1. HOME
  2. >> 週刊少年ジャンプ感想|ワンピース
  3. >>「ぐぎゅるるる!!!」を読んで気になった4個のポイント(その1:始末屋ボビンについて)【ワンピース第855話】

今回の扉絵はローとコラさん(*^▽^*)

焼き芋をしながら、やっぱり燃えちゃうコラさんことロシナンテ(笑)

熱で気づかないもんなんですかね(^^;)??

さぁ、今回も最新話の感想を分割してご紹介します。

(いろいろと考えを巡らせることが多くって、短くまとめきれないのが本音だというのはナイショです!)

【1】始末屋ボビンの能力

懸賞金は1億550万ベリーなので、あんまり強くないのかな?と思っちゃうのは新世界だからでしょうかね(^^;)

いちおう七武海加入前のクロコダイルのほぼ2倍ですからね…。

しかし気になるのが、ボビンの能力なんです。

催眠術でよくイメージされる、5円玉を左右に振って「あなたはだんだん眠くなる~」のパターンかな?

しかも!ホールケーキ城の兵士たちを眠らせているんです!!

ここで注目したいポイントは2つでしょうか。

1つ目は、なぜ味方のはずの兵士たちを眠らせたのかでしょうか(゚д゚)

いやいや、ボビンにとって、ホールケーキ城の兵士たちも「味方」のハズなんですよ!

ボビンがサンジとのカタを付けるつもりなら良いじゃないですか、それはOKです。

でも「おれがやる!どいてろ」くらいでいいじゃないですか。

つまり、ボビンがホールケーキ城の兵士たちは「見せたくない光景があるから眠らせた」という可能性は無いでしょうか??

ボビンのセリフを少しだけ引用します。

子供たちが「ママ」と呼ぶ、ビッグマムのお茶会には…、

地獄の鬼も顔を出す♪
(第855話「ぐぎゅるるる!!!」より)

ですってよ(^^;)

文末に音符マークまでつけちゃって、ボビンは、いやボビン「たち」は、もしかしたら翌日の結婚式に、誰かが来るのを待っているんでしょうか?

そしてその人物こそが、

地獄の鬼

だったりして(^^;)

また、2つ目も気にかけておきましょう!

ボビンはどうやって相手を眠らせているのか!?

まぁ、まず思いつくのは「悪魔の実の能力」でしょうね(^^)

過去の描写からして「覇気」のいずれかに該当する可能性は高くなさそうです。

あとは、別の可能性も考えてみましょうか(^-^)

ミス・ゴールデンウィークのような「催眠術」

「なぜ突然?」

いやいや、ちょっと待ってくださいね(^^;)

あんまり突然でもないと思っています。

というのがね「ミス・ゴールデンウィークのような」で連想させる下地はあったようにも思うんです。

少し前に、ジンベエが囚人図書室のルフィ&ナミを開放してくれましたよね??

モンドールの本は炎で燃やせ、って言って、ジンベエは本を燃やして開放してくれました。

このときに「こんなことが過去にもあった」って言いだしたのは、ナミでしたっけ?

炎を放って解放された。

これってリトルガーデン編のことじゃありませんか(*^▽^*)?

しかも、ジンベエがルフィを助けるシーンでも、過去を思い返すようなセリフがありました。

これは、ジンベエとルフィの立場を逆にして、インペルダウン編で似たような描写がありました。

リトルガーデン編と、インペルダウン編。

これらに共通して登場するキャラクターは、ルフィを除けばMr.3だけ…。

「なんだ!じゃあMr.3のほうが関係ありじゃねーか!」

いやいや、ごめんなさい、もうちょっと待って(^^;)

インペルダウン編で、Mr.3は猛獣たちにMr.3そっくりのロウの人形を出して、惑わしていましたよね?

もうじゅうたちを惑わすには十分だって。

でも、前置きにミス・ゴールデンウィークの色付けが無いと完璧じゃないけどという趣旨のセリフも残していました。

 

ひとまず、ジンベエがルフィ&ナミを開放するときにリトルガーデン編とインペルダウン編を思い出させるようなシーンが見られるんです。

それによって、何かを連想させる意図があるのかなと、筆者は予想しています。

そしてそれが、間接的にミス・ゴールデンウィークのことを連想させる意図があったのかなとも、考えています。

ちょっと考えすぎかもね(^^;)

過去のストーリーを思わせるような意味ありげなセリフは、この先どうつながるのか気にかけてみたいところでもあります(*^▽^*)

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ