1. HOME
  2. >> 人気の記事>>
インペルダウンのレベル6から解放されて、黒ひげ海賊団の仲間入りを果たしたアバロ・ピサロ。 今回のテーマは「アバロ・ピサロは何をしてインペルダウンに収監されたのか!?」です(*^▽^*) この記事の目次 ■そもそもアバロ・ピサロもインペルダウンにいたのか…!? ■クロコダイル&ドフラミンゴから考える「悪事を政府から揉み消される条件」 ■まとめ:アバロ・ピサロが犯した悪事...
インペルダウンのレベル6から選りすぐりの囚人達を解放して仲間に加えた黒ひげ海賊団。 マリンフォード頂上戦争の終盤で、突如現れました。 今回のテーマは、黒ひげ海賊団のインペルダウン解放組が過去に起こした事件について、キーワードからの予想も兼ねた考察をしてみたいと思います(*^▽^*) この記事の目次 ■マリンフォードに突如現れた10人の黒ひげ海賊団 ■インペルダウンのレ...
黒ひげ海賊団に「サンファン・ウルフ」というキャラクターがいますね。 とっても大きな身体で、語尾の「つった」が特徴的です。 今回のテーマは「人なのに”巨大戦艦”という異名が付くサンファン・ウルフの矛盾」についてです(*^▽^*) この記事の目次 ■サンファン・ウルフ初登場に見る「世界最大の生物」という評価 ■サンファン・ウルフの異名が「巨大戦艦」であることに対する2種類...
ルフィがエースを救出するためにインペルダウンに侵入した少し後で、黒ひげも当時の王下七武海の立場を利用して獄内に侵入していました。 ビッグマムはそこから2年後の世界の中で、それを「黒ひげ襲撃事件」なんて呼んでいましたね。 今回のテーマは「黒ひげ襲撃事件での3種類の不思議ポイント」についてです(*^▽^*) この記事の目次 ■不思議1:黒ひげ海賊団の襲撃はのちに大きな事件として...
メラメラの実をかけて繰り広げられたコリーダコロシアムの戦い。 集まったのは新世界の猛者達…、だけというわけではありませんでした(^^;) 今回のテーマはウエストブルーの「華の国」のギャング達が、新世界のドレスローザにやって来た理由に関する考察&予想です(*^▽^*) この記事の目次 ■チンジャオ&サイ&ブーがコリーダコロシアムにやって来た件 ■新世界でも一定の知名度が...
世界各地の海賊たちにとって、ガープを意識する者たちも多く存在するようです。 伝説の海兵と呼ばれたモンキー・D・ガープ中将は過去にどんな風に名を馳せたのでしょうか。 今回のテーマはガープへの評価から見る「鬼」と「悪魔」についてです(*^▽^*) この記事の目次 ■チンジャオから見たガープは「悪魔」 ■キャベンディッシュから見たガープは「鬼」 ■まとめ:立場によって...
ドレスローザ編のコリーダコロシアムに登場したプロデンス王国の国王・エリザベロー2世。 彼の放つ「キング・パンチ」は強力で、たった一撃で多くの戦士を圧倒しましたね。 人々は、キング・パンチの一撃で敵国要塞を粉砕するほどだと言っていました。 さぁ、今回のテーマは「エリザベロー2世が敵国要塞を攻めたワケ」についてです(*^▽^*) この記事の目次 ■敵国要塞を攻めたエリザベ...
ドレスローザ編で登場したCP0(サイファーポール・イージス・ゼロ)というキャラクターの人々。 彼らは天竜人の直属の諜報部員だそうですね。 ロビンは彼らを避けたんです、それは何故だろうと考えるのが今回のテーマです(^^)v この記事の目次 ■グリーンビットに向かう途中に見かけたCP9 ■少し似ている「ロビンが身を隠すシーン」 ■ロビンがCP0を避けた理由につながる...
ドレスローザ編の終了後に、麦わらの一味に「傘下入り」したバルトロメオら海賊たち。 色々と「くせ者」ぞろいで、いずれ来る再登場のときにもまた大暴れしてくれそうです(笑)(^^;) 今回のテーマは、コミックス第71巻での描写を中心とした「麦わらの一味の傘下の海賊たちに関して気になるポイント」についてです(*^▽^*) この記事の目次 ■その1:バルトロメオ ■その2:キャ...
ドレスローザ編で「ダガマ」っていうキャラクターがいたのを覚えていますか? ルフィから「ダルマ」て呼ばれていましたっけね(^^;) 今回のテーマは「ダガマは未来の出来事を暗示している!?」です。 この記事の目次 ■ダガマは「メラメラの実そのもの」を取り引きに使おうとしている!? ■ダガマが暗示するのは「海賊王の座」!? ■まとめ:ダガマが暗示する未来 ダ...
シーザーは、パンクハザードでルフィの攻撃を受け、倒れました。 そのようすは映像電伝虫を介して世界各地に広まったワケですが、その映像電伝虫を見ていた人物は、それぞれの反応をしているんです。 今回は、その中から3組をピックアップして、シーザーが倒されたことに対する反応をふり返ってみることにします(^^) この記事の目次 ■その1:ビッグマム海賊団(ペコムズ&タマゴ男爵) ...
3月2日はサンジの誕生日です(*^▽^*) 麦わらの一味のコックを務め、2017年時点のストーリーで注目を浴びる彼の誕生日を祝って、当サイトのサンジにまつわる考察のうち厳選した8件をご紹介します(^^)! 【1】サンジは王族の息子だった【ワンピース伏線考察:動画付き】 [blogcard url="http://www.hachibukai.from.tv/20130916128...
パンクハザードでの研究のヤバさを息巻いて説明するシーザー。 そこには、かなりの恐ろしさを感じると同時に、シーザーとドフラミンゴ以外の人物とのつながり、すなわち「シーザーとヴェルゴのつながり」も感じてしまうのでした。 今回は、そのあたりのお話です…。 この記事の目次 ■ヴェルゴがシーザーの後ろ盾となる2つの意味 ■シーザーの研究があるのはヴェルゴ中将のおかげ!? ...
スリラーバーク編で登場した、モリアの部下のアブサロム。 スケスケの実の能力を持つ彼は、モリアが倒された後も人知れず活躍しているようです。 今回のテーマは「アブサロムとビッグマムのつながり」についてです(^^)/ この記事の目次 ■アブサロムのライターとしての実績 ■アブサロムがつかんだ情報 ■サンジの情報をビッグマムに渡すことでアブサロム達が得るメリット ...
今回のテーマは「海軍本部は、ドフラミンゴの悪事を黙認していたのか!?」です。 前置きは少なめに、いきましょう! この記事の目次 ■海軍本部も「悪のカリスマ」と認識していた! ■スマイルも兵器も薬も、ヒューマンショップでさえも… ■ドフラミンゴの称号を剥奪することの意味 ■ドフラミンゴ失脚の影響 海軍本部も「悪のカリスマ」と認識していた! ...
今回のテーマは「ワノ国の墓荒らし騒動」についてです(*^▽^*) 最近の考察、パンクハザードやワノ国関連が多いですね(^^;) ちょっと諸事情ありまして。 さっそくいきましょう!! この記事の目次 ■ワノ国の「墓荒らし騒動」をザックリ読む ■リューマの死亡時期から考える、開国or鎖国の立場 ■開国・鎖国の対立が始まったきっかけは何年前!? ■錦えもん...
毎月最終週の金曜日は「プレミアム・フライデー」として、15時での退勤を実践される企業さんもあるようですね(*^▽^*) でも「早く帰れるからって、やることないなぁ…」という方も少なくないはず。 そこで今回は、プレミアムフライデーの仕事終わりにゆっくり読みたい考察記事8件をご紹介しますm(__)m 【1】鬼考察!ロロノア・ゾロ ゾロの生い立ちや家族、そしてささやかれる噂につい...
今回の考察は、ビッグマムとパンクハザードのつながりについてです。 シーザーの研究のために、前もって手に入れていた設計図でパンクハザードの研究施設そっくりの建物を作らせてしまったビッグマム。 その辺の話も含めて、考察してみたいと思います(^_^) この記事の目次 ■パンクハザード編に散りばめられたキーワード達はどうしてもビッグマムを連想してしまう… ■政府機関のハズのパ...
今回のテーマは「モモの助が見た海賊」についてです(^_^) そこから少しだけ派生して考えてみます! この記事の目次 ■モモの助の「海賊」の印象に大きな影響を与えたのはカイドウ!だけど…? ■モモの助はロジャーに会っているのに海賊としての印象は薄かった!? ■モモの助にとっての「海賊」のイメージにロジャーの存在を感じさせない4つの仮説 ■まとめ:モモの助から見た「...
今回の伏線考察のテーマは「Dr.ベガパンクの評判」についてです(*^▽^*) とは言っても、コミックス第84巻時点でハッキリと姿が描かれたわけでないベガパンクについて、論じるには限度があるでしょう。 でも周囲の人の語る「Dr.ベガパンク」の人物像には、少しばかり違和感を感じてしまうんですよねぇ…。 この記事の目次 ■モモの助が「龍になる悪魔の実」を食べるまで ■シーザ...
皆の者、こんにちはでござる(*^▽^*) 今回のテーマは、錦えもんのセリフから考える竜(ドラゴン)と龍(りゅう)についてでござる。 ※ござる口調は冒頭だけでやめるでござる…。 この記事の目次 ■錦えもんが恨む竜(ドラゴン)という存在 ■錦えもんの遺恨の対象がルフィの父ドラゴンでないと考える理由 ■感情を爆発させた錦えもんのセリフの裏に見る「主君への忠誠心」 ...
麦わらの一味はシャボンディ諸島で、一度バラバラになりました。 バーソロミュー・くまのニキュニキュの実の能力によって各地に飛ばされた一味は、それぞれの場所でルフィからのメッセージを受け取り、2年間の修行のときを過ごすのでした。 今回のテーマは、「麦わらの一味の2年間がほとんど知られていない件について」です(*^▽^*) この記事の目次 ■ルスカイナ島での2年間を他人に言わなか...
今回のテーマは「茶ひげ再登場の可能性」についてです(*^▽^*) この記事の目次 ■自ら捕まる選択をした茶ひげ ■茶ひげは脱出のサポート役としては優秀 ■茶ひげ再登場があるとしたら… 自ら捕まる選択をした茶ひげ 「なぜ今、茶ひげなの!?」 まぁまぁ、ごもっともです(^^;) (ぼそぼそ…、最近パンクハザード編とインペルダウン編を読み返した...
パンクハザード編で、シーザーの秘書をつとめていたモネ。 のちに、ドンキホーテファミリーの幹部であることも発覚しました。 彼女は、パンクハザード編で死んでしまったのでしょうか…? この記事の目次 ■モネの心臓はシーザーに刺され… ■モネが死んだと言うのなら… ■モネがドンキホーテファミリーの幹部だった意味はドフラミンゴの再登場まで待て!? モネの心臓はシ...
いつも「続・帰ってきた八武海」をご覧いただき、ありがとうございます(*^▽^*) 考察記事を更新しましたので、お知らせします。 青キジことクザンの海軍脱退後の動向について考えたほか、その強い信念から、どんな心情の変化があったのかを探ってみました。 こちらのボタンをクリックしてご覧くださいm(__)m  ▼ ▼ ▼ クザンの折れることない心...
いつも「続・帰ってきた八武海」をご覧いただき、ありがとうございます(*^▽^*) このたび、過去の考察記事をリライト(加筆)しました。 テーマは「人造悪魔の実スマイルのメリットとデメリット」についてです。 元々は2013年に書いた記事でしたが、コミックス第84巻までの情報を元にして、新たに分かったこと、新たに思い浮かんだ仮説などを増やしたうえで、考察してみました。 よろしけ...
ドレスローザでの戦いを終えて、七武海だったドフラミンゴはインペルダウンへと収監されるため、護送船に乗せられたようです。 「ドフラミンゴ!お前は七武海の称号剥奪だ!」みたいなセリフはありませんが、ストーリーの展開上、そうなったと考えざるをえないでしょう。 そんなドフラミンゴですが、護送船の中で錠をかけられながらも、新しい時代が始まるぞ的な、フフフ的なことを言っていました。 この期に...
コミックス第84巻までを終えた時点で、カイドウのもとに囚われの身となっている最悪の世代の海賊ユースタス・”キャプテン”キッド。 初登場時に「超新星」とも呼ばれた11名海賊の中では最高額の懸賞金だった彼ですが、ついに四皇の手中に落ちてしまったのでしょうか…。 いや! 筆者はまだ、キッドの航海が「コレで終わり」とは思っていません(*^▽^*) この記事の目次 ■シノク...
今回の考察は、ちょっと短めにお話ししますね。 「考察」と言えるかも分からないほどのネタです(^^;) お話は、パンクハザード編にさかのぼります。 パンクハザードの毒ガスに触れずに脱出できた唯一のルート コミックスで言うと第68巻に当たる、パンクハザード編でのできごと。 島中が毒ガスで充満しそうな中、麦わらの一味やパンクハザードの元囚人達、そして海軍などは、続々と研...
パンクハザードで登場した、幻の生物竜(ドラゴン)!! 「あぁ、ルフィの父ちゃんか」 ↑ちゃうちゃう(^^;) 「あぁ、モモの助が変身できる動物か」 ↑ん〜、筆者はコレにも「ちゃうちゃう」って言っちゃいます、理由はまたいずれ。 今回は「竜(ドラゴン)」とDr.ベガパンクについてです(*^▽^*) この記事の目次 ■竜(ドラゴン)と鎮静剤 ■たしぎと竜(ドラゴン...
ゾウ編でサンジに突き付けられた結婚話から、サンジの家族にまつわる情報もたくさん飛び出してきました。 ここでは主に、サンジの母親「ソラ」にまつわる情報を振り返ってみたいと思います(*^▽^*) この記事の目次 ■ジェルマ66とビッグマム、カポネの力関係 ■サンジが手紙に残した「女」って誰!? ■ヴィトがサンジに耳打ちした話 ■サンジの母親はどこ!? ■サ...
今回の【鬼考察】は、最悪の世代の海賊の一人スクラッチメン・アプーについてです(^^) 手長族という、両腕の関節が人間より1つ多い点も特徴のアプーですが、筆者が気になっているポイントは他にもあるんです。 それが、こちら。 アプーの「本当の」同盟相手 そこを考えながら、アプーについて掘り下げていきましょうか(*^▽^*) この記事の目次 ■スクラッチメン・アプー...
パンクハザード編で、少し奇妙なシーンがありましたよね。 スマイリーが「シノクニ」に変化した直後に、シーザーが意味深な発言をしたあと、シーザーの近くにあった木の実がだんだんと変化していって……? 今回の考察は、そのシーンについてです(^^) この記事の目次 ■まず、スマイリーとは? ■スマイリーから「シノクニ」への変化 ■スマイリーが「2つ目の悪魔の実を食べた」の...
2月6日は麦わらの一味の考古学者ニコ・ロビンの誕生日です(*^▽^*) 彼女の誕生日を記念して、当サイトの過去の記事の中からロビンの厳選考察記事5件をご紹介します! 【1】革命軍がロビンを「十年以上前」から探していた理由に対する3つの仮説 バーソロミュー・くまが麦わらの一味を世界各地に飛ばしてしまい、ロビンはイーストブルーのテキーラウルフに飛んでいってしまいました。 と...
第853話のワンピースで、三つ目族の血を引くプリンがポーネグリフを読み解く鍵を握る人物だという趣旨の発言を、マムがしていましたよね(^^) 筆者はずーーっと前から、サンジの結婚相手がプリンであることを不思議に思ってきました。 「なぜサンジと結婚する相手に、ビッグマム側はプリンを出してきたんだろう??」 第853話を受けて、ようやく「1つの予想」としてまとまりそうなものができたので...
いつも「続・帰ってきた八武海」をご覧いただき、誠にありがとうございますm(__)m 当サイトで先日、Twitterとの連動企画をやらせていただきました。 「企画」といっても、アンケートを採らせていただいただけなんですが(^^;) テーマは、 ルフィとゾロが全力で戦闘したら、どっちが勝つ!? 結果はこうなりました(^^)b ぶっちゃけ、ルフィとゾロが全力で戦闘した...
目指すは世界一の剣豪! 第1巻からルフィの仲間としてともに行動し、麦わらの一味の「最古参」といえるゾロ。 今回の【鬼考察】はゾロの「人となり」や過去、そして未来について掘り下げてみます(^^)v この記事の目次 ■ロロノア・ゾロってこんな人!? ■仲間とのつながり〜その1:ルフィとナミ〜 ■ゾロの刀との出逢いは「人との出逢い」でもある…と思う! ■ゾロ...
いつも「続・帰ってきた八武海」をご覧いただき、ありがとうございます(*^▽^*) 当サイトでは、ワンピースストーリーの中で気になったことなどを考察しています。 中でも「初めてサイトを訪れてくださった方に見て欲しいワンピース伏線考察」をピックアップします(^^)v 【1】コビーだけ、ルフィに関して驚いているポイントが違う!? コミックス第1巻からすでに登場しているコビーは、海...
今回のテーマは「モリアとビッグマムとカイドウの比較」です(*^▽^*) できるだけ軽くいきますね(^^;) この記事の目次 ■ゲッコー・モリア:カゲカゲの実の能力者 ■ビッグマム:ソルソルの実の能力者 ■カイドウ:人造悪魔の実スマイルで能力者軍団を組織中 ■扱うモノを比較すると「モリア&ビッグマム」と「カイドウ」に別れる ■モノを与える対象で比較すると「モ...
過去のストーリーをふり返ってみると、 「あっ!このシーンのこのセリフ、今になって読み返すとこういう意味があったのかな??」 と思うこともあります(^-^) 今回はその中から、コビーの海軍入隊のシーンで海兵が言っていたセリフを考察してみようと思います。 この記事の目次 ■コビーの初登場から海軍入隊まで ■海兵のセリフには深い意味があった!? ■海軍にはヴェル...

ページの先頭へ