについてです(*^▽^*)

この記事の目次

竜(ドラゴン)と鎮静剤

たしぎと竜(ドラゴン)

竜(ドラゴン)の誕生意義と天竜人の傀儡

まとめ:竜(ドラゴン)とベガパンク

竜(ドラゴン)と鎮静剤

ここでの竜(ドラゴン)っていうのは、パンクハザードの島に登場し、麦わらの一味が「幻の生物」として認識していた生物を指すことにします(^^)

でね。

パンクハザード編のストーリーで、こんなことを言っているキャラクターがいました。

ドラゴンには、

鎮静剤
(第679話「心意気G-5」より)

をうってある。

パンクハザード編のストーリーがストーリーだっただけに、ちょっとコワいんですよね(^^;)

ドラッグとか、危ない言葉も出てきたんでね。

もしや、竜にも…?って。

でも、ここではそれは考えすぎなのかな(^^)

ここは素直に、「鎮」めて「静」かにさせる「剤(くすり)」だと解釈しましょう。

竜(ドラゴン)に鎮静剤をうった意図

問題はここでしょうか。

まぁ、大体予想は付かなくもない(^^;)

でも挙げましょう、なぜ竜(ドラゴン)に鎮静剤をうつんだ!!と。

で、筆者なりの答えを直後に挙げるという、自己完結パターンでいきます(^^;)

パンクハザード編までのストーリーで、竜と同じ物質かは別として「鎮静剤」と名付けられた薬をうたれているキャラクターは、少なくとも2種類いました。

「天竜人の奴隷」そして「パンクハザードの子供たち」

前者は、例えばチャルロス聖がシャボンディ諸島で乗り回していた男性の人間に対して、鎮静剤を毎日うっているけど効かないんだえ、のように。

ひどいことします…、まったく。

そして後者は、チョッパーのうっていたのも「鎮静剤」でしたよね?

何も、鎮静剤が必ずしも誰かを傷つけるような「悪用」で用いられるとは限らないんです。

で、ここで挙げた2つの場面に共通する「鎮静剤」の使い方に、共通するものは何でしょうね(*^▽^*)??

……えぇ。

暴れなくする

前者だったら、天竜人に反抗できなくするため。

後者だったら、周囲を破壊して子供たち自身が傷つかないようにするため。

そして、パンクハザードのドラゴンにも、同様の目的で鎮静剤がうたれていたのだと予想しています(^^)

▲この記事の目次へ

たしぎと竜(ドラゴン)

次に、こちらのセリフからいろいろと考えてみたいと思います(*^▽^*)

話には聞いたことがあります
パンクハザードには竜(ドラゴン)が実在すると!!!
(第680話「海軍G-5基地長“鬼竹のヴェルゴ”」より)

このセリフ、どんな風に解釈するかで、意味合いが変わってくると思います。

[1]海軍本部では竜(ドラゴン)の存在自体は有名

[2]海軍本部大佐でも「聞いたことアリ」程度の認識

まず、たしぎのこのセリフからして、彼女自身は「竜(ドラゴン)」と呼ばれる生物を直接見るのが初めてなのでしょう。

たしぎは、竜の話をどこで聞いたんでしょうね?

「最近さぁ、竜(ドラゴン)っていう生物が流行ってるらしいよ、チョー凄いんだけどー( ̄ー ̄)!」

みたいなのを、女子会で友達から聞いたんでしょうか。

おそらく違いますよね…、たしぎは海兵として聞いたのでしょう。

海軍関係者から!

とりあえず、女子会ルートよりは可能性が高いはずです。

海軍には竜(ドラゴン)の話は公式発表されていない!?

それで、筆者が考えてみたいのは、

「海軍には竜(ドラゴン)の話は公式発表されていないのではないか!?」

という点です(^^)

ひとまず、大佐であるたしぎは「話は聞いていた」程度の印象。

同じ大佐でつなげて、たしぎの上司のスモーカーも、初登場時は「海軍本部大佐」でした。

で、クロコダイルの一件で勝手に手柄を押しつけられ、結果的には次の登場シーンでスモーカーは「海軍本部准将」に昇格です。

ね?

大佐より上となると、もう「それクラス」って事ですよ(^^;)

ここで「准将が怪しいぞ!」ってなると、パンクハザード編に登場したヤリスギ准将に目が行き過ぎになるんですよね(^^;)

もっと上も含めちゃおう!

竜(ドラゴン)のことは、海軍大将含め限られた人物だけしか知らないのでは!?

そんな仮説を立ててみます(^^)v

▲この記事の目次へ

竜(ドラゴン)の誕生意義と天竜人の傀儡

それで、です(^^)

この竜(ドラゴン)がどんな動物で、なぜ生み出されたのか。

確認できる限りの情報から考えていきましょうか(*^▽^*)

第680話に、こういうセリフがあるんです。

島を護衛する為Dr.ベガパンクが人工的に生み出した幻獣!!!
(第680話「海軍G-5基地長“鬼竹のヴェルゴ”」より)

ちなみに、パンクハザードの竜(ドラゴン)の中には、天竜人が名前を付けたものもあるって、茶ひげが言っていましたよね?

何だったか忘れたなんて茶ひげは言っていましたが、その名前が「実はこんな名前でした!」って明らかになるときに、またハッキリしてくることもあるのでしょうか。

さておき、この一節から、けっこう大事な情報が紡ぎ出せると思うんです(^-^)

竜(ドラゴン)を作ったのはDr.ベガパンク!

あの竜、ベガパンクが作ったんですね(゜д゜)!

もしかしたら天竜人が伝説の動物の本か何かを見て「コレを作って欲しいえ」みたいに言ったんでしょうか。

わざわざ「幻獣」を生み出させるあたり、天竜人の興味本位という可能性さえ捨てきれません(^^;)

強さを求めるなら、何も竜じゃなくても良いじゃないですか(^^;)

エニエス・ロビー編だったら、ルッチ(豹)やカク(麒麟)、ジャブラ(狼)とか、凶暴性のある動物がたくさん登場してきました。

豹とか狼とかを選ぶかは別としても、強くて凶暴な動物だけでいいなら、必ずしも竜である必要は無いと思います。

鉄の壁だってかみ砕けるアゴらしいですからね、アーロン以上かも知れません。

竜(ドラゴン)誕生の目的はホントに「島の護衛」か!?

何なんでしょうね、筆者が疑い過ぎなだけなのでしょうか(^^;)

竜を生み出した目的って、ホントに島の護衛なんでしょうかね??

いやいや、麦わらの一味上陸時点のパンクハザードでは、確かに島の護衛と言える役割を果たしていたかも知れません。

ゾロに斬られこそしたものの、現実世界を超越したような風貌、ちょっとやそっとで倒れなさそうな強靱さ。

ゾロやルフィでなければ、あるいは……っていう戦闘力はあったかも知れません。

でもね。

元々は「島の護衛」じゃなくて「天竜人の興味本位」だったんじゃないの??

こう考えてみました(^^)b

Dr.ベガパンクは苦しんでいる!?天竜人の傀儡に…

つまりね。

その仮定で行くと、天竜人はベガパンクに興味本位で竜を作らせたわけです。

噛む力も強い、中には火だってついちゃうヤツもいますよ、って。

でもね。

シャボンディ諸島のチャルロス聖なんかを見ていると、一方的に夫人として迎えていた女性を飽きたという理由だけで民間人に戻している描写もありましたよね?

飽きたら捨てる、手放す、身分を戻す…。

パンクハザードの竜も、ある意味そんな天竜人の「被害者」だったとしたら、どうでしょうか?

天竜人に「ドラゴン飽きたえ」で捨てられて、仕方が無いから人の(ほとんど)いないパンクハザードへ…。

こういう経緯があったとしたら…?

そして、もっと可哀想なのは、相応の時間をかけてそれを作らされていたであろう、ベガパンクなのかも知れません(T_T)

▲この記事の目次へ

まとめ:竜(ドラゴン)とベガパンク

[1]パンクハザードの竜(ドラゴン)に鎮静剤がうたれていたのは、高い戦闘能力を武器に暴れ出すのを抑えるため!?

[2]パンクハザードの竜(ドラゴン)の詳細情報は、海軍関係者では大将など将官クラスしか知らない!?

[3]天竜人は、竜(ドラゴン)に飽きて捨ててしまった!?

[4]Dr.ベガパンクは、その科学力を天竜人のために使わされている!?

▲この記事の目次へ

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ