1. HOME
  2. >> 伏線考察|ワンピース
  3. >>サンジがカマバッカにいた情報を提供したのはアブサロム!?【ワンピース伏線考察】

スリラーバーク編で登場した、モリアの部下のアブサロム。

スケスケの実の能力を持つ彼は、モリアが倒された後も人知れず活躍しているようです。

今回のテーマは「アブサロムとビッグマムのつながり」についてです(^^)/

この記事の目次

アブサロムのライターとしての実績

アブサロムがつかんだ情報

サンジの情報をビッグマムに渡すことでアブサロム達が得るメリット

まとめ:アブサロムとビッグマムのつながり

アブサロムのライターとしての実績

コミックス第70巻のSBSで尾田先生は、フリーライターの「アブサ」という人物がアブサロムであることを認めています(^^)

そして、アブサロムがマリンフォード頂上戦争にも現れたことも明言されています、モリアは死んだのかという意味深な疑問とともに…。

このことから、モリアは死んでおらず、アブサロムの助けによってマリンフォードから逃げ出せた可能性があるでしょう。

モリアは生きています、きっとね(^^)b

それを少しだけふまえつつ、本題に入りましょう!

尾田先生は、こんな風にもコメントされています。

今確定できる事は、「アブサ」と名乗るアブサロムが、そのスケスケの能力を活かし、今、マスコミ界のスクープ男に成り上がっている事は事実です。
(コミックス第70巻SBSより)

つまり、アブサロムはスリラーバークの怪人の一人として君臨する形ではなく、フリーライターとして生計を立てている形態に生活様式が変化したと考えられます(^^)

上記のコメントを読む限りでは、アブサロムの正式な再登場シーンでは、ライターとしてかなりの名声を得ているであろう姿が予想されます。

でね。

そのあとに、さらに気になるコメントがあるんです。

色んな写真が撮れるでしょう。
彼の記事は野郎共に絶大な人気があるそうです。
(コミックス第70巻SBSより)

と語って、その巻の「エロBS」ならぬ、SBSを終えています(^^;)

ズバリいきましょう!

このエロトークを「コレで終わり」にするのは勿体ない!!

筆者はこんな風に思うんです(*^▽^*)

ここでの「柱」は2つだと思います。

[1]アブサロムはスケスケの実の能力で、様々な場所に潜入して写真が撮れる

[2]アブサロムは「野郎共の人気」を得られそうな場所での撮影経験がある

※ちなみに、現実世界でスケスケの実を食べて勝手放題をやっちゃいけません、念のため(^^;)

▲この記事の目次へ

アブサロムがつかんだ情報

先ほどのセクションで考察した内容を元に話を進めましょう(^^)

アブサロムって、スリラーバーク壊滅後の2年間で、どんな場所に行ってきたんでしょうね??

記事や写真が野郎共に人気ということを「大人向けのコンテンツ」と解釈するならば、例えばこういう場所にも(手段的に)行けたのではないでしょうか。

アマゾン・リリー!!

そりゃあね、ハンコックは絶世の美女と名高い海賊女帝ですから。

行っていたとしてもおかしくありませんし、アブサロムなら自身も、周囲のものも消して忍び込めたかも知れません(^-^)

ただねぇ。

コミックス第84巻までの情報の限りでは、アブサロムがアマゾン・リリーに忍び込めた可能性がつかめませんでした。

それに「●巻のこの描写、もしやアブサロムがアマゾン・リリーに忍び込んだからでは!?」と考えられるような描写も見当たりませんでした。

でも!!

皆さん、これまでのストーリーの中で「もう一つの女ヶ島」と呼ばれていた場所があったのを覚えていますか(^o^)??

カマバッカ王国!!

厳密には、カマバッカ王国のある「モモイロ島(アイランド)」でしたけどね。

筆者の予想はこうです(^^)b

まず、アブサロムがモモイロ島の噂を聞くわけです。

アブサ「なに!もう一つの女ヶ島!?もしかしたら、ハンコックにも劣らないほどの美女がいるかも知れん!!」

それで、カマバッカ王国へ行くわけです。

アブサ「……(´・ω・`)」

このときのアブサロムに「もう帰っちゃおうかな…」という思いが生まれたかは分かりません。

でも、もしもアブサロムがマリンフォード頂上戦争後にカマバッカ王国に行ったなら、アブサロムにとって因縁ある人物がいたはずです。

サンジですね(^^)

スリラーバーク編でアブサロムはサンジにやられ、結果的にナミとの結婚を阻止されています(^^;)

そんなサンジの足取りをつかんで、いつか情報として誰かに売ろうと考えていたかも知れません…。

筆者が何を言いたいか、お分かりでしょうか?

 

 

 

 

 

そうです!

サンジがカマバッカ王国にいた情報をビッグマムに与えたのはアブサロムでは!?

 

そう考えるとアブサロムは、親分のモリアも含めて、まぁまぁ筋道のすんなりいく説明ができそうかなとも思えるんです(^^)v

▲この記事の目次へ

サンジの情報をビッグマムに渡すことでアブサロム達が得るメリット

アブサロムはスリラーバーク編でサンジにやられました。

サンジに、今でも恨みを持っている可能性は否定できません。

そしてアブサロムのボスのゲッコー・モリアは、どういう因縁かカイドウに恨みを持っているようにも見えます。

アブサロムとしては、サンジに恨みを晴らしてやりたいと考えているかも知れません。

モリアに関してはカイドウを負かしてやりたいと考えているかも知れません。

そこへ思いもかけずゲットできた、サンジがカマバッカ王国にいたという情報。

サンジがカマバッカ王国にいるという情報をビッグマムに与えることで、サンジはもちろんカイドウにもダメージを与えられないだろうか…!?

そうすると、モリア&アブサロムにとって有利な結果ですよね〜(^^)

ビッグマムはラフテルへ行きたがっている、その為にはカイドウの持つロードポーネグリフは必須でしょう。

だから戦力増強に目をつけるわけです、経緯は省きますが、サンジの家族のジェルマ王国の軍隊と科学力に目をつけました。

ビッグマムは傘下につける勢力の家族と子供とを結婚させるという情報まで得たとします。

アブサロムからすれば、サンジがビッグマムの娘と結婚することで、因縁の相手のサンジの自由まで奪えることを知った。

でも、ただ「結婚しろ!」だけではサンジは断るかも知れない。

だから、世話になった人を人質に取ろうか。

なに?サンジは過去にカマバッカ王国という国にいた!?

よぉし、この存在もチラつかせてみようか。

……(^_^;)

だとすれば!

サンジがカマバッカ王国にいたという情報をアブサロムがビッグマムに提供することで、アブサロムにとってもモリアにとってもメリットがある!

こんな風には考えられないでしょうか??

筆者は過去に、カマバッカ王国にサンジがいた情報を誰がビッグマム側に話したんだろうといくつか予想を立てたこともありました。

「カマバッカ王国にスパイが潜んでいたのかな?まさかインペルダウンから…?」とか(^^)

「いやいや、革命軍にスパイがいて、その人のいる場所でイワンコフが喋っちゃったのかな?」とか(^^)

それの新説です(*^▽^*)

「アブサロムがビッグマムに情報を渡しているのでは?」

これも推してみます(^^)

▲この記事の目次へ

まとめ:アブサロムとビッグマムのつながり

[1]アブサロムの記事や写真が男性陣に人気というコメントを「ただのエロトーク」で終わらせるのは勿体ない!

[2]アブサロムは美女が多く集う島(うわさも含む)で写真を撮影したことがある!?

[3]サンジがカマバッカ王国にいた情報をビッグマムに与えたのはアブサロムでは!?

[4]ビッグマムにサンジの情報を渡すことで、アブサロムもモリアもメリットがある!?

▲この記事の目次へ

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ