1. HOME
  2. >> [ワンピース]ニコ・ロビンに関する考察
レイジュがサウロとかぶる…。 第841話を読んで、そう感じた方も多かったことと思います。 確かに筆者も、サンジを逃がしたレイジュの言動は、サウロに似ているところがあると思います(^^) でもね、サウロ「だけ」じゃないとも思うんですよ(^^;) レイジュはクザンにも似ている! そんなところから、今回の考察を始めたいと思いますm(__)m この記事の目次 ...
最近、筆者はスリラーバーク編を「復習」しています(^^) ブルックとの出会いや当時の王下七武海ゲッコー・モリア率いるゾンビ軍団との戦いが描かれたスリラーバークのストーリー。 今回は、そのスリラーバークの秘密について考えてみようと思います。 スリラーバークはウエストブルーの「国」だった!? ONE PIECE ワンピース10THシーズン スリラーバーク篇PIECE.10 ...
ん〜(´⌒`) 個人的には「これを【考察】に含めるものかどうか…」っていう疑問と葛藤はあるんです(^^;) でも、頑張って書き上げてみようと思います! ワンピースに登場する女性では「三大人気キャラクター」と言っても過言ではない、ナミ、ロビン、ハンコックの3サイズを振り返ってみます(^^)! ナミの身長&3サイズ まずはナミから! コミックス第1巻から登場し、ワン...
麦わらの一味が最初にシャボンディ初頭に上陸したとき。 バーソロミュー・くまの恰好のパシフィスタが一味の前に立ちはだかり、その脅威の力を見せつけていきました。 そんなパシフィスタ、いまだに謎多き存在です。 今回は、サンジとロビンに絞って、パシフィスタとのつながりの可能性を考えてみたいと思います。 この記事の目次 ・サンジ-「PX-4」の表記を見て何を思う?- ...
サンジが「ヴィンスモーク家の三男」で、サンジのお父さんが「ジェルマ66」のボス!? ネットを中心にファンの間で、そんな話題で持ちきりになってから数ヶ月経ちます。 今回はあえて、サンジ以外の立場から「ヴィンスモーク家」や「ジェルマ66」の謎を考えるということで話を進めたいと思います(^^) 登場していただくのは、ナミ、ロビン、ブルック、そしてペコムズです! この記事の目次...
ウォーターセブン編からエニエス・ロビー編では、世界政府から狙われているロビンを巡って壮大なストーリーが展開されました(^^) 一方で、そこから2年経った世界でも、まだ誰かから狙われている可能性が払拭できないロビン。 また別の方向では、ファンの間から「ゾロやナミ達は各話のタイトルで”○人目”っていうタイトルが付いているのに、チョッパーとロビンは”5人目”と”6人目”のタイトルがまだ出てな...
ルフィの東の海(イーストブルー)出航から順に仲間を増やし、戦力を増強してきた麦わらの一味。 ところが彼らの人となり、特に「過去」については、明らかになっていない部分が多いのも事実です。 今回は、麦わらの一味の「第一過去」「第二過去」「第三過去」にまつわる疑問について考えてみたいと思います。 「第一過去」「第二過去」「第三過去」とは? ここで、当サイトでの「第一過去」「第二過...
シャボンディ諸島からバーソロミュー・くまによって東の海(イーストブルー)のテキーラウルフに飛ばされ、そこで革命軍と出会い、2年の時を過ごしたニコ・ロビン。 彼女はテキーラウルフにやってきた革命軍のメンバーから「革命の灯」と呼ばれ、自身が十年以上前から探し求められていた存在であることを知りました。 今回は「その謎」について考察してみます。 「二十年前」ではなく「十年以上前」であるワ...
(この記事は、2012年11月20日に公開したものを、当時の認識のまま再構成したものです。) 以前、「麦わらの一味の懸賞金が上がるタイミングは?」という考察をしてみました。 そこでは「パンクハザード編後も、麦わらの一味の懸賞金額がアップするかも」という考察をしています。 今回は「仮に懸賞金額がアップしたとして、どこまで跳ね上がるか」について考察してみようと思います。 ...
(この記事は、2012年10月28日に公開したものを、当時の認識のまま再構成したものです。) これまで幾多の冒険を繰り広げ、世界中にその名をとどろかせる「麦わらの一味」。 本稿執筆時点(2012年10月)の一味の懸賞金額はこちらのとおりです。 ルフィ4億ベリー ゾロ1億2000万ベリー ナミ1600万ベリー ウソップ(そげキングとして)3000万ベリー サンジ7700...
「古代兵器プルトン」が大きなキーワードとなったエニエス・ロビー編。 そのありかをアラバスタの歴史の本文(ポーネグリフ)で読んだロビンと、プルトンの設計図を持っていたフランキーは、政府に連行されるほどの「重要人物」として扱われていました。 今回は、特にフランキーにスポットを当てつつ、古代兵器プルトンについて考察しようと思います。 この記事の目次 ■プルトンのありかを知...

ページの先頭へ