1. HOME
  2. >> 人気の記事>>
第853話のワンピースで、三つ目族の血を引くプリンがポーネグリフを読み解く鍵を握る人物だという趣旨の発言を、マムがしていましたよね(^^) 筆者はずーーっと前から、サンジの結婚相手がプリンであることを不思議に思ってきました。 「なぜサンジと結婚する相手に、ビッグマム側はプリンを出してきたんだろう??」 第853話を受けて、ようやく「1つの予想」としてまとまりそうなものができたので...
過去のストーリーをふり返ってみると、 「あっ!このシーンのこのセリフ、今になって読み返すとこういう意味があったのかな??」 と思うこともあります(^-^) 今回はその中から、コビーの海軍入隊のシーンで海兵が言っていたセリフを考察してみようと思います。 この記事の目次 ■コビーの初登場から海軍入隊まで ■海兵のセリフには深い意味があった!? ■海軍にはヴェル...
第851話までで、レイジュの重傷の理由は「プリンの銃撃による負傷」と判明しましたね(゜д゜) プリンの三つ目にもビックリしましたが、ここまで大胆な計画を考えているからには、それ相応の準備もあるんでしょうか。 今回は、そこで筆者の中に浮上したプリンとカポネが影で組んでいる可能性について考察してみたいと思います。 この記事の目次 ■プリンがレイジュを生かしておいた理由 ...
ビッグマムがローラにブチ切れ…(゜∀゜;ノ)ノ!! そうじゃないかなっていう予想もありましたよね、スリラーバーク編の時点でローラが家を出ているっていう事実からして。 実際、ビッグマムがローラに起こっている理由を見てみると、 過去最大の政略結婚(第846話「ルフィとビッグマム」より) をローラが蹴ったから、らしいんですね(@_@) 誰なんでしょうね?? 今回は3つ...
歴史の本文(ポーネグリフ)は歴史を語る石 ワンピースの読者の多くの人々が知っている情報ですね(^^) 第846話のストーリーの中で、タマゴ男爵が新しい情報を語ってくれていました。 今回の記事では、そこを中心に掘り下げてみましょう! この記事の目次 ■ポーネグリフに関する情報@第846話 ■ビッグマムの持つポーネグリフ ■ポーネグリフの「個数」のカラクリ ...
初登場シーンでは、実母ビッグマムに魂を奪われたモスカートを助けていたモンドール。 彼自身もビッグマムの息子ですが、第846話までの描写を見る限りでは、高額な賞金首の可能性もありそうですね…( ̄ー ̄) 今回の考察は彼について。 結論からいくとシャーロット・モンドールは「ブクブクの実」の能力者なのでは!?という話題を掘り下げてみます(^^)v この記事の目次 ■モンドール...
イーストブルーの「コジア」っていう国は、どんな国なんでしょうね…? ルフィ達がイーストブルーで冒険してきた島でしょうか? もしくは、住んでいた島とかね(^^) マリンフォード頂上戦争後のルフィの回想シーンで、革命軍が幼少期のルフィとゾロに、時間をずらしてニアミスしていたような描写がありました。 サンジがコジアを訪れる前後に、麦わらの一味のほかの誰かが訪れていたりして(^^)...
皆さん、ベビー5って「何者」だと思いますか? ドンキホーテファミリーの幹部のひとりとして登場したベビー5。 幼少期のローの回想にも登場するとおり、幼いころからドフラミンゴのもとに身を置いていました。 ドレスローザ編以降は、八宝水軍棟梁のサイと結婚して、ドンキホーテファミリーを離れているようです。 今回は、ベビー5の過去を中心に、彼女の人生について考えてみたいと思います(^^...
第840話「鉄仮面」では、サンジの幼少期の回想のほかに、ジャッジとベガパンクの研究についても説明がありましたよね(^o^) ヴィンスモーク・ジャッジ、やはりというべきか、若いころのベガパンクと同じ環境で研究をしていたようです。 ただ、けっこう疑問も多かったですよね(^^;)?? 「これどういう意味なの?」みたいな…。 今回のテーマは、「そもそも血統因子って何なの?」というと...
扉絵連載シリーズ「世界の甲板から〜5億の男編〜」も、ついに最終回を迎えました(^^) 最後の2回で、赤髪海賊団が取り上げられていましたね。 2回のうち2回目、シャンクスを中心とする方のシーンでは、荒廃した島で「結婚式」が行われていたようです。 今回のテーマはコレ、「赤髪海賊団は誰の結婚式に出席したのか??」です(^o^) 「世界の甲板から〜5億の男編〜」ラスト2回のシーン ...
コミックス第24巻で、麦わらの一味のもとに突如降ってきたガレオン船。 当時驚きだったこの展開でしたが、ロビンの推理から、この船の概要が明らかになっていったのでした。 今回は、「200年前の船が雲流しの刑にあっていた理由」について予想してみます(^^) この記事の目次 ■セントブリス号~約200年前のサウスブルーのガレオン船~ ■【予想】セントブリス号が空島へ到達で...
ワンピースにおける長年の疑問の一つ。 それが…、 「物に悪魔の実を食べさせる方法」です!! どうやったら悪魔の実の能力を、人ではない「物」に与えることができるのでしょう?? 今回の考察はその方法の予想について。 キーワードは「魂」です(^^)!! あくまで、筆者の予想としてご覧ください。 この記事の目次 ■物に悪魔の実の能力を宿す、キーワードは「...
スリラーバーク編で大きなキーワードになりましたね。 影(かげ) 今回は復習もかねて、ゲッコー・モリアが操っていた「影」について振り返ってみましょう(^^) この記事の目次 ■「影」が入ったゾンビの性質 ■「影」を抜かれた者の変化 ■「影」がゾンビから離れるしくみ 「影」が入ったゾンビの性質 まずは影を入れられた側、つまり「ゾンビ」のほ...
日常生活で「時空のゆがみ」に遭遇しちゃうことって、良くありますよね〜(^o^) ワンピースの世界にも「あっ、これ時空のゆがみじゃない!?」と感じること、筆者もあるんです。 「でも待って!それってホントに時空のゆがみかな?」 今回のテーマは「ゾウ編〜ホールケーキアイランド編にかけて、時系列をややこしくしている4人組」についてです( ̄ー ̄)!! その4人とは……【1】カポネ【2...
週刊少年ジャンプで連載中のワンピースは、本稿執筆時点(2016年5月末)ではサンジを取り巻くお話がメインになりつつあります(^^) 当サイトでは、サンジはもちろんとして麦わらの一味の謎も「あえて」掘り返しておこうと、一生懸命ネタの整理をしながら考察記事をアップしております。 今回はブルックの謎! 麦わらの一味最年長で、遠い世代の記憶も実体験として持ち合わせるブルックの経歴や生い立...
過去のストーリーに思うところがあって、麦わらの一味の修行期間の前後について調べる機会がありました(^^) シャボンディ諸島編から魚人島編にかけての一部です。 今回はその集大成! テーマは読者の前に現れた「シルバーズ・レイリー」の正体とは!?です。 この記事の目次 ・「レイリー」が泣いた日 ・「ロジャー」が消えた後の世界 ・読者の前に現れた「シルバーズ・...
2016年の春、筆者は個人的に「魚人島編」を復習ポイントの一つに挙げていました。 尾田先生が(2016年は)サンジの年みたいに仰っていたはずなのですが、なぜに魚人島……(^^;) さておき、その魚人島編で気になるキャラクターを見かけました。 その名は「ダイダロス」! …………誰よ(@_@;)? 今回は復習もかねて、テーマである「ダイダロスって実はとてつもなく偉大な功績...
先日、魚人島とスカイピアとの比較について考察記事としてアップしました(^^) 実はねぇ、魚人島。 ゾウ(モコモ公国)にも似ていると思うんです。 今回のテーマは、そういった内容です。 こちらも長くなりますので、何回かに分けてご覧ください。 この記事の目次 ・ゾウの島やモコモ公国の特徴を魚人島と比べてみる ・麦わらの一味上陸時のイベントで魚人島とゾウを比較...
魚人島編で「デン」というキャラクターが登場しましたね。 幼い頃のフランキーを引き取って育てただけでなく、船づくりを教え込んだコンゴウフグの魚人・トムさんの「弟」です。 デンはオオカミウオの人魚で、トムとは魚人・人魚の区別も違いますし、当然のようにモデルの魚の種類も違います。 今回は、そんなデンが研究している海の森について考えてみます(^^)v デンが研究する海の森、その場所...
シャボンディ諸島で、元ロジャー海賊団の副船長シルバーズ・レイリーと出会った麦わらの一味。 世界の歴史を知ったと言い放つ「彼」は、全盛期を過ぎたとしても、何かとても大きな威厳を感じさせます。 そんなレイリー。 黄猿がシャボンディ諸島にやって来たとき、不思議なことを言われていましたね。 レイリーを捕えるならば、黄猿たちは覚悟を決めなければならないのだそうです。 「覚悟」っ...
ルフィがバーソロミュー・くまに飛ばされてやって来た男子禁制の島アマゾン・リリー。 その島に暮らす人々はみんな「女性」という特殊な島で、彼女たちの中には「男」というものを噂には聞くものの、見るのは初めてという女性ばかりでした。 今回のテーマは、そのアマゾン・リリーに「さりげなく里帰り(?)していたキャラクターがいるんじゃないか!?」という仮説を掘り下げてみることにします。 アマ...
ルフィに恋したアマゾン・リリーの皇帝ボア・ハンコック。 彼女がルフィのインペルダウン潜入からマリンフォード頂上戦争、そしてルスカイナ島での2年間の修行生活を助けたことは、ルフィにとって大きな意味を持つ出来事だったでしょう。 それはまさしく、ハンコックからルフィに対する「恋心」がなせるものだったのかも知れません。 今回のテーマは、アマゾン・リリー歴代皇帝の「恋」についてです。 ...
大変申し訳ありません(^^;)!! 筆者は個人的に「このキャラクター達は脇役キャラなんだろうな…」と思っていたので、ほとんど気に留めていませんでした。 でも! ここへきて、なんと王族として世界会議(レヴェリー)へ参加予定というではありませんか(゚Д゚;)!! そうです、今回のテーマはサボの弟ステリーです。 「なんでゴア王国の王女と結婚できたんだろうね??」という話を、...
ウォーターセブン編からエニエス・ロビー編では、世界政府から狙われているロビンを巡って壮大なストーリーが展開されました(^^) 一方で、そこから2年経った世界でも、まだ誰かから狙われている可能性が払拭できないロビン。 また別の方向では、ファンの間から「ゾロやナミ達は各話のタイトルで”○人目”っていうタイトルが付いているのに、チョッパーとロビンは”5人目”と”6人目”のタイトルがまだ出てな...
第820話で、白ひげ海賊団残党と黒ひげ海賊団との「落とし前戦争」が繰り広げられていたことが明らかになりました。 麦わらの一味の修行中の2年間、世界で何かしらの動きがあったのでしょうが、その詳細が少しずつ読者に向けて明らかになってきたということになるのでしょうか。 もう、この時点で筆者は疑問がいっぱいです(^^;) ・なぜ落とし前戦争なんて起こしたの? ・なぜマリンフォード頂...
「ロードポーネグリフ」なるものが、新たなキーワードとして登場しましたね(^^) 4つあるそれぞれが示す4つの地点、その中心に存在するのがラフテルだと、こういうことでしょうか。 いやいや、ちょっと待って! 今回は「4地点の中心って、2つ存在するんじゃないの??」という点を考えてみたいと思います。 この記事の目次 ・ログの終着点で気づく、ポーネグリフと古代文字との...
第1巻の第1話から登場している、海賊王ゴールド・ロジャー。 彼の処刑間際の一言をきっかけに、大海賊時代は幕を開けました。 そんなゴールド・ロジャーは、読者のみなさんからはどんな風に見られているのでしょう? 「ゴールド・ロジャーはグランドラインのラフテルでワンピースを見つけて海賊王になった」!! えぇ…。 「果たして本当にそうかな?」 そんな疑問を投げかけるのが、...
第816話で、錦えもんが言っていたんです。 ゾウに住む”人嫌いの種族”とは やはりミンク族だとロー殿申しておったな (第816話「イヌVSネコ」より) じっくりこのセリフの文言を吟味したいので、最小限の範囲で引用させていただきましたm(__)m カン十郎に言った錦えもんのこのセリフ。 今回はこのセリフをもとにして、ある仮説を考えたいんです。 それが…、 ...
2016年が「サンジの年」だと、まことしやかに囁かれる昨今。 当サイトでもサンジの謎を今一度、洗い出して考察してみることにしました。 今回は、ちょっと視点を変えてみたいんです。 サンジ視点じゃなくて、ルフィの視点から見たサンジの存在で考えてみようと思います。 この記事の目次 ・麦わらの一味における海賊「黒足のサンジ」 ・ルフィを含む3人組で見た時の、...
ホビホビの実の能力で触れたものをオモチャにして、オモチャにされた相手は人間のころの記憶を周囲から消されてしまうという驚異の能力を持つドン・キホーテファミリーの特別幹部・シュガー。 ここでは、「空白の100年を作り出したのは、ホビホビの実の能力!?」という仮説を考えてみます。 【基本形】触れられた人はオモチャになり、忘れられる ホビホビの実の能力の基本形です。 触れられた人や...
第758話で描かれていたウソップの長距離射撃のシーン。 見事にシュガーを倒すことに成功したわけですが、その時にウソップは、ルフィやロー、シュガーのいるあたりに「オーラ」のようなものを感じています。 この時に感じたオーラの正体がなんであるかは明確に「こういうものだ」という説明はありません。 では、何だと言うのでしょう?? 結論からして、当サイトでも、これはやはり「見聞色の覇気...
ドレスローザのコリーダコロシアムで行われた「メラメラの実争奪戦」。 そこでの戦士たちは、一部はオモチャに変えられながらも、復活して、第752話時点で、ドフラミンゴ討伐へ向けてそれぞれ進んでいます。 ここで、戦士たちの戦闘力の序列を、コロシアムでの戦闘を基準に考えてみましょう! ※表記は「(勝者)>(敗者)」で、カッコ内の番号は整理のための通し番号です。 場外戦(コロシアム)...
白ひげが健在だったころ、白ひげのナワバリだった魚人島。 でも、白ひげの死後は、ビッグ・マムのナワバリになっていますね。 白ひげに、敵ながらも敬意を払っていたというシャンクスです。 白ひげに代わってナワバリを守ってほしいと頼まれれば断る理由も無いように見えますが、一体何があったのでしょう?? 可能性として考えられるのは、例えば、魚人島のリュウグウ王国が、最初からシャンクスに頼...
ドレスローザのコリーダコロシアムで三千戦無敗を誇ったという剣闘士キュロス。 ところが、ドレスローザに彼を知る者は誰もいないと言います。 子供だけならともかくとして、大人たちまでもが忘れてしまったコロシアムの英雄の存在。 ここでは、キュロスとは何者なのか、そして、今後の登場の可能性について考えてみます。 さて、そもそもキュロスとは? キュロスとは、コリーダコロシアムで2...
ドレスローザの国王の座についている王下七武海のドンキホーテ・ドフラミンゴと、アラバスタ王国の英雄だった元・王下七武海のクロコダイル。 2人には「王下七武海」というキーワード以外にも共通点があるように見えて仕方ありません。 ここでは、これまでのストーリーから見えてくるドフラミンゴとクロコダイルの共通点について考えてみることにします。 ※この考察は、2013年12月に週刊少年ジャンプ...
ワンピースの第1巻・第1話には、のちのち読み返してみると「んっ?」と思うようなシーンがいくつもあります。 ルフィをかばったシャンクスが近海の主を遠ざけたのが「覇王色の覇気」だったことを思わせる描写だとか。 ゴムゴムの実が、シャンクスたちの「敵船」から奪ったものであることだとか。 あるいは、すでにウソップの父親のヤソップが登場していることも、それに当てはまるでしょうか。 ここ...
(※この記事は、2013年9月16日に公開された記事をベースに再構成しています。) ゾウ編で、少しずつ明らかになってきたサンジの生い立ちや家族の謎。 さて、サンジに関する考察を今回も重ねてみることにしましょう。 今回の考察のメインになるのはサンジの「生い立ち」と「少年時代」についてです。 10歳でコック見習いをしていたサンジの「ナゼ!?」 サンジの生い...
ルフィの父親といえば、革命軍のリーダーで「世界最悪の犯罪者」とも称されるモンキー・D・ドラゴンです。 そして、ルフィの祖父は海軍本部中将で「海軍の英雄」と言われているモンキー・D・ガープです。 どちらもそれぞれ、ルフィの実の祖父、実の父親であるはずです。 ………が!! ここで「ガープとドラゴンは実の親子ではない」という仮説を立ててみます。 ガープと血がつながってるルフ...
ワンピース第70巻に収録されている第700話にて、マリンフォード頂上戦争後にバギーが王下七武海に加入したことが明らかになりました。 きっかけはやはり、マリンフォード頂上戦争の場でインペルダウンの脱獄囚たちからの絶大な信頼を得て、さらに影響力を世界中に知らしめたことがあげられるでしょう。 ここでは、そのバギー自身はもちろん、部下たちと政府とのかかわりについても考えてみたいと思います。 ...
かつて宿敵として互角に渡り合ったといわれている赤髪のシャンクスと鷹の目のミホーク。 その決闘のようすは本稿執筆時点(2013年6月)では詳細に描かれておらず、ただ「決闘をした」という事実のみが語られている程度です。 ここでは、その決闘の背景など、関連する情報から探ってみたいと思います。 シャンクスとミホークの決闘を探る前に抑えておきたい3つの「決闘」 シャンクスとミホークの...

ページの先頭へ