1. HOME
  2. >> [ワンピース]ミンク族に関する考察
ペドロ、5年越しにポーネグリフ奪取成功なるか!? ホールケーキアイランド編の、ルフィチームとしての大きな目標は「サンジ奪還」でしょう。 一方でペドロ個人としては、悲願のリベンジの意味合いもあるようです。 そしてそれが、ルフィの海賊王への道にも繋がるかも知れません(^^) 今回は「ペドロとポーネグリフ」について考えてみましょう。 この記事の目次 ■5年ぶりにポーネ...
先日の記事で、 「モモの助・ペドロ・ペコムズ・カポネの4人組が、時系列を複雑にしているんじゃない!?」 という考察記事を書きました(^^) その結果、筆者はこういう年齢関係(上下関係)になるんじゃないかと結論付けました。 モモの助(記憶の部分)>ペドロ≒ワンダ>ペコムズ>カポネ(42歳) 「おいおい~!じゃあモモの助やミンク族は42歳以上ってこと!?」 今回は、...
日常生活で「時空のゆがみ」に遭遇しちゃうことって、良くありますよね〜(^o^) ワンピースの世界にも「あっ、これ時空のゆがみじゃない!?」と感じること、筆者もあるんです。 「でも待って!それってホントに時空のゆがみかな?」 今回のテーマは「ゾウ編〜ホールケーキアイランド編にかけて、時系列をややこしくしている4人組」についてです( ̄ー ̄)!! その4人とは……【1】カポネ【2...
第834話の考察のラストです。 今回は単体で記事にせずに「小ネタ集」という形式で、気になった物事をピックアップしてみます(^^)v タイヨウの海賊団とビッグマムのつながりを、ブルックは知らない…!? 魚人島での戦いを終えた麦わらの一味。 出航前、ジンベエを仲間に勧誘するルフィでしたが、ジンベエ本人は断ってしまいます。 それは、麦わらの一味と関わることを拒否するモノでは...
第832話で激突した、キャロットとランドルフ。 同じ「うさぎ」ということでは似たもの同士かも知れませんが、二人には大きな違いがあるようす…。 それはいいです。 今回のテーマは「うさぎのキャロット〜外の海を知らずに育ったミンク族の女の子〜」です。 ランドルフを「ミンク族じゃない」と判断したキャロット ランドルフがルフィチームに攻めかかってきたときに立ち向かったキャロット...
ゾウに上陸して、ミンク族の国「モコモ公国」の人々と出会った麦わらの一味たち。 そのミンク族なのですが、少し変な口癖があるんです。 「ゆガラ」とか「ゆティア」とか言っていますよね? 今回は、その言葉遣いの共通点や、逆に共通点にマッチしない例外についても考えてみます(^^) ※今回の考察は、いずれもコミックス第80巻〜第81巻の情報を元にしています。 「ゆガラ」「あガラ」...
第822話で、ゾウからそれぞれの道へと進路を取り始める麦わらの一味をはじめとする面々。 サンジ奪還チームとして、ルフィを筆頭にナミ、チョッパー、ブルック、ペコムズ、そしてペドロの6名でした。 このペドロ。 彼自身やネコマムシの提案によって、ペコムズに同行することになっているんです。 さーて、それは何ででしょう(^^)?? ペコムズにペドロが同行する理由とは? ...
ワンピース第802話から、舞台はゾウ編に移りました。 1000年も生きる象の背中に栄える国「モコモ公国」に、サンジ達と一緒に先に上陸していたモモの助。 上陸間もないころから気分がすぐれないと言ったかと思えば、くじらの森に近づけばまた気分が悪い様子。 その一方で、取っ組み合いのけんかをしているイヌアラシとネコマムシの2人を止めたり、ゾウ編でのモモの助の言動には少し違和感を覚えてなり...
第816話で、錦えもんが言っていたんです。 ゾウに住む”人嫌いの種族”とは やはりミンク族だとロー殿申しておったな (第816話「イヌVSネコ」より) じっくりこのセリフの文言を吟味したいので、最小限の範囲で引用させていただきましたm(__)m カン十郎に言った錦えもんのこのセリフ。 今回はこのセリフをもとにして、ある仮説を考えたいんです。 それが…、 ...

ページの先頭へ