1. HOME
  2. >> 伏線考察|ワンピース
  3. >>チンジャオ&サイ&ブーがコリーダコロシアムの戦いにやって来た理由に対する3つの仮説【ワンピース伏線考察】

メラメラの実をかけて繰り広げられたコリーダコロシアムの戦い。

集まったのは新世界の猛者達…、だけというわけではありませんでした(^^;)

今回のテーマはウエストブルーの「華の国」のギャング達が、新世界のドレスローザにやって来た理由に関する考察&予想です(*^▽^*)

この記事の目次

チンジャオ&サイ&ブーがコリーダコロシアムにやって来た件

新世界でも一定の知名度があったチンジャオ達

チンジャオ&サイ&ブーがコリーダコロシアムの戦いにやって来た理由に対する3つの仮説

チンジャオ&サイ&ブーがコリーダコロシアムにやって来た件

話の部隊はドレスローザ編、コリーダコロシアムでの戦いが始まろうとしていた頃にさかのぼります。

コロシアムの実況ギャッツは、出場者に関してこんなことを言っていました。

本日このコロシアムには我らが王によってすでに呼びかけられていた”新世界”の猛者共が集まっている!!
(第702話「コリーダコロシアム」より)

「王」というのは文脈からしてドフラミンゴのことです(^^)

つまり、ギャッツが真実のとおり聞いているなら新世界各地の猛者達にドフラミンゴ自ら出場の案内を出していたと解釈できそうです。

「強い人たちみんなきてね。byドフィ」みたいな招待状でも送ったのでしょうか??

新世界出身の戦士達はドフラミンゴが誘った、コレは疑う理由も無いと思います。

でもね。

チンジャオ&サイ&ブーがやって来たという華の国は、ウエストブルーにあることが確定しました。

華の国トリオは、新世界じゃないのに来ていたんです(゜д゜)!!

大会情報は、どこで入手したのでしょう……?

▲この記事の目次へ

新世界でも一定の知名度があったチンジャオ達

チンジャオ達の初登場からしばらく経って、第704話「ルーシーとキュロスの像」で、

「思い返せば興味深いかなぁ」

という描写を見つけました(^^)b

コリーダコロシアムにいた何人かの剣闘士が、華の国という名前も、チンジャオ&サイ&ブーの名前を知っていたようなのです。

新世界じゃなくても、知名度はそれなりにあったんですね…。

あの日コリーダコロシアムに集まった戦士達のうち、みんながみんな新世界から来たわけではないでしょう。

中にはドレスローザ国内から出場していたベラミーやタンク・レパントのようなキャラクターも居ましたし、意味深なキャラクターは少なくありません。

でもね。

ウエストブルーという、グランドラインの「外」の海域が拠点でも、チンジャオ達は一定の知名度があったと考えられそうです(^-^)

だからと言って、新世界の猛者達が集う戦いに、ウエストブルーから来たの?っていう話になると思うんですよね。

そこを、いくつか仮説を立てることで掘り下げてみましょうか。

▲この記事の目次へ

チンジャオ&サイ&ブーがコリーダコロシアムの戦いにやって来た理由に対する3つの仮説

さて、チンジャオ&サイ&ブーがコリーダコロシアムの戦いにやって来た理由を、仮説として挙げてみたいと思います(^^)b

仮説1:新世界以外にも声をかけていた

シンプルな理由です。

「新世界の猛者達にもちろん声をかけたけど、新世界だけとは言ってないよ」

こういう理由であれば、ウエストブルーに拠点があるであろうチンジャオ達がコリーダコロシアムにやって来たことも、特に不思議はありません。

ウエストブルーなどグランドライン以外の海にいる戦士達にも声をかけ、来られるものは受け入れたというパターンです(^^)

仮説2:新世界の参加者から情報提供を受けた

2つ目の説は、本来はチンジャオ達はドフラミンゴから声をかけられた「正規の参加者」ではなかったパターンです。

でも、どうしても出たかったために、新世界のコネをたどって参加を申し込んだ可能性も、ゼロではないのかも知れません。

仮説3:流出した情報に飛びついた

見出しではこういう表現にしましたけどね…(^^;)

要するに「盗聴では?」という予想です。

新世界のどこかの戦士達のもとに届いた「メラメラの実争奪戦」の案内。

この情報を、どこからともなく盗聴して、参加にこぎ着けたのでは無いかという仮説です。

いずれにしても、ドフラミンゴの思惑としては、コリーダコロシアムの参加者はオモチャとして労働させて、コロシアムの外へ出すつもりは無かったようです。

その「たくらみ」はもちろんコリーダコロシアムの参加者には知られていないと思いますが、メラメラの実をエサにして、尻込みせずに参加しようと考えるまさしく「猛者」だったら、ドフラミンゴは特別な事情でもない限り受け入れたのではないでしょうか…?

▲この記事の目次へ

この記事の感想を受付中です(^^)
お気軽に投票してください。

当サイトのTwitterをフォローして新着情報をゲット!

気に入っていただけたらソーシャルボタンでシェアしてください(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ