HOME >> ONE PIECE(ワンピース)キャラクター名鑑 >> 雷ぞう

ステータス

出身

ワノ国・九里(クリ)

所属

光月家の家臣(忍者)
※ミンク族いわく、背中には光月家の家紋の刺青があるという。
※「侍(さむらい)」はワノ国の武人の総称なので、そのように呼ばれることもある。

煙遁(えんとん)の術

煙を発してその場から消える。

分身(ぶんしん)の術

華手裏剣(はなしゅりけん)

跳びながら手裏剣を投げる。
初登場時にはルフィたちの前で手裏剣を投げて壁に「忍」の文字を作った。

エピソード

ゾウのくじらの森の中で、赤いポーネグリフにくくられる形で匿われていた。

光月おでんから「ワノ国の開国」を託された。
カイドウを手を組んだ将軍に対する反乱の意志をかき集めつつ、戦ってくれる同志を募るためにゾウを目指した。

戦力を募るため、まずモモの助・錦えもん・カン十郎・雷ぞうの4人でゾウを目指したが遭難した。
その後、雷ぞうを除いてドレスローザへ上陸。
ドフラミンゴに追い回されて逃げ込んだ船が、病気だという子供達の船であったため、モモの助のみパンクハザードへ向けて出港してしまった。
カン十郎が人質になり、錦えもん一人でモモの助を追いかけた。

麦わらの一味、ハートの海賊団、侍、忍者、ミンク族とで、カイドウを倒すための「忍者海賊ミンク侍同盟」を結成した。

光月おでんが白ひげやロジャーの船に乗船するときも同行せず、ワノ国にいた。
シャンクスやレイリーとも面識がある。


ページの先頭へ