1. HOME
  2. >> 週刊少年ジャンプ感想|ワンピース
  3. >>「会議」を読んで気になった5個のポイント(前編)【ワンピース第858話】

今週は表紙&巻頭カラーです(*^▽^*)

表紙は戦闘態勢のルフィ&サンジに、不敵な笑みを浮かべるビッグマム。

お、巻頭カラーでは麦わらの一味がアメフトやってますね(^-^)

では、今回も気になったポイントをピックアップします。

【1】総料理長シュトロイゼンが泣いているのは何故!?

いえ、単なる「そういうキャラだから」っていう話だったらいいんです(^^;)

でもね。

サンジがプリンと結婚してしまえば、シュトロイゼンは総料理長の座を追われてしまう

みたいな事情があったりしませんかね…?

だから、ウエディングケーキを作りながら、どことなく悲しげな歌を歌っているとか。

考えすぎかな?

これまで表面だけでも楽し気な印象を打ち出してきたトットランドやビッグマム海賊団の「内部の」キャラクターの中で、ちょっと気になるキャラクター。

サンジが結婚してしまうなら、スキル的にもかぶりそうですし。

【2】ペコムズにとってカポネはあくまで「ガキ」なのか!?

カポネは42歳(ルフィ19歳時点、以下同)ということが分かっています。

そうした中で今回のストーリーでも、ペコムズはカポネのことを「ガキ」って言っているんです。

コミックス第84巻の時点で、ペコムズの年齢は分かりません。

でも、ペコムズを軸にして、ペドロ、イヌアラシ&ネコマムシ、そしてバギー&シャンクス(ともに39歳)というキャラクターの世代関係を考えると、やっぱりペコムズがカポネを「ガキ」と呼ぶには違和感を覚えるんです。

過去にも似たような考察をしたことがありました。

ペコムズが「ベッジの野郎」っていうならいいんです、年齢の上下関係も、ワンピースの世界だったらあんまり関係ないと思いますから。

でも「ガキ」っていう理由は、ペコムズとカポネの海賊としてのキャリアで比較して言っているのではなく、ミンク族と人間の「年齢を重ねる速さの違い」に関係があって言っているように思えるのです。

どうかな~、いずれ真相が判明することを楽しみにしたいです!

【3】ビッグマムと巨人族の「確執」

ナミとキャロットのシャワーシーンがありましたね(^^)

朝からネットかいわいでは「神回だ!」と男子を中心に騒いでいる光景を見かけます(笑)

ナミがシャワーを浴びるシーンでは擬音が「ウォシュウォシュ」なんです。

まさかまさかの、ウォシュウォシュの実の能力者「おつる中将」が絡んでいるなんてこと、無いですよね(^^;)

きっと偶然でしょう、擬音が一致しているからって、さすがにこじつけが過ぎますね…。

ところで、カポネの妻のシフォンからは、ローラやビッグマムの過去について明かされました。

ローラは過去最大だと言う政略結婚を蹴って求婚の旅に出たんですよね。

過去に筆者は、その相手がどんな人物だったのか、3種類の予想をしてみました(^^)

まぁ、3本張っておいた「網」には引っかかりましたけどね、個人的には「黒ひげ」だったら面白かったですけど(笑)

さて。

シフォンは語るんです、ビッグマムは全世界の巨人族から嫌われているのだといいます。

そしてそれが、トットランドに巨人族だけがいない理由であり、ビッグマムが人の巨大化の研究をシーザーに求めている理由なのでしょう。

巨人国エルバフでは、ローラを見てひとめぼれする王子様がいたんですね、それがロキという人物。

ビッグマムは、ローラとロキが結婚したら「巨人族との確執の解消」と「エルバフの軍隊の取り込み」ができると踏んでいたようです。

ところが、ローラが逃げた部分に関しては、今回はあまり詳細に描かれていませんね…。

ローラがビッグマムの娘だとわかったら、すべての巨人族がビッグマムを嫌っているならば、結婚自体が破談になるのでは!?

ローラはロキからの求婚を受け入れなかった理由があるのか!?

ロキは一目ぼれにもかかわらず、なぜローラと見た目がそっくりのシフォンではダメだったのか!?

筆者はそのあたりが気になるんですけどね…( ;∀;)

シフォンの話を聞く限り、ローラはビッグマムの怒りに気付いていないのではということ。

そしてシフォン自身も、夫のカポネからビッグマム暗殺計画を聞いた時に何も感じないほど、ビッグマムへの愛情はそがれてしまったみたい…。

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ