1. HOME
  2. >> [ワンピース]黒ひげ(マーシャル・D・ティーチ)に関する考察
今回のテーマは「11人の超新星と四皇」について。 ローが言ってましたよね、新世界でやっていくには、四皇に挑むか、傘下に入るしかないと。 じゃあ、ルフィと同時期にシャボンディ諸島に集結した11人の超新星も、四皇の誰かに挑んだり、傘下に入ったりしているんでしょうか?? この記事の目次 ■考察対象の11人の海賊 ■カイドウ ■ビッグ・マム ■黒ひげ ■...
ルフィと同じ「最悪の世代」の海賊のひとり、マーシャル・D・ティーチ。 「黒ひげ」と呼ばれる彼は、四皇の一人に君臨しています。 ここでは「黒ひげの正体」を軸として、黒ひげにまつわる様々な謎&秘密について考察したいと思います。 よく噂される「ケルベロス説」や「悪魔の実が宿る場所」などにも触れています。 少しでも、黒ひげの正体に迫ることはできるでしょうか。 筆者独自...
「黒ひげ」マーシャル・D・ティーチをめぐる対話。 赤髪のシャンクスと「白ひげ」エドワード・ニューゲートとの間でこの場が設けられたのは、ちょうど麦わらの一味がエニエス・ロビーでロビン&フランキーを奪還した頃でした。 赤髪は、エースと黒ひげをぶつけるのはマズイと白ひげへ。 その黒ひげなんですが、実際にエースとぶつかったシーンでは、2人の部下をかばっています。 何だか複雑…(^^...
数回に分けて記事にしている「黒ひげの謎」シリーズ。 今回は、悪魔の実の能力を2つ持っている黒ひげが、自身の海賊団で進めている「能力者狩り」の謎と今後の標的について考えてみます(^^) 黒ひげから考える、悪魔の実の能力が宿る秘密 前回の記事で、黒ひげが悪魔の実でケルベロスの能力を得たんじゃ無いかという予想をしました。 ケルベロスは頭が3つ、心臓3つの動物だそうですね。...
ドレスローザ編後、革命軍の本拠地バルティゴに到達した黒ひげ海賊団の一番船船長バージェス。 彼らのボスの「黒ひげ」ことマーシャル・D・ティーチは四皇の一人として勢力を広げている様子が窺えます。 今回は「黒ひげの謎」として、初登場の頃からのシーンを振り返りつつ、謎めいた黒ひげの正体について迫っていきたいと思います(^^) この記事の目次 ■まずは「黒ひげ」マーシャル・D・ティー...
マリンフォード頂上戦争の終盤に現れた黒ひげ海賊団。 黒ひげは一味総出で白ひげを亡き者にして、黒ひげは白ひげの「グラグラの実」の能力を奪うことに成功しました。 その後、2つの能力を得た黒ひげは、思い立って、マリンフォードを沈めていこうかという思いを口にしました。 それを見逃さなかったのが、以外というべきか、それまで激しく感情的にならずにいた、センゴクでした。 「ここに我々がい...
(※この記事は、2013年6月23日時点の情報を、当時の認識のまま再構成したものです。) ドレスローザ編のコリーダコロシアムの戦いで、Aブロックに参戦していたジーザス・バージェス。 ルフィが「チャンピオンのやつ」と覚えているほど印象的なその出で立ちは、自身を「格闘チャンピオン」と称するほどです。 ここでは、ジーザス・バージェスの肩書きから、ルフィ19歳時点での黒ひげ海賊団について...
四皇のひとり「赤髪のシャンクス」。 ルフィが海賊を夢見るうえで、最も大きな影響を与えた人物と言っても過言ではないでしょう。 今回は、そんなシャンクスについて、 (1)シャンクス「が」恐れているもの (2)シャンクス「を」恐れているもの の二つの面から考えてみたいと思います。 この記事の目次 ■シャンクス「が」恐れているもの:「黒ひげ」マーシャル・D...
(※この記事は、2011年8月21日時点の記事を当時の認識のまま再構成したものです。) 偉大なる航路(グランドライン)の後半の海「新世界」。 そのストーリーで、もっとも重要な役割を担う人物の一人に、「黒ひげ」ことマーシャル・D・ティーチが挙げられるでしょう。 その黒ひげですが、夢や正義を壮大に語る一方で、マゼランの毒に対して無策で突っ込んでいったり、なかなか掴めない男です...

ページの先頭へ