1. HOME
  2. >> 伏線考察|ワンピース
  3. >>シーザーがルフィに倒されて不思議な反応をしていた3組のヤツら【ワンピース伏線考察:第692話より】

シーザーは、パンクハザードでルフィの攻撃を受け、倒れました。

そのようすは映像電伝虫を介して世界各地に広まったワケですが、その映像電伝虫を見ていた人物は、それぞれの反応をしているんです。

今回は、その中から3組をピックアップして、シーザーが倒されたことに対する反応をふり返ってみることにします(^^)

この記事の目次

その1:ビッグマム海賊団(ペコムズ&タマゴ男爵)

その2:ジャックの知人(カイドウの一味なのか何なのか…?)

その3:謎の男(ロブ・ルッチなのか誰なのか…?)

その1:ビッグマム海賊団(ペコムズ&タマゴ男爵)

まずはビッグマム海賊団から、ペコムズ&タマゴ男爵のやり取りです。

ママに連絡だボン!
(第692話「ドレスローザから来た刺客」より)

ペコムズは直後にガオって鳴いているんですが、文脈的に「OK」という意味合いがあったのでしょう(^^;)

コミックス第84巻までの時点で、ビッグマムはシーザーに巨人薬の研究の依頼をしていましたっけ。

(シーザーからすれば成功は到底無理と判断して、ビッグマムからの資金援助を遊びに使ってしまっていたようですが…)

でも、ビッグマムの認識からすればシーザーは、自分の夢を叶えてくれるかも知れない大切な「取引相手」であったはず。

その部下達がシーザーの解放を求めて動き出すことは、自然な流れかも知れません。

▲この記事の目次へ

その2:ジャックの知人(カイドウの一味なのか何なのか…?)

お次はコチラ(^o^)

「ジャック」の耳に入れておけ……
いいのか!?ヤベェ事になるだろ!!
(第692話「ドレスローザから来た刺客」より)

このセリフを読み取る限り、ジャックというのは、ゾウにやって来てモコモ公国を荒らしてまわったあのジャックという認識で問題無いでしょう。

だとすると、ジャックの耳にシーザーがとらえられたという情報が入って、結果「ヤバいこと」が起こっていますので、この2人の片割れの人物が言うとおりになっているのは確かです。

ただし!!

この人物が「ジャック」と呼び捨てで呼んでいるところからして、組織の序列としてはジャックの部下ではなく「同等」または「上位」の関係にあるという可能性はあると思います(^^)v

ジャックより同等だとしたら、3人いるというカイドウの腹心の、残り2人のうちの片方でしょうか。

ジャックの上位だとしたら、…うーん誰でしょう(^^;)

▲この記事の目次へ

その3:謎の男(ロブ・ルッチなのか誰なのか…?)

そして3つ目は、これまた謎の男。

いや、口ぶりからして「男かもなぁ」ってだけですが、んー、男性かなというところ。

もしも男性だとしたら、ロブ・ルッチに見えなくもない格好なんですよね…(^^;)

その人物、こんなことを言っているんです。

おそらく“同盟”だ世界に報じろ……!!もう裏の問題じゃ済まねェ…!!!
(第692話「ドレスローザから来た刺客」より)

誰かに命じて、麦わら&ローの同盟を報道させようとしているんです。

皆さん、ツッコミの準備はよろしいでしょうか(^^)?

せーのっ!

何故そんなことができるのだ…(゜д゜)!?

ちょうどこの少し後、ドフラミンゴの七武海脱退報道が出て、数時間後に誤報だと取り消した事例がありました。

誤報だとドレスローザに発信したのはCP0でしたね。

それをローが不思議がっていました。

なんで報道まで操れるんだ?そんなこと天竜人くらいしかできねぇのに…、まさか?

で、ドフラミンゴが天竜人であり、なおかつマリージョアの国宝の秘密を知っているから報道も操れたという趣旨の発言をしていました。

つまり、ですよ?

ロブ・ルッチも天竜人の弱みを握った…!?

それが、ドフラミンゴと同じように「マリージョアの国宝」かは分かりません。

でも、慣れた段取りで王道を出すように指示していたところを見ると、もしもあの彼がロブ・ルッチなら、エニエス・ロビーの一件が終わった後に、何らかの形で天竜人の後ろ盾を得ることに成功したのかも知れません(@_@)

▲この記事の目次へ

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ