1. HOME
  2. >> 伏線考察|ワンピース
  3. >>ヴェルゴがシーザーを支える2つの意味【ワンピース伏線考察】

パンクハザードでの研究のヤバさを息巻いて説明するシーザー。

そこには、かなりの恐ろしさを感じると同時に、シーザーとドフラミンゴ以外の人物とのつながり、すなわち「シーザーとヴェルゴのつながり」も感じてしまうのでした。

今回は、そのあたりのお話です…。

この記事の目次

ヴェルゴがシーザーの後ろ盾となる2つの意味

シーザーの研究があるのはヴェルゴ中将のおかげ!?

ドフラミンゴを支えつつ、ヴェルゴは海軍にも協力していた!?

ヴェルゴがシーザーの後ろ盾となる2つの意味

話題に挙げるのは、第689話「ない様である島」です(*^▽^*)

ルフィにシーザーが、パンクハザードが闇の科学を取り扱う場所であるという話をしているところでしたっけ。

許されねェ実験も必要な実験体の調達も!!!
……好き放題だ!!
全ては強力な後ろ楯によってその存在自体揉み消される!!
(第689話「ない様である島」より)

シーザーは堂々と言っているんです。

だからこそ、ちょっと怖いものを感じました。

だって、つまり…、

[1]実験や必要な実験体の調達を「後ろ盾」の力を得て行っている

[2]シーザーの実験は「後ろ盾」によって揉み消されている

そして、

[3]後ろ盾の話をしている吹き出しの背景にヴェルゴがいる

これです!!

つまりシーザーにとって、ドフラミンゴだけでなくヴェルゴも「後ろ盾」の一人だったのかな、と解釈しています。

「ヴェルゴもドンキホーテファミリーだったんだから当然でしょ!?」

っていう考え方もあると思います。

もちろん「ドンキホーテファミリーの一員として」でもヴェルゴは後ろ盾だったのでしょう。

さらに筆者は、ヴェルゴが「海兵としても」後ろ盾だったと予想しています(^^)v

▲この記事の目次へ

シーザーの研究があるのはヴェルゴ中将のおかげ!?

シーザーはパンクハザードで、どんな研究をしてきたのでしょう?

ゾウ編になってようやく「KORO」や「ROKO」が出てきたあたり、パンクハザード編で登場したキーワード以外にもシーザーは様々な研究をしてきた可能性がありそうです(@_@)

パンクハザード編で明確に描かれましたよね、シーザーの一部の研究は、実験体として「元囚人」が利用されていたと。

ヒドイ話です…。

囚人という言葉からは自然とインペルダウンの囚人を予想してしまいますが、いずれにしてもその身柄を管轄しているのはワンピースの世界における政府機関でしょう。

インペルダウンだけでもルフィ17歳時点で200名以上の囚人がいましたから、まさか3人の大将だけで囚人達を管理・管轄している可能性はあまり高くなさそうです。

つまり、断定はしませんがシーザーの研究の実験体の調達に、中将であったヴェルゴが関わっていても何の不思議も無いと思うのです。

そして、もみ消しに関しても明確に描かれましたね。

子供たちを連れ去ってパンクハザードで実験をしていましたが、親などの関係者には「海難事故」という形で説明していました。

これも、表の顔は人格者として振る舞っていたヴェルゴだからこそできたことなのでしょうか…。

▲この記事の目次へ

ドフラミンゴを支えつつ、ヴェルゴは海軍にも協力していた!?

シーザーが先述の引用のように語るシーン。

吹き出しの背後にヴェルゴがいるんです。

もっとも、同時並行でローやスモーカーと対峙していることを印象づけるためにそう描かれていた可能性もあるでしょう。

ただし、これを「シーザーの後ろ盾の話の中にヴェルゴを印象づけることで、彼がシーザーの研究をドフラミンゴとは別の領域で助けていた」と解釈するとしたら、どうでしょう?

もちろん、ドフラミンゴに対するヴェルゴの裏切りは無かったでしょう。

少なくともドフラミンゴは、最後までヴェルゴを信じていたはずです。

ただ「それだけじゃない」っていう話です。

ヴェルゴは、ドフラミンゴにも協力しつつ、シーザーの研究を海軍のためにも行かしていたんじゃないのかな?ってね。

そういう予想です(^^;)

▲この記事の目次へ

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ