1. HOME
  2. >> 伏線考察|ワンピース
  3. >>ローの「覇権争い」への野望はすでに描かれている!?【 #ワンピース 伏線考察】

ドレスローザでの戦いを終えて、七武海だったドフラミンゴはインペルダウンへと収監されるため、護送船に乗せられたようです。

「ドフラミンゴ!お前は七武海の称号剥奪だ!」みたいなセリフはありませんが、ストーリーの展開上、そうなったと考えざるをえないでしょう。

そんなドフラミンゴですが、護送船の中で錠をかけられながらも、新しい時代が始まるぞ的な、フフフ的なことを言っていました。

この期に及んでまぁ……(^^;)

今回の考察ネタは、そこをスタートにしようかなと思っていますm(__)m

この記事の目次

ローが王下七武海になった目的!?

ドフラミンゴのセリフを受け売りするロー

ローはゾウ以降、予想外な動きをするってこと!?

まとめ:覇権争いに向けたローの野望

ローが王下七武海になった目的!?

話はコミックス第68巻にさかのぼります(*^▽^*)

第680話「海軍G-5基地長“鬼竹のヴェルゴ”」で、ローは様々な計算の末、SAD製造室に侵入しました。

それを受けて、モネやヴェルゴもビビるわけです(^^;)

「ちょちょちょ…、ロー、待って…!!」

とは言いませんでしたが、心境としては遠からずだったりして(笑)

でね。

モネとヴェルゴ、このシーンで「ローが王下七武海になった目的は最終的にSAD製造室へ侵入するためでは?」と悟ったような反応がありましたよね(^^)?

まさか…、みたいにして。

その後の何たらかんたらを省略すると、それは人造悪魔の実SMILEの製造を止めるという結果にもつながりました。

王下七武海になったのは、そのためだったのか……!?

思い返せば「黒ひげ」に少し似ていませんか(^o^)?

王下七武海に入ったのは何が目的なんだ…、と思わせておいて、数名の囚人とともにエース亡き後のマリンフォード頂上戦争で大暴れ。

もう七武海の称号はいらないんだそうです。

だってインペルダウンの屈強な囚人達を解放するという目的を果たしたから!!

ここに、ローと黒ひげの奇妙な類似点を感じてしまいますが、そこは別の機会に掘り下げてみましょうか(*^▽^*)

▲この記事の目次へ

ドフラミンゴのセリフを受け売りするロー

でね(^^)

SAD製造室に侵入して、製造装置を刀で一刀両断しちゃうわけです。

勢いが物凄いロー!!

もう、施設の壁まで斬っちゃって、ヘタしたら毒ガス入っちゃうんじゃないかってくらいでした(^^;)

ここでのロー。

SAD製造装置を斬りながら、ドフラミンゴと電伝虫で話をしていましたよね?

ヴェルゴの持っていたヤツで。

ローの言い分としては、マリンフォードから2年間で海軍はいろいろと変化があったけど、ドフラミンゴは何にもしなかったなー、みたいな内容でした。

加えて最後に、ローはこんなことも言っています。

手に負えねェうねりと共に…!!豪傑共の“新時代”がやって来る!!!
(第690話「SAD」より)

おー、何だかけっこう昔に、聞いたことありません!?

ドフラミンゴのセリフとして!!!

ローがドフラミンゴのセリフの「受け売り」をしたのは、このときばかりではありませんでした。

パンクハザード編の序盤で、ローがスモーカーの心臓を抜き取って、たしぎも「詰み」の状態にしちゃったシーンでも、ローがたしぎにかけた言葉は、意図してなのかドフラミンゴと同様のセリフでした。

▲この記事の目次へ

ローはゾウ以降、予想外な動きをするってこと!?

「何かさー、ローとドフラミンゴってチョー似てない!?」

ちまたでは、そういう声もチラホラ聞こえます( ̄ー ̄)

でも、ローがドフラミンゴと袂を分かつ形になったのは、ドレスローザ編の中の回想シーンで描かれました。

そして、ロー自身も、自分の言葉でドフラミンゴとの違いを明確にするんですね(^^)

代表されるのが、この言葉でしょうか。

おれ達はお前の笑みが長く続くほど予想通りには動かない
(第690話「SAD」より)

このセリフからは、ローの周到な計画が見え隠れしたり、

「あー、もしかしたら作戦をシミュレーションして客観視したりもしたのかなー?」

なんていう想像もしてしまいます(^-^)

ドフラミンゴの「予想」

筆者はそれを、冒頭で触れたドフラミンゴのセリフと重ねたんです。

「覇権争い」の始まり!!

あっ、いやいや(^^;)

海賊王になることを「覇権争い」と位置づけるなら、それは起こると思うんです。

ローがいわんとしているのは、もしかしてドフラミンゴが予想しているような「覇権争い」にはならないということを言いたいのではないでしょうか??

筆者はそんな風に考えてみたんです(*^▽^*)

マリンフォード頂上戦争後の最悪の世代の海賊達の動向を見ると、どうやらローも、ワンピースを目指しているようにも解釈できるんです。

おやおや…?

だとするとゾウ編以降のローの頭の中には、すでに最終的な「覇権争い」に向けたシナリオが、できあがりつつあるのかも知れませんよ……(笑)

▲この記事の目次へ

まとめ:覇権争いに向けたローの野望

[1]ローが王下七武海になったのはSAD製造室侵入という「通過点」のために過ぎない!?

[2]ローは、あるときは黒ひげにも、またあるときはドフラミンゴにも思考・言動のパターンが似ている!?

[3]ローは、ドフラミンゴが予想している「覇権争い」のような展開にはならないと断言しているのでは!?

[4]ローの頭の中には、ゾウ編以降いずれ起こるであろう「覇権争い」へのシナリオが描かれている!?

▲この記事の目次へ

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ