1. HOME
  2. >> [ワンピース]ドンキホーテ・ドフラミンゴに関する考察
元・海軍将校の海賊 最悪の世代のひとり、X(ディエス)・ドレークを一言で表現するなら、それが当てはまることでしょう。 今回の【鬼考察】はドレークについて(^^)! 海兵に憧れた少年時代から、海賊へと転身した経緯なども考察しています(*^▽^*) この記事の目次 ■最悪の世代の海賊「赤旗」ドレークとは? ■ドレークの過去と、初登場から2年間の動き ■ドレ...
皆さんは、トラファルガー・ローが何を求めているか、お分かりですか…? カイドウを四皇から引きずり下ろすために、パンクハザードでルフィと同盟を組んだトラファルガー・ロー。 その一方で、コラさんの本懐を遂げるためといい、ドフラミンゴに真剣勝負を挑みました。 今回の【鬼】考察は、トラファルガー・D・ワーテル・ローの過去と未来を、「コラさんの本懐」というキーワードにも触れつつ考察してみま...
マリンフォード頂上戦争の影で「死亡」という扱いで処理されてしまった元・王下七武海のゲッコー・モリア。 彼はもう、表舞台に姿を現すことは無いのでしょうか…。 モリアのその後はいずれ描かれそうな予感もありますが、気になるのはモリアを「死亡」扱いにしてしまったドフラミンゴと「謎の人物」の存在です。 今回のテーマは、本稿執筆時点(2016年春)でのゲッコー・モリア抹殺の真意についてです。...
まあ、ドレスローザから離れているのが理由なのだろうけれど。。。 ドフラミンゴが「鳥カゴ」発動のときに、サンジを星付きの受刑者にしなかった理由について、少しだけ考えてみます。 ドフラミンゴは確かに、サンジと1対1で対峙して、「黒足のサンジ」と認識しています。 そのサンジを、鳥カゴの星付きの受刑者に加えなかった、いえ、そもそもドレスローザから離してしまった理由について考えてみましょう...
ドフラミンゴのシンボルは、スマイルマークに斜線が引いてありますね。 一方で、ローの率いるハートの海賊団のシンボルもスマイルマークがベースになっています。 これについて、少しだけ「違和感」のようなものを感じてしまうのは気のせいでしょうか?? いやいや、ドフラミンゴの方が「斜線なし」だったら、まだ分かるんです。 シャボンディ諸島のヒューマンオークションをMr.ディスコに丸投げし...
ドレスローザの国王の座についている王下七武海のドンキホーテ・ドフラミンゴと、アラバスタ王国の英雄だった元・王下七武海のクロコダイル。 2人には「王下七武海」というキーワード以外にも共通点があるように見えて仕方ありません。 ここでは、これまでのストーリーから見えてくるドフラミンゴとクロコダイルの共通点について考えてみることにします。 ※この考察は、2013年12月に週刊少年ジャンプ...
(※この記事は2013年12月7日時点の情報を、当時の認識のまま再構成しています。) まだ、ハッキリとした根拠の無い「予測」にすぎませんが、考察ネタとしてアップしておきます。 内容はズバリ「ドンキホーテファミリーには、ドフラミンゴ以外の黒幕がいるのでは!?」というものです。 ベラミーに下された指令 ドレスローザ編で再登場したベラミーは「麦わらのルフィ暗殺指令」を受け...
(この記事は、2012年12月13日に公開したものを、当時の認識のまま再構成したものです。) 王下七武海の中でも特に謎めいた存在であり、危険度も高いドンキホーテ・ドフラミンゴ。 ここでは、彼の人となりや、その謎を解くヒントについて、これまでに明らかになっている情報から考察してみたいと思います。 ドフラミンゴの略歴 まずは、ドフラミンゴの経歴について振り返ってみましょう。 ...

ページの先頭へ